FXで「得した人・損した人」の確定申告はどうなるの?

為替差益を稼ぐFX外国為替証拠金取引を始める年金生活者や退職者またはサラリーマンは多いと思います。得したり損したときに確定申告をする必要があります。しっかりと確認して申告しましょう。
 

スポンサーリンク

 

FXと税金の関係はどうなっているの?

FXとは

FXを知らない人や初心者のためにFXについて説明しましょう。FXとはドルやユーロなどの外国通貨の取引で為替レートの差額を利用して利益を上げること(為替差益)、さらに通貨の金利差よって生まれる利益を得ること(スワップポイント)を言います。 

源泉徴収の仕組みがない

FXは株式投資と違って、源泉徴収をすることで確定申告が不要になる特定口座の仕組みがないです。そのため、年間の利益や損失を計算して確定申告をする必要があります。

取引所取引と店頭取引

FXは平成23年の確定申告分まではくりっく365などの取引所取引」「店頭取引」の2種類があり、同じFXでも税金の取り扱いが異なっていました。
 
 
しかし、平成24年分の確定申告分から、取引所取引も店頭取引も「先物取引に係る雑所得等」として一律20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の分離課税方式で課税されるようになりました。

総益通算

下記の先物商品の損益とも「損益通算」ができます。
    • 日経平均先物
    • 日経225ミニ
    • 商品先物
    • オプション取引など  

損益通算してもマイナス分を補えないときには、確定申告をすることで最長3年間繰り越すことができます。

FX売買に係る確定申告の提出書類

  • 申告書B第一表(提出用)
  • 第二表(提出用)
  • 申告書第三表(分離課税用)
添付書類:先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書
損失のときのみ:付表(先物取引に係る繰越損失用)

スポンサーリンク

 

FXで得た所得を確定申告するには

年金生活者は

FXは申告分離課税方式で課税されるので年金収入の多い、少ないにかかわらず、FXで得た利益が同じであれば、FXに対する所得税は同額になります。税率は一律20.315%(所得税15.315%、住民税5%)で課税されます。

FXで損失を出したときの確定申告は

損益通算

店頭取引で生じた損失を、取引所取引で得た利益と相殺することもできます。また、FXで生じた損益を先物取引の損益と相殺することもできます。

損失の繰越

1年間にFXの取引で損失を生じてしまった場合に、損益通算しても「先物取引に係る雑所得等」がマイナスになる時には、翌年以降にその損失を繰り越すことができます。
 
 
その時に翌年以降も連続して確定申告書しなければなりません。繰り越すことができるのは最長3年間です。
 
 
3年先の確定申告までの間に利益が発生しても、既に確定申告をしている損失があれば、その損失と向こう3年の間に発生した利益を相殺でき、課税対象金額を抑えることができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です