クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリットとは!?

クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリットとは!?

1枚のクレジットカードは2つの役割を果たします。「ショッピング」「キャッシング」です。意味そのままに買い物と現金借り入れに使うことができます。

 

このキャッシング枠を使って現金を借り入れることのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

クレジットカードのキャッシングでのデメリットとは!?

クレジットカードでキャッシングするメリット・デメリットとは!?

⒈金利が高い

多くのクレジットカードのキャッシングは18%ほどの年利で、消費者金融での借り入れと同じくらいに設定されています。つまり、銀行・信金などのカードローンの方が金利を低く借り入れできます。そのため、銀行などでの借り入れが可能であればそれを優先するべきです。

 

ショッピングはリボ払いの場合でも年利14%ほどで利用することができるので、あえて銀行などから借り入れた現金で買い物をしてもメリットはあまりありません。

 

このように1枚のカードでも、キャッシングの方は金利の面で条件が良くないといえます。そのため基本的にはクレジットカードは買い物専用として、キャッシング機能は使わないのが得策といえます。

 

スポンサーリンク

 

⒉毎月の最低返済額が大きい

例えば銀行カードローンが30万円の借り入れに対して毎月数千円を返済すれば済むのに比べて、クレジットカードのキャッシングでは数万円を返済しなければならないことが多いのです。

 

もちろんその分早く返済が終わるので無駄に金利を払わなくて済むのですが、それはカードローンで繰り上げ返済しても同じなので、やはり毎月の最低返済額が大きいことはデメリットにしかなりません。

 

⒊ATM手数料がかかる

銀行カードローンなどではコンビニATMでの借り入れ・返済を無料で行うことができるところも多いですが、クレジットカードキャッシングではATM手数料がかかるので「振り込みキャッシング」を行っているカード会社以外ではどうしても不利になります。

 

振り込んでもらっても銀行口座から引き出すのに手数料がかかる場合もあることを考えるとなおさら不利な面が目立ちますね。

 

それでもクレジットカードキャッシングを利用するときは!?

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/credit-kokusai-brand/

⒈銀行などで低い金利の借り入れができなかったとき

消費者金融と金利が変わらないということは、銀行などでの低い借り入れができないときにはあえて消費者金融に申し込みをせずにクレジットカードのキャッシングを利用しても変わりないということです。

 

ただし増枠申請をするときは慎重にすべきです。なぜなら「増枠申請」=「再審査の申請」なので、結果最悪の場合にはカードの利用停止となり、ショッピング枠まで使えなくなる可能性があるからです。

 

よって、クレジットカードのキャッシング枠を増やそうとするのではなく他からの借り入れでカバーしてなるべく増枠申請はなるべくしない方がいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

⒉急に現金が必要なとき

他に借り入れる方法がないときにはコンビニでもすぐに借り入れができるのはありがたいことです。もし繰り上げ返済が可能なカードであれば現金に余裕があるときに返してしまえば無駄な金利も払わずに済みます。

 

⒊カードローンの補助として使うとき

仮に利用限度額が20万円の銀行ローンカードとキャッシング枠50万円のクレジットカードだけを持っているときに30万円の現金が必要になったとします。

 

20万円までは銀行カードローンで借り入れるとした場合、残りの10万円をどうやって用意するかですが、クレジットカードのキャッシングを利用すべきでしょう。

 

金利で有利なので銀行カードローンに増枠申請をすることも考えられますが、先に述べたように増額申請は減枠やカード利用停止のリスクを伴うので避けるべきでしょう。

 

まとめ

急な金額が必要になった際などはこのクレジットカードキャッシングは役に立つ反面で、上記したように気をつけなければならないこともありますので、それらのことに注意しながらクレジットカードキャッシングを最大限有効活用しましょう!

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です