審査が甘い!?中小消費者金融カードローンの特徴とは!?

 

審査が甘い!?中小消費者金融カードローンの特徴とは!?

「消費者金融」と聞くと、「アイフル・アコム・プロミス…」と大手ばかりが浮かびますよね?

 

テレビでCMを流しているような大手ばかりです。

 

しかし、実際には大手と同じように「貸金業者」として認可を受けている中小消費者金融が数多く存在します。

 

これらは貸金業法に従って融資し、金利で利益を得ているという点で大手と何ら変わりませんが、知名度の違いからいわゆる「闇金」と同じようにマイナスのイメージばかりが先行してしまっているために借り入れの選択肢から外されてしまうことが多いのです。

 

そこで今回は中小消費者金融の実態・特徴を見て行きましょう。

 

 

【あなたにオススメの記事】

アコムは審査が甘い!?そのメリットとデメリットとは

スポンサーリンク

 

中小消費者金融は審査が甘いので「最後の砦」として機能する!

個人間の貸し借りは別とすると、借り入れができるところは「銀行」・「信用金庫」・「信用組合」・「消費者金融」ということになります。

 

審査の厳しさは「信用金庫」・「信用組合」→「銀行」→「消費者金融」という順になります。

 

これはちょうど金利に反比例しています。

 

低金利で貸すということはそれだけ慎重に審査しないと、万が一の「貸し倒れ」のときに他の利益で埋めることが難しいからです。

 

そこで審査が一番甘いのが「消費者金融」になるのですが、この中にも差があるのです。知名度に大きな差があるために多くの人が「借りるならアイフルかモビットか」というように考えるので、大手の寡占状態が生まれているのです。

 

この状態で経営をしていかなければならない中小の消費者金融はリスクを負って利用者を増やすことになります。

 

当然リスク=貸し倒れ・利用者を増やす=審査を甘くする、ということです。

 

利用者として金利はもちろん低いに越したことはないので、信用組合などからの借り入れが望ましいですが、審査になかなか通らない場合には、銀行・消費者金融と希望を下げていかざるを得なくなります。

 

そこで大手の消費者金融でも審査に通らない場合には中小の消費者金融に申し込む、というのが中小に申し込みをする人の大半でしょう。

 

ここで審査が通らなかったらもうどこにも申し込めない、という最後の砦の役割を果たしています。

 

 

【あなたにオススメの記事】

審査基準の違いは!?消費者金融と銀行カードローンを比較!

大手消費者金融と中小消費者金融との違いは!?

金利の面でいえば、実は大手と中小との差はほとんどありません。大手消費者金融がすでに法律上限ギリギリで貸しているからです。

 

ではどうして審査がより甘いはずの中小から申し込む人は少ないのでしょうか?

 

まずは先ほどから挙げている「知名度の差」です。これは実質の金利などが変わらないにも関わらずイメージで大手が優位に経っていることになります。利用限度額にも大差はありません。

 

違うのは「カードローン」として利用できる会社が中小にはあまりないということです。

 

どういうことかというと、「カード」を発行してATMで利用できるようにするためには、機械の設置・提携ATMへの手数料などの大きな費用がかかるので中小で行っているところが少ないということです。

 

つまり、一度借り入れたあとは引き落としで返済のみという「ローン」形式になっていることが多く、2度目以降の借り入れをするには再審査が必要という手間がかかるところがほとんどなのです。

 

この点において、利用限度額までは自由に借り入れでき繰り上げ返済も自由という大手の「カードローン」には大きく及びません。

 

「再審査」ということは2度目以降は借り入れを断られることもあるのです。

 

【あなたにオススメの記事】

カードローンで審査が甘いのは!?「審査通過率」から考えよう!

スポンサーリンク

 

まとめ

このようにして、金利など借り入れ条件は変わらないけれどもイメージと利便性で大きく差があるので、中小消費者金融は選ばれにくいのです。

 

逆にいえば、「とにかく借りられればいい」という方には審査が一番甘い中小の消費者金融に申し込むべきだと言えます。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

【あなたにオススメの記事】

カードローンの過払い金返還請求で押さえておくべき5つのポイントとは!?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です