「デフレーション」が進むと景気はどんどん下がってしまう!?

美人ファイナンシャルプランナー
前回の記事《景気を上げるには「モノの値段を上げる」という手段もあるの!?》から引き続き、今回は「デフレーション」が進むと景気はどんどん下がってしまうというお話をしていくわよ!
生徒
はい、よろしくお願いします! 

スポンサーリンク

 

「デフレーション」が進むと景気はどんどん下がってしまう!?

この記事を読む前によかったら《経済の基礎を解説!「景気が良い状態」とはどんな状態なの?》の記事から読んでくださいね。
 
美人ファイナンシャルプランナー
前回記事《景気を上げるには「モノの値段を上げる」という手段もあるの!?》から引き続き、あなたはコロッケ屋さんを経営しているとしましょう!
 
ある日あなたのコロッケ屋さんの状況がガラリと変わります。みんながこんなことを言い出したのです。
 
    • 失業した
    • 給料が減った
    • 将来が心配だから貯金しよう
    • 最近消費税が上がった
    • 不景気だ
すると、こうなりました。
 
    • コロッケ屋さんの売り上げが下がる
    • コロッケ屋さんは材料の仕入れを減らす
    • 八百屋・肉の問屋・酪農農家の売上も減る
みんながお金を使わず、モノが売れなくなりました。そしてなんか儲からない時代になったね」と感じています。これが不景気の状況です。個人消費が減るので全体的にGDPも下がります。コロッケ屋さんの社長のあなたは焦ります。その結果‥
 
    • コロッケの値段を下げる
    • じゃがいも・牛肉・油の値段も下がる
    • スタッフの給料を減らす
    • スタッフの人数を減らす
モノやサービスの価格が下がり、賃金が下がるこんな経済状況をデフレーションといいます。デフレの状態では、個人の収入も増えませんし、買い物(消費)も増えません。みんなの買い物が減るので、会社の売り上げも上がらず新しい設備投資も減ります。 
美人ファイナンシャルプランナー
国民の購買意欲が下がるので、企業は商品の価格を下げないとモノが売れないわ!つまり‥
価格の下落▶︎売り上げの減少▶︎賃金の抑制▶︎消費の低迷▶︎価格の下落‥
 
美人ファイナンシャルプランナー
こうした悪循環がデフレーションであり、今の日本はこの状態から必死に抜け出そうとしているわ!
生徒
なるほど!そうなんですね。 
 
また、デフレは物価が下がり続ける状態なので、家を買う個人、設備投資を検討している企業も来年の方が価格はもっと下がるはず」と考え、買い控えをします。
 
 
 
さらに、物の価値が下がるという事は、お金の価値が下がるということなので、現金や預金が有利と考えて、株式等の金融商品への投資も減り、さらに消費行動が減退します。
POINT 

デフレになると物価が下がり続けるので、個人や企業は大きな買い物を先延ばしにします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です