誰にでもすぐに始められる!オススメの電気代節約術7選とは

誰にでもすぐに始められる!オススメの電気代節約術7選とは

昨今の日本経済では収入が右肩上がりで上昇する望みはかなり薄いと言われている中で「貯金をする」「現金を増やす」ためにはどうすれば良いでしょうか?

 

やはり誰でも身の周りからまずはじめられることは「節約」ですよね。収入UPが望めないのであれば、支出の部分を最低限に抑えるということです。

 

この節約をする上で最も重要なのが固定費の削減です。今回はその固定費の削減という節約の中で、電気代の節約術についてご説明していきますね。

 

オススメの電気代節約術7選とは?

誰にでもすぐに始められる!オススメの電気代節約術7選とは

⒈契約アンペアを下げる

そもそも電気代は契約アンペアに応じて変動します。なので、現状の契約アンペアを把握してそれを改めて見直すことにより電気代の節約に繋がるのです。

 

だいたい10A(アンペア)下げることで月に250円程度の節約になります。この程度の金額と思う方もいらっしゃるかもしれませんが年間で換算すると5500円程度の節約になりますのでバカにできません。

 

このアンペア契約を見直す目安としてはエアコンとドライヤーを同時に使用するとブレーカーが落ちるくらいが丁度良いです。ブレーカーが落ちると思っていれば、普段から電気代節約の意識が身につくので心理的効果も高いです。

 

⒉時間帯割引サービスを適用させる

誰にでもすぐに始められる!オススメの電気代節約術7選とは

一般的な家庭では「従量電灯」というどの時間帯に電気を使用しても一定の料金というプランに加入しています。

 

もしあなたが一人暮らし、もしくは一緒に住んでいる家族が仕事などで日中外出していて家で電気を使用しないというのであれば「時間帯割引サービス」に加入するべきです。このサービスに加入することによって、22時頃〜8時頃までの電気代を約7割減にしてくれます。

 

その代わりにその他の時間帯の電気代が約3割増になりますので、先述した日中は電気を使用しないという家庭にのみオススメの節約術です。

 

スポンサーリンク

 

⒊電気代の支払い方法を見直そう

電気代の月々の支払い方法を口座振替にすることによって「口座振替割引」になるケースがありますので、今一度確認してみると良いかもしれませんね。

➡︎電気料金のクレジットカード支払い、お得な場合、損する場合

 

また口座振替割引が無い場合、または電気代の月額が1万円以上の場合はクレジットカード払いの方がおトクなケースもあるようです。

➡︎クレジットカードで電気代を支払ってポイントやキャッシュバックで得する方法

 

⒋待機消費電力の節約

誰にでもすぐに始められる!オススメの電気代節約術7選とは

これは電気代の節約術の中では誰しもが知っている定番中の定番の方法だと思います。しかしこの「待機消費電力」節約することによって具体的にどの程度電気代が節約できるかというのをご存知でしょうか?

 

これはおよそ電気代全体の10%と言われています。無駄にこの「待機消費電力」を使用しないようにするためには大まかに分けて以下の3つの方法があります。

  1. 使わない家電のコンセントをこまめに抜く。
  2. スイッチ付の省エネタップを使い、使用しないコンセントのスイッチをオフにしておく。
  3. 使わない部屋や旅行など長期で家をあける際はブレーカーを切る。

 

⒌エアコンの使い方を見直す

エアコンの電気代節約術についても様々なモノがあり、下記リンクで細かくご説明させて頂いております。少し工夫をするだけでエアコンの電気代はかなり違ってきます。

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/aircon-denkidai-setsuyaku/

 

⒍扇風機の使い方を見直す

この扇風機の電気代節約術についても下記リンクで細かくご説明させて頂いております。エアコンを使う場合と使わない場合で扇風機の使用方法が変わってきます。

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/natsu-senpuuki-denkidai-setsuyaku/

 

スポンサーリンク

 

⒎家電製品の消費電力と電気代をしっかり把握しておく

やはり節約をしていく上で家電製品ごとにどの程度使ったらどのくらいのお金がかかるというのを把握しておいた方が意識的にも節約にも繋がります。

 

5siyou

出典 http://www.setsuyakubu.com/setsuyaku/denki-2.html

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?電気代を節約する方法は様々ですが、まず自分のできることから始めて固定費をできるだけ削減してみてください。月々少額でもその節約して浮いた分をコツコツ貯金に回せばかなりの金額になるはずです。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/natsu-yasumi-kodomo-disney-setsuyaku/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/mobile-wi-fi-router-setsuyaku/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/osusume-kakuyasu-sim-sumaho/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/sumaho-kakuyasu-sim/

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です