1人で抱え込まないで!資産を増やすためには銀行に相談することも必要!?

あなたはお金のことを1人で抱え込んではいませんか?資産を少しづつ増やすためにはまず銀行に相談しましょう!

スポンサーリンク

 

1人で抱え込まないで!資産を増やすためには銀行に相談することも必要!?

銀行はお金の出し入れをするためだけの場所ではなく、安い金利でお金を貸してくれるところでもあります。そこで資産を増やすために銀行を有効活用する手段の1つとして”人の紹介”というのがあります。
 
 
 
例えば、急に身内がなくなって、相続が発生したとします。書類作成や役所への提出、保険など、司法書士が必要になりますが、誰に頼んだらいいのか途方に暮れることがあります。
 
 
 
また、何か新しく事業を始めようと思った時も、そのための手続きをお願いする司法書士や税理士を探さなければいけません。
 
 
 
そういったとき、積み立てをしているメインバンクに「いよいよ独立することになりました。ついてはそれに関する税理士さん、司法書士さん、行政書士さんを紹介してくれないでしょうか?」と相談するのです。
 
 
 
銀行は、ネットワークを持っています。そして何より、銀行員は相談されるのが大好きです。そもそも人の役に立ちたいという気持ちが強いので、喜んで税理士や司法書士を紹介してくれると思います。
 
 
 
特に地元の信用金庫はその地域の情報とネットワークを持っていますから喜んで紹介してくれるでしょう。また、紹介された税理士や司法書士も、あなたのことを大事にします。銀行からの紹介ですから絶対に変なことができません。こうして、銀行の信用を有効に活用できるというわけです。
 
 

スポンサーリンク

 

相談上手な人はお金を借りやすい!

わからないこと、困っていることがあれば、とにかく銀行に相談すればいいと思います。人を紹介してもらうだけでなく、商品の販路ですら紹介してくれる場合もあります。銀行は本来、ありとあらゆる事の駆け込み寺なのです。
 
 
 
「ちょっと相談があるんですけど…。」と言って、「今、こんなところから受注を受けてしまって、人は確保しているんですけど、お金がないんですよ。でも、うちは担保がないじゃないですか。いやー、どうすればいいですかね?」と相談するのです。
 
 
 
すると銀行員は、「何とかして助けてあげたい」と思うものです。
 
 
 
あの松下幸之助さんも本当に相談がうまかったといいます。当時の住友銀行が何の資産もない松下電器産業に融資したのも、松下幸之助さんが銀行に掛け合ったからだといいます。
 
 
 
その態度は礼儀正しく、1つも偉そうなところがなかったそうです。今でも松下電器産業(現・パナソニック)は、住友銀行(現・三井住友銀行)に対する恩義を忘れずに感謝の気持ちを持っています。
 
 
 
その人が抱えている課題、悩み、やりたいこと…。それを一緒に考えてサポートする。自分が持っている人脈ネットワークを利用して、その人を助けたい。銀行員はそう思っている事でしょう。
 
 
 
なので、あなたも困ったことがあれば、銀行に相談した方が良いでしょう。きちっと真摯に対応してくれるはずです。そして、それが銀行との絆を太くすることにもなるのです。
 

まとめ

銀行には、人や会社の紹介などを相談してみましょう!それが、銀行との関係強化にもなります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です