仮想通貨”イーサリアム”の仕組みとその概要とは!?詳しく解説します。

今回は今話題の”イーサリアム(Ethereum)”の仕組みとその概要について少し解説していきます。また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》または大手仮想通貨取引所のビットフライヤーから取引を開始しましょう。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨”イーサリアム”の仕組みとその概要とは!?詳しく解説!

イーサリアム(Ethereum)は、ブロックチェーン上で、Dapps構築とスマートコントラクトの実装を可能にしたプラットフォームで、当時ビットコインを下に開発されたその他のビットコイン2.0系プロジェクトとは対照的に、独自のブロックチェーンを開発するところからスタートしました。
 
 
イーサリアム(Ethereum)の初期のホワイトペーパーは、ビットコインの開発に関わっていたプログラマー兼ライターのロシア系カナダ人であるVitalik Buterin氏が作成しました。
 
 
 
その後2015年6月に、実際に作動するイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンが公開されました。また、Buterin氏は、 2014年にイーサリアム(Ethereum)の発明者としてワールドテクノロジー賞」を受賞しています。
 
 
 
イーサリアム(Ethereum)は、世界中の誰もが利用でき、政府の検閲を受けず、電力供給される限り止まることのない「ワールドコンピューター」の実現を目指しており、チューリング完全」な独自プログラミング言語「Solidity」を導入しています。
 
 
 
この「チューリング完全」とは、どんなアルゴリズムでも記述を可能にするということで、簡単に言うとコンピューターに対して「どんな命令でも行うことが可能ですよ」というものです。
 
 
 
そのため、ビットコインのブロックチェーン上では、ビットコインという価値の管理しかできませんでしたが、イーサリアム(Ethereum)ではブロックチェーン上何を実行するかを比較的自由に設計できるというメリットがあります。
 
 
 
ブロックチェーン上で、記述されたプログラミングを自動で実行させる仕組みをスマートコントラクト」と呼びます。
 
 
 
スマートコントラクトを用いることで、特定の管理者なしにプログラムの正常な履行をイーサリアム(Ethereum)のシステムによって担保できるため、これまでのサービスの仕組みを大きく変える可能性を秘めています
 
 
 
今日、実際にこのスマートコントラクトを活用した新たなプロジェクトが数多く登場しています。
 
 
 
イーサリアム(Ethereum)は、プロジェクトの開始である2014年8月クラウドセールによる資金調達を実施しており、1ヵ月半で約16億円もの資金を集めることに成功しました。
 
 
 
その後の2016年3月には「ホームステッド」と呼ばれる実用に耐えうる安定版へのアップデートが行われた直後、イーサリアム(Ethereum)の基軸通貨であるEther(イーサ)の価格が80倍以上に急上昇し、多くの億万長者を輩出したことで話題になりました。
 
 
 
2016年8月時点では、流通量がビットコインの10分の1にまで迫っており、ビットコインに次ぐ流通量を持つ仮想通貨となっています。

イーサリアム(Ethereum)の基本情報

  • 名称:Ethereum/Ether
  • 呼び方:イーサリアム/イーサ
  • コード:ETH
  • 開発者/開発組織:Ethereum Foundation(Stiftung Ethereum)
  • 暗号化方式:Dagger
  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work→Proof of Stake(将来的に移行)
  • 承認目安時間;約15秒
  • 上限発行量:未決定(初期発行:7200万)

▶︎コインチェックに登録してイーサリアムの取引を開始する!

▶︎ビットフライヤーに登録してイーサリアムの取引を開始する!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 
オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 

スマートコントラクトが人間の仕事を奪う?

イーサリアム(Ethereum)の登場によって注目を浴びたスマートコントラクトですが、スマートコントラクトの概念自体は昔から存在していました。
 
 
 
現在、ブロックチェーンに関わるスマートコントラクトの定義は明確には行われていませんが、スマートコントラクトの概念を最初に説明したと言われるNick Szabro氏は以下のように述べています。
 
A smart contract is a set of promises, specified in digital form, including protocols within which the parties perform on these promises.
 
 
意訳すると、スマートコントラクトとはデジタル形式での一連の約束事」です。Szabo氏が1997年に書いた「The idea of Smart Contracts」の中では、スマートコントラクトの最初の例として自動販売機を挙げています
 
 
 
あらかじめ決められた金額のお金を投入することで、購入可能なドリンクが点灯し、購入者はその中から任意のドリンクを選ぶことでドリンクとお金を交換できます。
 
 
 
さらに自動販売機内に投入されたお金や商品であるドリンクは、いくつかのセキュリティによってより悪意ある第三者から守られています。この自動販売機の例を、その他の多くのものに置き換えるとイメージしやすいのではないでしょうか。
 
 
 
 
これらがすべてデジタル化され、ブロックチェーン上で取引の記録を確認する仕組みがイーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクトです。
 
 
 
ブロックチェーン上で記録されることによって、改ざん等のリスクを低減し、第三者による管理なしにデータの証明を行うことが可能になります
 
 
 
これを自動販売機の例になぞらえてみましょう。まず、仮に「お金を入れるのにドリンクが出てこない」と言い張る人がいたとします。それを確認するためには、自動販売機の管理をしている人を呼び出し、実際に自動販売機の中を確認してもらう必要がありました。
 
 
 
しかし、ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの場合、いつお金を支払ったかなどの情報がすべてブロックチェーン上に記録されています。
 
 
 
つまりわざわざ誰かが確認する必要はなく、ブロックチェーン上で証明されているということです。
 
 
 
また、コカコーラのボタンを押したのに、お茶が出てくる…。なんてことに遭遇した事は無いでしょうか。これはおそらくドリンクの補充を行った人間が間違えてしまい、誤った商品が提供されてしまったのかもしれません。
 
 
 
自動化されたスマートコントラクトではこのようなオペレーションのミスも起きません。
 
 
 
さて、前置きが長くなってしまいましたが、イーサリアム(Ethereum)により実装されているスマートコントラクトについてはご理解いただけたでしょうか。果たしてスマートコントラクトは、人間の仕事を奪う可能性があるのでしょうか。
 
 
 
自動販売機の例をそのままデジタル化すると、従来のECサイトのイメージが当てはまるでしょうか。ECサイト上にある商品は、決められた金額を支払うことで購入することができます。デジタル化された商品の場合は、自動的に手元に商品が届くでしょう。
 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
現在よく利用されているフリーマーケットサービスも、スマートコントラクトの活用の仕方によってはある程度の代替が可能になるでしょう。しかしその一方で、人間による物の配送はデジタル化できないため、スマートコントラクトで完全に自動化することは困難でもあります
 
 
 
では次に、昨今、大きな成長を見せるクラウドファンディングサービスではどうでしょうか。
 
 
 
クラウドファンディングのサイトで、プロジェクトの発起人が自分のアイディアを提出し、それを見た出資者が思い思いの金額をそのプロジェクトに出資します。
 
 
 
そして設定された金額を超えた場合、出資された金額の合計から運営に必要な手数料を引いた金額がプロジェクトの発起人に支払われます。
 
 
 
このサービスの裏側では、もちろんシステムを利用してはいますが、人間の手による運営がなされています。
 
 
 
しかし、スマートコントラクトがあれば全て、人の手を介さずに行うことが可能となり、今までよりも人件費を含む運営コストを削減できるため、プロジェクトの発起人に対してより多くの金額が支払われるかもしれません。その他にも様々な活用例が模索されています。

まとめ

今回は、イーサリアム(Ethereum)の仕組みについて解説しました。

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットフライヤー

また、仮想通貨取引所の大手ならビットフライヤーがオススメですのでそちらもぜひご利用ください。1つの取引所だけじゃなくて複数の取引所に資産を分散させることもリスクヘッジになります。ビットフライヤーの申し込みは下記リンクからどうぞ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です