10年後に笑うためにあなたに今必要な20代からの貯金習慣とは

10年後に笑うために20代からしっかりと貯金の習慣を身につけましょう。

20代からしっかりと貯金癖をつけておこう。

無理なくお金を貯めるためには、20代から貯金する習慣を心がけることがとても重要です。

例えば、浪費家で貯金ゼロ、借金の残債200万円って人もいれば、初任給をもらった時からコツコツと貯め続けて30歳で無理なく1000万円の貯金を実現する人もいます。

 

20代のスタート時点でのチリも積もれば、大きな差になります。後から苦労をしたくないという人は、できる限り早い時期から「貯金癖」をつけておくことをおすすめします。

 

貯金が苦手という人にとっておすすめの方法は「自動積立」です。会社の「財形貯蓄制度」や銀行の「積立定期預金」などを利用して、お給料が入ったら真っ先に別口座にお金を積立て残りで生活ができるようにしましょう。

 

貯金を先取りしてどけておくと、残りは安心して使うことができます。貯金の目標はまずは手取り月収の10%を心がけてください。

 

達成できたら、15%、20%と徐々に負荷をかけて最終的には手取り月収の25%を貯められるととても理想的です。

「4分の1天引き貯金法」でお金持ちを目指そう。

この「4分の1天引き貯金法」は、例えば手取り月収20万円で25%貯金しようと思うと毎月5万円を貯め、15万円で生活をするということになります。

 

毎月5万円(手取りの25%)を3ヶ月間貯めると15万円貯まり、1ヶ月分の生活費なります。1年間で60万円貯まり、4ヶ月分の生活費になります。これだけあると、病気や失業をした時の糧となります。

 

このまま貯金を続けていくと、10年で600万円になり、3年4ヶ月分の生活費になります。これだけあれば、住宅の頭金・独立・起業などの夢を叶えられるかもしれません。

 

30年間で1800万円貯まり10年分の生活費になるのです。年金不安がある中で老後生活の糧となりそうですよね。

まとめ

毎月の小さな貯金も年月を積み重ねる積み重ねるとやがては大きなお金に変わります。10年後にお金で笑いたければ、貯金習慣を心がけましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です