イーサリアムの分裂騒動について分かりやすく解説します。

イーサリアム自体は、契約情報を分散型台帳技術で記録するプラットフォームに過ぎないので、イーサリアムを利用した様々なサービスが立ち上がりました。中でも、注目を集めたのが自立分散型投資ファンドとして2016年に登場した「ダオ」です。
 
 
 
新しいタイプの投資ファンドとして注目を集めた【ダオ】ですが、ハッキングなどによってその脆弱性が明らかになりました。その結果、ハッキング以前の取引を無効とした、「イーサリアム」とそのまま継続した「イーサリアム・クラシック」に分裂しました。
 
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》または大手仮想通貨取引所のビットフライヤーから取引を開始しましょう。 
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で 

投資の民主化で注目を集めた「ダオ」とは

イーサリアムの分裂騒動を語る上でまず、深いつながりがあるダオ」の説明からさせていただきますね。
 
 
 
従来の投資ファンドでは、ファンドマネージャーが投資ファンドに組み込む銘柄を選んで運用します。そのマネージャーの投資の運用能力に対して投資をするのが、従来のファンドの基本的なあり方でした。
 
 
 
そのため、運用実績の高いファンドマネージャーは、凄く高級取りになる一方でファンドに出資するあめのハードルも極めて高く、とても一般の投資家には手が出せないような金額です。ある意味では富裕層をターゲットにしたサービスだったもいうわけです。
 
 
 
ところが分散型投資ファンドのダオでは、投資先の選定は投資家全員の投票で決まります。プロの目利きに依存することなく、参加している人全員の集合知によって投資先を決めるのです。
 
 
 
未公開のベンチャー企業の成長に投資するベンチャーキャピタルと小口の出資者を広く募って資金調達をするクラウドファンディングの機能を併せ持ち、資金の移動を仮想通貨で行います。
 
 
 
「DAO」は分散型自立組織という意味で、イーサリアムのネットワーク上で稼働するプラットフォームで、DAOトークン(代用通貨)を手に入れるには、先にイーサリアムの仮想通貨「イーサ(ETH)」を手に入れる必要があり、「1ETH=100DAO」とレートが固定されていました。
 
 
 
米ドルや日本円だけではなく「イーサ(ETH)」を使う理由は、送金コストを下げるためです。発表直後から話題を集め(新通貨の予約発行による資金調達)で50万ドルの募集に対して1.6億ドル(約150億円)の出資が集まったダオの影響でイーサリアムの価格も高騰しました
 
 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ベンチャー投資は予測ができない!

もともとベンチャー投資は、当たるも八掛け、当たらぬも八掛けという部分が強く、どの会社がこの先伸びるのか、というのは専門家でも予測が困難です。
 
 
 
そのためスタートアップ専門のインキュベーター「Yコンビネーター」では、ある程度セレクションしたあとは、一律2万ドル前後の少額を投資して競わせて、僅か1社か2社の大成功に賭ける投資モデルを採用しています。
 
 
 
 
オンラインストレージの「Dropbox」や、民泊マッチングサービスの「Airbnb」のように、数年に一度投資先が大化けすれば、それで全ての資金を回収できる、というわけです。
 
 
 
ダオもどうせ成功確率はわからないという前提で、最初は全張りしながら、時間の経過とともに、成功確率が上がった会社については、出資額を増やし、逆の場合は減らしていくという判断を参加者全員の集合知によってシステム的に行うというところが画期的で、もはやファンドマネージャーもいらず、「資本主義の新しい形」と、もてはやされました。
 

ダオ・ハッキング事件とイーサリアムの分裂騒動とは

ところが2016年6月17日に事件が起きます。ダオがハッキングされ、総額3600万ETHが奪われたというのです。
 
 
 
ICOで注目されて、150億円の調達ができたダオでしたが、そのうち半分の75億円分をハッカーが持ち出したのです。これにより、もちろんイーサリアムの価格は暴落します。
 
 
 
ところが、75億円をハッカーから奪い返す「ホワイトハッカー」が登場してサイバー空間上で数十億円の争奪戦が起きました。
 
 
 
75億円もの大金が失われるというのは、ダオだけでなく、プラットフォームとしてのイーサリアムに問題があったのではないか、ということでイーサリアムの運営元の話し合いで、本来は禁じ手である「その取引をなかったことにする(ハードフォーク)」ことが決定します。
 
 
ビットコインのブロックチェーンの仕組みについてわかりやすく解説してみたよ!】でもお話しましたが、ブロックチェーンは、「取引記録」がひと続きのチェーンになっていることが最大の特徴で、だからこそ後から改ざんすることができず、それが信用につながっているというわけです。
 
 
 
ところが、その取引をなかったことにする、つまり問題のある取引の直前で止めてそれ以前の状況に戻れば良いというのを自分たちで決定してしまいます。
 
 
 
その結果、本来は絶対に枝分かれしないはずのブロックチェーンが枝分かれしてしまい、ある時刻を境に後から書き換えられたブロックチェーンにつながる「イーサリアム」と、書き換えられる前のブロックチェーンにつながる「イーサリアム・クラシック」という2つのイーサリアムが同時に存在するという状況になってしまったのです。
 
 
 
この問題をさらに複雑にしたのが、「ハードフォーク」の方針の決め方でした。ブロックチェーンの思想としては、中央集権的な管理ではなく、みんなで分散して行うから信用が担保されているという部分があったのに、ごく少数の運営者だけで決めてしまったのでそれに反発する人達が出てきました。
 
 
純粋に中央集権的な決め方が嫌いなブロックチェーン原理主義的な人々は、「イーサリアム・クラシック」を支持し、今回のようなケースでは書き直しもやむを得ないと考える人々は「イーサリアム」を支持して、業界を二分割する大騒ぎになったというわけです。
 
 

イーサリアムとイーサリアム・クラシックの主導権の争い

当初は、イーサリアム社が元のブロックは誰もやらないから価値がないだろうと放置していたこともあって、イーサリアム・クラシックの価値はほぼ無いに等しかったのですが、世界ナンバーワンの仮想通貨の取引所が突然イーサリアム・クラシックを扱い出した結果、そこに値がつきました。
 
 
 
一旦値がつくと、そこから徐々に値段が上がっていくものですので、それをきっかけに復活します。価値が上がればマイニングする意味も出てきますし、ユーザーから取引所へイーサリアム・クラシックを扱って欲しいという要望もでてくるのです。
 
 
 
理想論と、目の前のお金のどっちを取るかと言えば、目の前のお金になびいてしまうというのは人間の性ですので、高い値をつけた方に人が集まってくるというのはある意味当然の成り行きなのです。
 
 
 
最近は、イーサリアムに攻撃する人達も増えてきており、イーサリアムが使えなくなれば、クラシックに乗り換えるだろうという考えなのです。
 
 
 
そこでそうした攻撃を受けないためにも、もう一度ハードフォークをするという話も出てきており、混乱の極みに達しているのです。
 
 
 
今まさに繰り広げられている主導権争いは激化しており、とても面白いのですが、仮想通貨はそれだけ枯れた技術などではなく、試行錯誤を重ねている過度期の技術とも言えるでしょう。
 

スポンサーリンク

 

ブロックチェーンはまだ成長段階の技術!

「枯れた技術」というのは、マイナスイメージの言葉ではなくて、失敗と改善を繰り返してバージョンアップに次ぐバージョンアップを経てある程度成熟した技術を指します。
 
 
 
例えばウェブの記述言語であるHTMLは、当初は構造を表す部分と見栄えを決める部分が一緒になっていて、あまり使い勝手が良くありませんでした。
 
 
 
そこで、標準化団体のW3Cで、レイアウトやデザインなどの見栄えの部分はCSSで記述して、文書の構造はHTMLで記述するというように分けることを決めました。
 
 
 
ブロックチェーン技術も試行錯誤の段階ですが、まだ生まれて間もない段階ですので、どうしても予測できない不測の事態が起きることがあります。
 
 
 
いくら開発者が天才だからと言ってもテストしきれていない部分があるというのは当然のことで、そこは時間が解決してくれると思います。
 
 
 
時間の経過とともにそれまでの失敗が吸収され、細かいバグが修正され、隙がなくなります。その分、コードも長くなってコスト面でも高くなってしまいがちというデメリットもありますが、想定外の事態に陥るリスクは減り、安定して使えるというメリットも大きいというわけです。
 
 
 
 
既存の金融機関のようにミスが許されない世界では、この枯れた技術を使った方が良いのではないでしょうか。安心して使えるということに価値があるからです。
 
 
 
ブロックチェーンのような新技術は、劇的にコストを下げる可能性がありますが、社会的信用を築いている金融機関がそこまでのリスクをとって挑戦するというのは考えものですね。
 
 
 
ブロックチェーンまわりの問題が複雑になりがちなのは、実験段階なのにもかかわらず資金の手当てがついてしまうことで、どこかで爆発してしまう可能性があるということは怖いところでもあります。
 
 
仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットフライヤー

また、仮想通貨取引所の大手ならビットフライヤーがオススメですのでそちらもぜひご利用ください。1つの取引所だけじゃなくて複数の取引所に資産を分散させることもリスクヘッジになります。ビットフライヤーの申し込みは下記リンクからどうぞ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です