自分を成長させるための聞き方と発言の仕方!会議に参加するときの心がけとは

今回は、ビジネスマンとして会議に参加するときの聞き方や発言の仕方などの心がけについて少し見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

真剣に話を聞くことで意見が言えるようになる!

はじめて会議に参加するときは、その雰囲気に慣れていないこともあって、積極的に発言するのは難しいと思います。最初のうちは聞き役になってしまうのも仕方がないと思いますが、ただ、話を聞いているだけではビジネスマンとしてその先には進めません。

発言者の意見に対して、真剣に耳を傾け、その内容をキチンと理解することが大事です。参加者としての意識を強く持って、会議に臨めば、次第に自分の意見が言えるようになるはずです。

発言をするときは、人の話を遮ったり、議題から大きくそれるような内容を言ったりしては当然ダメです。会議が円滑に進むようにマナーを守って、自分の意見を言えるようになりましょう。

▶︎情報を共有し正しい判断を得る!「ホウレンソウ」の基本とは

話を聞く時の4つの心得とは

1.背筋を伸ばして正しい姿勢で話を聞く!

まず、他の人が発言をしているときは、姿勢を正して聞くことです。腕や足を組んだり、頬杖をついたりするのは当然やめましょう。

2.話を聞きながらメモを取り、内容を理解する!

要点やキーワードはその都度メモをすることです。自分が発言する時のために、話の内容をきちんと理解しておきましょう。

3.相手の発言に対してリアクションをとる!

うなずくなどのリアクションをとるということも大事です。真剣に聞いている姿を見せれば、発言者も気持ちよく意見をいうことができます。

4.離席する必要があるときは相手の発言が終わってから!

会議中の離席は原則としてNGです。ですが、やむを得ない場合は相手の話が終わった後、断りをいれてから静かに中座します。

スポンサーリンク

 

会議中発言をするときの5つの心得とは

会議での発言は、自分の存在をアピールできる絶対のチャンスです。一方で、マナーを守って発言しないと評価が下がるので注意したいところです。

1.積極的に意見を言うようにしよう!

話を聞いているだけでは会議に参加している意味がないです。意見があるのであれば、積極的に発言をしていきましょう。

2.承諾を得てから発言をする!

発言をするときは挙手をします。「よろしいでしょうか。」と断りを入れて、許可を得てから発言をしましょう。

3.人の話の途中で発言しない!

他の人が発言中に途中で割り込むのはマナー違反です。発言者の話が終わってから意見を述べましょう。

4.議題からそれる発言は控える!

議題とは関係のない話は進行の妨げとなります。会議の流れに沿った発言をしましょう。

5.意見をいう時は結論から述べる!

意見を言うときは先に結論から述べてからその理由を説明するというのが基本のカタチです。余計な言葉は省き、端的に話しましょう。

会議に役立つメモテクニック

発言者の言葉をただ記録するだけでは、書くことが目的になっていまい、話の内容が頭に入ってきません。下記で紹介しているテクニックを使って、その要点だけをメモしていくようにしましょう。

  • 日付を入れる

会議中に書いたメモは、後日見返すこともあります。会議の日付を記載しましょう。

  • 図解を入れる

丸で囲んだり、関係性を矢印で繋いだりすると視覚的に内容を理解しやすくなります。

  • 5W1Hを意識する

メモを取るときは5W1Hを意識するとわかりやすく記録できます。

  • 赤ペンを使う

赤ペンで重要なポイントをチェックしておけば、話の要点が見えてくることもあります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です