クレジットカードの審査に落ちた方必見!審査に通るコツを教えます!

 

クレジットカードの審査に落ちたという方必見!審査に通るコツを教えます!

せっかく欲しいクレジットカードがあったのに審査で落ちてしまった…

どこに申し込んでも審査で落ちてしまう…

 

という悩みを持つ方は多いでしょう。

 

そこでクレジットカードの審査では何を見られているのか⇒どうすれば通りやすくなるのかを説明していきます。

 

クレジットカードは3つの観点から審査される!?

クレジットカードは大きく分けると、以下の3つの観点から審査されます。

  1. 返済能力
  2. 過去の返済履歴
  3. 資産

では、それぞれについて少し解説していきますね。

 

「返済能力」を判断するには、職業・勤務先・雇用形態・勤務年数・年収・他社からの借り入れ件数(借り入れ額)を審査します。

 

「大きな会社に正社員として15年勤めていて他社からの借り入れもないから大きな利用限度額を与えても大丈夫だろう」「小さな会社でアルバイトを始めてまだ半年。他社からの借り入れが3件ありだから、これ以上借り入れしても返せないだろうからお断りしよう」というような審査です。

 

「過去の返済履歴」信用情報機関への問い合わせで審査されます。

 

過去に借り入れがあってもきちんと返済していれば問題ないのですが、返済を延滞した履歴があると最大5年間は情報が残るのでその間は審査がかなり不利になります。

 

この返済履歴には「2つの落とし穴」があります。携帯電話の利用料金・本体の分割払いと学生の奨学金です。

 

この2つには「借り入れた」という意識があまりないために、「少しくらい遅れても大丈夫だろう」と思ってつい返済が遅れがちになる人が多いのですが、その延滞情報は他の借り入れと同じく信用情報機関に掲載されて最大5年は消えないのです。

 

「資産」とは簡単にいえば担保になるものです。クレジットカードでは保証人・担保が不要なので「いざというときに裁判で差し押さえられるもの」がある方が審査が有利に進みます。

 

例えば賃貸マンションに住んでいるよりも購入した一軒家に住んでいる方が有利になるということです。

 

スポンサーリンク

 

どうすればクレジットカードの審査に通りやすくなるの?

ここまで審査の内容を読んだ方は「それなら自分で審査に通りやすくするのは無理では?」と思われたでしょう。

 

確かに「勤務先」「年収」などはいきなり変えられるものではないのですが、申し込み時点でのコツがあるのです。

 

【あなたにオススメの記事】

クレジットカードが作れない方必見!代わりになる3つの方法とは!?

クレジットカード発行会社を意識する!

一般に「銀行系」⇒「交通系」⇒「ショッピング系(デパート・スーパー・コンビニなど)」の順に審査は甘くなるとされています。

 

つまり少しでも審査を有利にしたければ「ショッピング系」に申し込むといいでしょう。 

 

【あなたにオススメの記事】

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/gakusei-osusume-credit-card/

新カードのキャンペーンを狙う!

スーパーやデパート・テレビCMで新しいクレジットカードの入会申し込みのキャンペーンを行っているのを見かけるかと思います。

 

新しい金融商品ほど利用者を増やしたいので、既存のクレジットカードよりも審査が甘くなる傾向があります。

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードの申し込みは3件までに絞る!

どこに申し込みをして可決だったかどうかは信用情報機関への問い合わせで分かってしまうので、一気に多数に申し込みをすると「よほどお金に困っているのか」「お金をかき集めて逃げるのでは」という憶測をされてしまうので、一度の申し込みは多くても3件ほどにするのがコツです。

 

ダメだった場合でも審査通過でも次に申し込むのは6ヶ月待つというのもコツです。

 

申し込み情報は6ヶ月しか信用情報機関に掲載されないからです。

 

ただし次に申し込むのはもちろん別の会社のクレジットカードにしましょう。

 

「6ヶ月」で記録が消えるのはあくまで公的にであって、カード会社内部の情報としては半永久的に残るからです。

 

【あなたにオススメの記事】

これで安心!家族にバレないクレジットカードの作り方とは!?

 

まとめ

意識しないでただクレジットカードを申し込むだけでは、審査に落ちる場合でも上記のことを実践するだけで審査結果が変わるかもしれません!

 

クレジットカードの審査落ちで困っている方は、ぜひ実践してみてはいかがですか!?

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

【あなたにオススメの記事】

年会費実質100円!クレジットカードでゴールドを持つ裏ワザとは?!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です