チャージでポイントゲット!電子マネーとあわせて使いたいクレジットカード3選とは

今回は電子マネーにチャージするだけでポイントがゲットできるクレジットカードカードのうち特に還元率が高いオススメのカードを3つご紹介します。

スポンサーリンク

 

1.セブンカード・プラス

出典 https://card.kinri.jp/lineup/seven-card-plus.html

年会費:500円

チャージポイント:0.5%

クレカと電子マネーnanacoが一体となったカードです。200円チャージするごとに1ポイント貯められます。イトヨーカドーやセブンイレブンなどを頻繁に利用する方はかなりおトクです。

セブンカード・プラスの特徴

最大2,000nanacoポイントがもらえる入会特典つき!

特典①セブンカード・プラスにオンライン入会で500ポイント
特典②JCBブランドの選択で500ポイント
特典③お支払口座をセブン銀行に指定で500ポイント
特典④オンライン入会申込時に支払い名人に登録で500ポイント

ポイントどこで使ってもnanacoポイントがたまるクレジットカード!!

セブン&アイグループの利用でおトクにポイントがたまる!イトーヨーカドー、ヨークマート、セブン‐イレブン、デニーズ:200円=3ポイント付与。そごう西武、アリオ専門店、セブンネット ショッピングのネット通販:200円=2ポイント付与。JCB、Visa加盟店:200円=1ポイント付与。nanaco払い:100円=1ポイント付与。
※クレジット請求月の5日に、まとめてnanacoポイントが付与されます。

ポイント利用者の希望にあわせて一体型と紐付型の2タイプから選べる!

nanaco一体型:ポイントはセブンカード・プラスに貯まります。カードを複数枚持ちたくない、nanacoを持っていない方にオススメです。 nanaco紐付型:ポイントは本人名義のnanacoカードまたはnanacoモバイルに貯まります。既にnanacoを利用している方、nanacoを携帯電話で使いたい方にオススメです。

ポイント8のつく日は5%OFF!対象商品購入するとさらにボーナスポイントがたまります!

貯めたポイントは「1ポイント」=電子マネー「1円分」として、利用可能。毎月8日・18日・28日は、イトーヨーカドーの「ハッピーデー」!食料品、衣料品、住まいの品の「ほとんど全品が5%割引」になります。また、セブン-イレブンの対象商品の購入で通常ポイントに加えボーナスポイントもたまります!

出典 価格.com

▶︎セブンカードプラス

 2.ビュー・スイカカード

出典 https://card.kinri.jp/lineup/view-suica-card.html

年会費:477円

チャージポイント:1.5%

Suicaにチャージする際にはポイントが3倍になり、1000円で6ポイントもらえます。1ポイントあたり2.5円相当でSuicaに交換することが可能なため、かなりの高還元率です。

ビュー・スイカカードの特長

ポイントSuica定期券一体型クレジットカード!

クレジットカードとSuica定期券を1枚にすることでお財布がすっきり!万が一紛失してもクレジットカードの補償に加えて定期券部分およびSuicaチャージ残額を補償(紛失連絡時点の残額)。オートチャージも利用可能!

ポイント定期券購入でポイント3倍!年間利用金額に応じてボーナスポイントプレゼント!

公共料金・食事・買い物など通常のカード利用でビューサンクスポイントを1,000円につき2ポイント付与。定期券購入なら3倍の6ポイント!年間利用金額次第で最大2,100ポイントボーナス!(ビューサンクスボーナス)

ポイント海外旅行は自動付帯の傷害保険!国内旅行もカード利用で補償。

海外旅行に出かける際は、死亡・後遺障害が500万円、傷害治療費用・疾病治療費用それぞれ50万円が自動的にセットされます。ビューカード払いなら国内旅行も死亡・後遺障害1,000万円、入院日額3,000円、通院日額2,000円が補償されます。

出典 価格.com

▶︎ビュースイカカード

スポンサーリンク

 

3.リクルートカード

出典 https://card.kinri.jp/free/lineup/recruit-card.html

年会費:無料

チャージポイント:1.2%

Edyにチャージできるのは、VISAブランドに限られますが、nanacoやSuicaにも対応しています。他のショッピング利用でも高還元率を実現する人気のクレジットカードです。

リクルートカードの特徴

年会費無料でポイント還元率が1.2%

リクルートカードは100円につき1.2%のポイントが貯まる他に、リクルートが運営するサービス(じゃらん、ホットペッパー、ポンパレモールなど)で利用した場合には通常のポイントとは別にボーナスポイントとして1~3%貯まります。貯まったポイントはリクルートが運営するサービスに1ポイント1円から利用することが出来ます。

ポイント海外国内旅行保険やショッピング保険など、補償内容も充実!

海外旅行保険が最高2,000万円(利用付帯)、国内保険が最高1,000万円(利用付帯)、ショッピング保険は年間200万円など、年会費無料のカードの中で充実した補償内容になっています。

ポイント電子マネーのチャージでもポイント付与!

このカードは様々な支払だけではなく、電子マネーのチャージ(入金)でも100円につき1.2ポイント付与されます。
JCB:nanaco、モバイルSuica
VISA、MasterCard:nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMATRT ICOCA

出典 価格.com

▶︎リクルートカード

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した3つの中で特に優秀なクレジットカードは「リクルートカード」です。対応している電子マネーが多く、1.2%ものリクルートポイントが貯められます。ただ、Suicaへチャージするなら「ビュー・スイカカード」の方がおトクです。

定期券の購入などでもポイントが貯まるため、JRを頻繁に利用する人であれば、このカードを活用しない手はありません。

また、nanacoにチャージできるカードとしては、他にも「Yahoo!JAPANカード」「楽天カード」などがありますが、いずれもJCBブランドを選択しないとチャージできないことに注意が必要です。

ここでは、nanacoと一体になっていて使い勝手の良い「セブンカード・プラス」を紹介しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です