銀行・消費者金融のカードローンが利用停止になる理由とは!?

銀行・消費者金融のカードローンが利用停止になる理由とは!?

銀行・消費者金融のカードローンが利用が停止になる理由とは?

銀行・消費者金融のカードローンが望まずして利用停止になるときの理由は「返済能力に疑問を持たれたとき」・「総量規制に触れたとき」です。

 

今回は具体的にその場面を紹介していきます。

 

カードローンの増枠申請をした場合

この点を踏まえずに安易に増枠申請をしてしまい、結果増枠どころかカードの利用停止になる方が多くいます。

 

増枠申請をするということは、新規で申し込みをしたときと同じく審査がまた行われることを意味します。

 

つまり信用情報機関への照会も当然行われ、その結果他社からの借り入れが判明したために返済能力を超える額を既に借り入れていると判断されれば、減枠やカードの利用停止という措置が取られることになります。

 

スポンサーリンク

 

カードローンの増枠申請以外での信用情報見直しの場合

銀行・消費者金融のカードローンが利用停止になる理由とは!?

増枠申請のとき以外でも、信用情報機関へ情報の照会をして返済能力をチェックすることがあります。

 

このときに返済能力が上がっていると判断されれば、増枠の勧めが金融機関の方から来ることもありますが、逆に返済能力が疑わしいと減枠やカードの利用停止の措置が取られるのです。

 

カードローンの返済が良好でない場合

延滞を繰り返しているときなど、返済が良好に進んでいないときには返済能力が当然疑われることになります。

 

この先、完全な未納になるのではないかという可能性を危惧して、カードの利用を停止し被害の拡大を未然に防ぎ無難な資金回収を試みようとするわけです。

 

あなたにオススメの記事

審査が甘い!?中小消費者金融カードローンの特徴とは!?

収入が減った場合

契約時よりも収入が減るということは、それだけ返済能力が落ちることになります。

 

転職などで収入が減っていることを金融機関が確認し、現在の借り入れ額の返済が困難だと判断されるとカードの利用が停止されることもありえます。

 

総量規制に触れた場合

これまでは「返済能力に疑問を持たれたとき」に焦点を絞って紹介してきましたが、例え疑問を持たれていなくても「消費者金融では年収の3分の1以上を貸し付けてはならない」という法律によって規制されているため、上記の全ての場合においてそれを超えていることが判明すれば自動的に減枠またはカードの利用停止という措置が取られることになります。

 

なお銀行カードローンにはこの規制は適用されません。

 

あなたにオススメの記事

カードローンの審査は通るの!?専業主婦が借り入れする方法とは

利用を停止させたい場合はどうすれば良いの?

銀行・消費者金融のカードローンが利用停止になる理由とは!?

カードローンの利用を停止させたいと思う理由はそれぞれあると思います。そこで理由別に停止の仕方を紹介したいと思います。

 

カードを持っていても使わないので利用を停止したい場合

カードを持っていても使用しない方は紛失のリスクがある上に、一定の限度枠を保有していることから他の金融商品の申し込みの際に審査に不利に働く可能性があるので利用を停止してしまうのが得策でしょう。

 

この場合はそれぞれの金融機関に解約の手続きを取ることになります。ただし、借入残高がある場合には完済してからの解約となるので注意してください。

 

スポンサーリンク

 

カードを持っていると借り過ぎてしまうので利用を停止したい場合

カードローンは即日での借入など利便性が増す一方で、現金を直接手に入れることができてしまうことからギャンブル依存症などに陥りやすいというマイナス面もあります。

 

そこで、自らを律するためにカードの利用停止を考える方も多いと思います。

 

この場合に、ただカードの解約をするだけではまたすぐに新しいカードを手に入れてしまう恐れがあるために真の解決には至りにくいのです。

 

そこで「貸出自粛登録」という手段があります。

 

これは信用情報機関に貸出の自粛を自ら登録することで、原則5年間の新規の借入ができなくなるという制度です。

 

自ら登録するのが原則ですが、配偶者や子・同居人などが借入の依存を止めたいという場合には一定の条件の元で代理登録することが認められています。

 

カードを紛失してしまった場合

この場合は取得されて悪用される危険があるために一刻も早くカードの利用停止をしなくてはならないでしょう。

 

金融機関ではカードの紛失窓口だけは24時間電話対応しているのが通常なので、すぐに連絡することでカードの利用を停止できます。

 

あなたにオススメの記事

カードローンの過払い金返還請求で押さえておくべき5つのポイントとは!?

まとめ

いかがでしたでしょうか?銀行や消費者金融等の金融機関からのカードローンが停止になる理由、または停止させたい場合についてお話し致しました。

 

上記のことを参考にしてもう一度カードローンの利用停止について見直してみてください。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

カードローンの返済ができない場合の対処方法とは!?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です