クレジットカードの年会費は”有料”と”無料”のどちらが良いの!?

今回はクレジットカードを使う際にその年会費は”有料”のものと”無料”のものどちらが良いのかということについて見ていきましょう。

クレジットカードの年会費は”有料”と”無料”のどちらが良いの!?

クレジットカードの年会費の有無についてなのですが、これは目安として利用金額が年間で100万円を超えたらというのが良いでしょう。100万円を超えた段階で有料カードへの切り替えを検討するべきです。

 

クレジットカードの年会費は、無料の方が一見良いように見えますが、付加サービスが違います。「無料が良くて有料は悪い」と端的に結論を出す前に、冷静に比較検討してみることが大切です。

 

比較してみると有料のカードの方が、ポイントがたくさん貯まったり、特典があったり、カードホルダー限定のサービスがあったりします。例えば、年会費無料のカードには、旅行の際の傷害保険が付いていないけど、有料には付いているなどの違いがあります。

 

その保険料をもし自分で払ったとするといくらになるのか。海外旅行によく行く方であれば、保険付きの方がお得になったり、あるいは空港のラウンジが無料で利用できたりします。

スポンサーリンク

 

有料のカードの方がサービス内容は断然良い!

もし、月1〜2万円程度しか使わないし、海外に行くこともないという人は無料のカードを選んでコストを下げることを考えた方が良いでしょう。保険が付いてきたり、ポイントの付与率が高かったとしても、利用しなければ、その恩恵をあまり受けることができないからです。

 

有料のクレジットカードには、一般のカード以上のゴールド・プラチナというハイクラスなものが多くあります。例えば、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン(ブラックカード)には、専用のコンシェルジュや飛行機のフライトのアップグレード、提携ホテルのスイートルームへのアップグレードなど、通常では考えられないようなサービスが提供されます。ただし、年会費は36万7500円と破格です。

 

普通の方には、必要のないカードですが、頻繁に海外に出かけ、ホテルなどの利用の多い企業経営者や会社役員の人にとっては、秘書を雇うのと同じメリットがあります。ただし、このカードはカード会社からの招待制になっているので、希望しても利用実績がないと持つことはできません。

 

クレジットカードの選択は、自分がどの程度利用するのか、どういう目的で使うのかによって決まってきます。「有料だから損」ということは一概には言えません。

無料か有料どちらか一択しか方法はないの?

これについては、年会費無料のカードと有料のカードを組み合わせて使うのもオススメです。普段使う用のクレジットカードを有料のカードにして、年会費を支払えば、利用金額によって特典が付いてきます。年会費無料のカードは万が一のときのバックアップで持つようにすると良いでしょう。

 

そうすると無料の方は、ほとんど使う機会はないかもしれませんが、メインのカード使えなかったりした場合のみ使うようで持っておきましょう。利用金額が大きくなればなるほど、カード会社もサービスしてくれるようになりますので、その分の年会費有料のクレジットカードを使うメリットも大きくなります。

 

大まかなイメージですが、過去1年のカードの利用金額を計算してみて100万円を超えるようだったら、有料カードを持つことを検討してみて良いでしょう。

まとめ

クレジットカードの利用額が年間100万円を超えたら、年会費有料のクレジットカードも利用しましょう。会費に見合ったサービスが受けられれば、無料よりもお得にカードを使うことができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です