カードローンの審査は通るの!?専業主婦が借り入れする方法とは

カードローンの審査は通るの!?専業主婦が借り入れする方法とは

自由な使い道が魅力の消費者金融や銀行などのカードローンですが、パートなども全くしていない専業主婦の方は借り入れできるのでしょうか?

 

本日は専業主婦のカードローン審査について詳しく紹介していきますね!

 

カードローン審査において、「総量規制」をまず理解すること!

総量規制とは個人の借り入れが年収の3分の1以下でなければならないとする貸金業法の規制のことを指しており、例えば年収300万円の人は100万円までしか借り入れできないのです。

 

つまりこの規制によって、年収がない専業主婦の方は借り入れができないことになります。

 

しかし、この規制は

  • 消費者金融からの借り入れ
  • 信販会社からの借り入れ
  • クレジットカードのキャッシング

に対しての規制だということがポイントです。

 

つまり「銀行からの借り入れ」には適用されないのです。

 

【関連記事※おトクに活用できる!ろうきん・信金のカードローンとは!?

 

専業主婦でも審査が通る銀行のカードローンとは!?

銀行カードローンであれば、収入に対する融資額の規制がないので、専業主婦でも借りられることになります。

 

では全ての銀行が融資に積極的かというとそうではありません。

 

専業主婦の方が借りる際には夫の収入(=世帯収入)が目安にされますが、あくまで目安に過ぎず、保証人・担保なしであるカードローンでは借りる名義人は専業主婦だけになります。

 

そのため万が一返済不能になっても夫に請求できるわけではないので、収入がない専業主婦の方への融資には慎重で、申し込みができない銀行カードローンも数多くあります。

【関連記事※要注意!クレジットカードの現金化は違法なの!?

 

スポンサーリンク

 

専業主婦のカードローンの審査が通る銀行は少なく、借りられても少額になる!

むしろ「専業主婦でもOK」としている銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・新生銀行など数少なく、借りられても10万円~30万円ほどが借り入れ限度額になることが多いのです。

 

しかし収入がない専業主婦の方がしっかり返済していけるかどうかの現実を考えると、あまり多額を借りてしまっても困ることになるでしょう。

 

専業主婦がカードローンをどうしても多額借り入れしたい場合はどうすれば良いの?

このように銀行カードローンを利用すれば専業主婦の方でも借り入れはできるのですが、「どうしてももっとお金が必要」と言う場合には「総量規制の例外」を使うという手段があります。

 

これは、「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸し付け」が消費者金融などでもできるというものです。

 

これにより専業主婦の方でも夫に収入があれば借り入れできるのですが、条件があります。

  1. 夫の同意書
  2. 夫婦関係を証明する書類(住民票など)
  3. 夫の収入証明書(源泉徴収票・給与明細書など)

などのものを提出しなければなりません。

 

つまりこの場合は「夫に内緒で借り入れ」というのはできないのです。

【関連記事※甘く見てると痛い目見る!?「リボ払い」とは?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

このように専業主婦の方が借り入れをしようとする場合、「夫に内緒で借り入れしたいのか」が決め手になります。

 

どうしても内緒でなければならない場合には銀行カードローンしか手段はなくなります。その反対に「夫に借り入れを認めてもらっている」という場合には消費者金融などにも借り入れを申し込むことができ、選択肢が広がることになります。

 

それぞれの事情に合わせてまずはこの点を検討してみる必要がありますね。

 

【関連記事※土日祝日でも可能!?カードローンの即日融資は受けられるの?

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です