利用限度額を増額できる!?クレジットカードをお得に使う方法!

利用限度額を増額できる!?クレジットカードをお得に使う方法!

クレジットカードを持っていて、利用限度額が少なくて不便に思うことはないでしょうか?

 

特に大きな買い物や旅行などのときには、利用限度額がもっと欲しいと感じる方も多いと思います。

 

そこで、どのようにしたら利用限度額が上がるのかを紹介していきます。

クレジットカードをお得に使う!「キャッシング限度額」と「ショッピング限度額」について

クレジットカードには現金借り入れのための「キャッシング限度額」と買い物に使うための「ショッピング限度額」があります。

 

まず、利用限度額を上げたいのがどちらの方なのかを考える必要があります。

 

なぜなら

  • キャッシング限度額=貸金業法
  • ショッピング限度額=割賦販売法

と、1枚のカードでも実は利用する方によって適用される法律が違うからです。

【関連記事※ポイント還元率UP!?クレジットカードから電子マネーへチャージ!

 

クレジットカードの「キャッシング限度額」を上げたい場合!

貸金業法の元でキャッシングをするということは、消費者金融から借り入れをする場合と扱いは同じになり、「年収の3分の1までの利用限度額」に制限されることになります。

 

これは1枚のカードでの限度額ではなく、個人に与えられる全ての借り入れ限度額を合わせて年収の3分の1までということです。

 

またこの法律は「1社で50万円または他社総額で100万円以上の借り入れをする場合には慎重審査を行う」ことも決められており、源泉徴収票・給与明細書などを提出しなければなりません。

 

そこでまず、消費者金融・キャッシングの合計の限度額が100万円または年収の3分の1に近づいている場合にはクレジットカードで限度額を上げるよりも銀行カードローンでの借り入れを申し込んでみることをお勧めします。

 

銀行カードローンにはこの「年収の3分の1、50万円または100万円」といった規制が適用されないからです。

 

もし合計の限度額がこの基準に近づいていない場合でも、まずは他の消費者金融・銀行のカードローンに申し込んでみることをお勧めします。

 

「クレジットカードのキャッシング限度額を上げる方法を紹介する」と言っておきながらおかしな話だと思われそうですが、これには理由があります。

 

「キャッシング限度額を上げて欲しい」と増額申請をクレジット会社にすることができるのですが、この申請をするということは「再審査を申しこむ」のと同じことだからです。

 

再審査=利用限度額に対しての返済能力を調べ直す、ということです。つまりせっかく審査に通って手に入れたクレジットカードも、この再審査の結果によっては利用停止という判断をされる可能性もあるのです。

 

つまりキャッシング・ショッピングの2つの役割をしているクレジットカードでは、キャッシングの増額申請をした結果、ショッピングの利用まで停止されてしまう危険性があるので避けるべきなのです。

 

ショッピングはクレジットカードにしかできないことですが、現金の借り入れは他でもできるというのがポイントです。

 

もし結果として消費者金融・銀行での借り入れ審査に通らなくてもクレジットカードはそのまま使うことができるので、この方法をお勧めします。

【関連記事※クレジットカードの審査に落ちた方必見!審査に通るコツを教えます!

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードの「ショッピングの利用限度額を上げたい場合」のお得な3つの方法とコツ!

1「自然と増枠されるのを待つ」

消極的ですが一番確実な方法です。毎月の利用・返済を繰り返すことで返済能力への信用が高まりショッピングの利用限度額が上がっていくことが多いのです。

 

カードを持ってから6ヶ月を経過すると増枠のチャンスがあるのが一般的です。

 

増額のためには返済を延滞しないことはもちろんですが、コツがいくつかあります。

 

まず「利用も繰り返すこと」です。

 

例えば10万円の買い物を1回だけして翌月に支払いを済ませてしまいそれ以来カードを使わなかった場合と、月に1万円の買い物をして翌月に返済するのを10回繰り返した場合では後者の方が利用限度額は上がりやすいのです。

 

つまり返済能力への信用度は「きちんと返済した回数」に比例して上がると思っていいでしょう。

 

前者では1回だけの利用なので返済能力への信用が測りにくく、限度額を上げても大丈夫かどうかをクレジット会社が判断しにくいのです。

 

もう一つのコツは「余分に返済する」ということです。

 

お金に余裕があるときには返済日でなくても自分から返済してしまうのです。このことで経済的に余裕があると判断されて利用限度額が上がりやすくなります。

 

ATMで好きなときに返済できるカードと電話連絡してから振り込みで返済するカードに分かれますが、これは通常どのカードでも使えるコツです。

【関連記事※これで安心!家族にバレないクレジットカードの作り方とは!?

 

2.「恒常的な増枠を申請する」

これは普段から使える利用限度額を上げてもらう申請をすることです。

 

ここで注意が必要なのはこの申請をすると、キャッシング限度額のところで述べたのと同じく返済能力を再審査されるということです。

 

つまり増額を申請したのに逆に減額されたり、場合によってはカードの利用停止になることもあり得るので「一応申請だけしてみるか」と必要を感じていないのに安易に利用するのは避けたほうがいいでしょう。

【関連記事※クレジットカードがない!紛失・盗難の際にすべきことと防止策とは?

 

スポンサーリンク

 

3.「臨時増額を申請する」

これは旅行や引っ越しなど一時的に大きな出費が必要なときにその月限定で増枠されるものです。

 

これは恒常的な増額申請に比べて審査のハードルが下がるのでお勧めできます。

 

申請のコツは、増枠分の利用目的を細かく質問されるときに明確に答えることです。

 

例えば「生活費に使いたい」とあいまいに答えるのではなく「冷蔵庫が壊れたので買い直したい」などと明確であるほど申請が認められやすくなります。

【関連記事※年会費実質100円!クレジットカードでゴールドを持つ裏ワザとは?!

 

まとめ

クレジットカードもしっかりと知識として知っていれば、お得に使うことが出来るのです。

 

あなたも今一度ご自身のクレジットカードの使い方を見直してみて、お得に活用できる部分は改善した方が良いかもしれませんね!

【関連記事※カードローンの審査は通るの!?専業主婦が借り入れする方法とは

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です