カードローンの過払い金返還請求で押さえておくべき5つのポイントとは!?

カードローンの過払い金返還請求で押さえておくべき5つのポイントとは!?

今回はCMでもおなじみのカードローンの過払い金返還請求の際に押さえておくべき5つのポイントをご紹介致します。

 

そもそも過払い金とは?

簡単にいえば「消費者金融などからお金を借りて、返す時に払いすぎたお金」のことです。

 

⒈なぜ「過払い金」が発生するの?

お金を借りるときに金利もきちんと表記してあり、その金利分を含めてきちんと返しているのになぜ過払いがおこるのでしょうか?

 

それは利息制限法出資法という二つの法律があったのが大きな原因です。

 

もともとは利息制限法は借入金額によって金利額も違い(10万円未満は年20%、100万円未満が18%、100万円以上は年15%)、規定利息を超えた分については支払う必要はありません。

 

もうひとつの出資法は年利29.2%が上限となっておりこれを超える利息をとると刑事罰が罰せられるというものです。

 

利息制限法は罰則がないので出資法で罰則がかけられない20%~29%の金利(グレーゾーン金利)で営業する消費者金融が増えたためです。

 

このために、平成22年(2010年)に改正され貸金業者は年利20%を超えた場合に罰則を受けることとなりました。

 

それまでの貸金業者は金利が高かったためにそれを取り戻せる事が法律で決まりました。

 

【あなたにオススメの記事】

カードローンの審査は通るの!?専業主婦が借り入れする方法とは

スポンサーリンク

 

⒉どうしたらカードローンの過払い金返還請求ができるの?

法律が改正される前までに、消費者金融などからお金を借りたことがある人であれば誰でも取り戻せる可能性があります。

 

ただし、ショッピングをしてリボ払いのような返済をしていた方はこれに当てはまりません。

 

あくまでも現金を借りていた場合です。

 

また単に貸金業者に連絡をすれば返してくれるわけではなく、綿密な事情を判断するために裁判を起こす必要があります。

 

そのためNPOの無料相談窓口などもあり、裁判に必要な書類や手続きなどを教えてくれますが、裁判は手間と時間がかかるので、過払い金請求を得意としている弁護士に依頼するのが良いでしょう。

 

その後は、必要書類数枚と貸金業者へ取引書類の請求をするだけで終わります。

 

【あなたにオススメの記事】

土日祝日でも可能!?カードローンの即日融資は受けられるの?

⒊カードローンの過払い金返還請求の費用はかかるの?

着手金などはかかりません。過払い金が戻ってきた場合に、成功報酬として戻ってきた額の20%ほどを手数料として支払います。

 

過払い金がなかった時は、一切費用がかからないのが一般的です。

 

ただしこの点は弁護士によって違うので事前に確認が必要です。

 

【あなたにオススメの記事】

カードローンの返済ができない場合の対処方法とは!?

⒋過払い金返還請求をする時の注意点とは?

10年で時効!

返済から10年経つと時効となり権利を失います。そこで10年以内に請求しなければなりません。

 

また、借りていた会社が倒産して無くなっていると取り返すことができません。ですので、過払いに気がついたらすぐに行動することが大切です。

 

悪質弁護士に注意!

弁護士に依頼する場合に、交渉・裁判など全てを任せることになり過払い金額も弁護士から教えてもらいます。

 

そのため、悪質な場合は成功報酬が20%と言いながらもさらに上乗せして請求されることもあります。

 

これは交渉・裁判を全て任せることができるメリットの裏返しで、そのことを悪用されるのです。

 

交渉・裁判に使用した書類は請求する権利がありますので、この権利を利用することで弁護士からの不当な請求は防ぐことができます。

 

 

スポンサーリンク

 

⒌過払い金返還請求についてのいろいろな噂は本当?

「請求した業者に嫌がらせをされる」「賭け事のために借りたお金は戻ってこない」「ブラックリストに載ってしまう」「家族にばれる」などの噂があります。

 

これらは全くの嘘ですので、これらを理由に過払い金請求に二の足を踏む必要はありません。

 

【あなたにオススメの記事】

審査基準の違いは!?消費者金融と銀行カードローンを比較!

 

まとめ

お金を借りていることに後ろめたさがありなかなか手続きを踏み出せずにいる方も多いかと思います。

 

借金期間が長いほどに戻ってくる額も多くなり、また10年という時効期間もありますので思い当たる方はできるだけ早く弁護士に相談するのが良いでしょう。

 

費用が一切かからないということで逆に怪しく思ってします方もいるかと思いますが、正規の弁護士であれば費用もかからずに問題なく手続きが終わり返金されます。

 

法律で決まっているよりも多い金利を払っていたわけですから戻ってきて当然のお金です。

 

少しでも思い当たる方は弁護士に相談されることをお勧めします。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

【あなたにオススメの記事】

カードローンで審査が甘いのは!?「審査通過率」から考えよう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です