貯蓄額を増やすにはどうすれば良いの?女性の役割が重要!?

貯蓄額を増やすにはどうすれば良いの?女性の役割が重要!?

前記事【※節約生活で貯金しても資産を築くことは難しい!?】で、より多くの資産をつくるには節約して貯蓄するよりも、収入の入り口を増やす方が効率的だというお話をしました。

 

その収入の入り口を増やすという意味で、貯蓄をして資産を形成していく上では、家庭の中の女性の立場というのが極めて重要になってくるということです。

 

スポンサーリンク

 

貯蓄額を増やすには、パートの主婦がポイント!?

夫が会社員のパートの主婦が、お金の壁を意識して働く理由は、年収がある一定の金額に達すると所得税がかかってしまったり、配偶者控除が使えなくなったり健康保険や年金保険などの社会保険料を自分で負担することになってしてしまうからですよね。

 

このようなことを考えることにより、最低限の労働収入で貯蓄額を最大限まで増やすことができます。

 

この最初の壁は年収100万円です。これを超えてしまうと、通常であれば住民税を徴収されるようになります。

 

しかし、住民税については、ほんのわずかな金額ですので意識して働いている方はあまりいらっしゃらないかもしれません。

 

次の壁が、年収103万円です。年収103万円とは、給与所得控除65万円と基礎控除38万円の合計額で年収103万円までであれば、所得税がかかりません。

 

会社員の夫であれば、妻の年収が103万円以下であれば、38万円の配偶者控除を受けることができ、所得税と住民税が安くなるため「年収103万円」という超えないほうが断然お得な壁があるのです。

 

そして、次は年収130万円の壁です。妻の年収が130万円未満であれば、夫の扶養に入ることができて健康保険料や国民年金保険料等の社会保険料を払う必要がありません。

 

年金の場合、第3号被保険者【※負担無しで年金支給額が満額受給!3号被保険者とは!?参照】になるからです。

 

しかし、これが年収130万円以上になると、妻も社会保険料を負担しなければならなくなります。

 

次に年収141万円の壁というものがあります。年収141万円に達すると、妻の年収が103万円を超えたところから徐々に減っていく配偶者特別控除が一切なくなります。

 

そして2016年の10月からは、従業員501人以上の企業で働くパート主婦には、年収106万円の壁というものもできます。

 

パートで週20時間以上働き、年収106万円以上の方は勤務先の厚生年金に加入しなければならなくなります。

 

妻自身の年収が増えるというメリットがあるのですが、第3号被保険者の方が良いという方も中にはいらっしゃると思います。

 

また、年収106万円の壁は当初は従業員501人以上の企業が対象となっているのですが、少しづつそれ以下の企業にも広がっていく予定です。

 

このようなことを考慮にいれつつ最低限の労働収入を得つつ、貯蓄額を増やしていくというのが現代社会を生きていく上での利口なやり方だと思います。

 

さて、このような壁がある中でやはり注目は女性の働き方なのです。

 

最近は専業主婦指向が強い女性も増えているみたいですが、私は家計の安全のため貯蓄額を増やすという意味でも女性は働くべきだと考えています。

 

なぜなら専業主婦の家庭に比べて共働きの家庭というのは、収入源が多い分いざという時のリスク分散ができるのです。

 

もし旦那さんが病気や事故などで急に働けなくなったり、リストラにあったりした際に収入が一気に無くなるということだってあり得る話です。

 

こんなケースに陥ってしまっては、貯蓄額を増やすどころか家計が大パニックですよね!

 

高額の住宅ローン等をもしもその時に組んでいたら、月々のローンを返済できずにせっかく買ったマイホームを手放さなければならなくなるかもしれません。

 

家計の収入の一本化は極めて危険だということを覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

 

貯蓄額を増やすためにはお金の入り口を増やして複数の収入源を持つこと!

「そうは言っても子供はまだ手はかかるし、外に働きに出るわけにはいかない‥」という方も中にはいらっしゃいますよね!

 

しかし、インターネットがこれだけ普及しているこの世の中では、働き方というのも実に多様化しています。

 

パソコン一台とネット環境さえあればビジネスにつなげることもできるわけで、何も会社に行って働かなくても考え方ひとつで収入源を増やすことはできるのです。

 

大事なことは、「収入源を増やす」ことであって、働き口を必ずしも探さなければならないということではありません。

 

もちろん会社勤めが好きな方であれば、再就職という選択肢もあります。

 

ただ、私はせっかく社会に復帰するのであれば、会社勤めをあえてする必要はないのではないかと思います。

 

もちろん、産休制度がしっかりと整っている企業であれば、1年くらいの産休期間を経て現場復帰することも可能ですが、特に旦那さんが会社勤めなのであれば、むしろ女性はフリーで仕事をしたほうが何かとお得だと思います。

【関連記事※まず収入を把握しよう!お金を貯めるコツとは!?

 

まとめ

貯蓄額を増やすポイントとしては、収入の入り口を複数もっておくということです。

 

そうすることにより、何かあった時のリスクヘッジにもなりますし、旦那さんの給与で家計が十分まかなえるのであれば、奥さんが稼いできた給与は全て貯蓄に回すということもできるかもしれません。

 

収入の入り口を増やし将来のための資産形成等に役立てて安心した生活を送ってみてはいかがでしょうか?

【関連記事※お金の流れを把握する!?誰にでもすぐにできる貯金方法とは?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です