より良い信頼関係を築くためのビジネス会話の基本5項目とは

今回はビジネスの基本であるビジネスシーンならではの話し方について少し見ていきましょう。どれも当たり前の事のようですが、意外と基礎ができていない方もいらっしゃるかもしれません。初心にかえって今一度見直してみましょう!
 

スポンサーリンク

 

より良い信頼関係を築くためのビジネス会話の基本5項目とは

1.明るい表情・態度で

相手に話を聞いてもらうためには相手の目を見て明るい表情で話すことが大切です。
 

2.適度な速度で話す

聞き取りやすい速さを保つことが大切です。内容によって緩急をつけたりしても良いでしょう。
 

3.結論を簡潔に

誤解を招く曖昧な表現を避けて、結論がはっきり伝わるように話しましょう。
 

4.正しい敬語を使う

特に年長者を相手にする場合は敬語の使い方には注意しましょう。
 

5.聞き取りやすいトーンで

相手に聞こえる大きさでハキハキと喋りましょう。重要な部分ではきちんと発音するように心がけることです。
 

会話が与える印象でビジネスの正否が決まる!

同じ内容を伝えるのでも、良い印象を与える話し方を心がけたいものです。相手に好感を持たれれば、会話も弾みますし、取引や商談もうまく運ぶでしょう。
 
 
逆に、悪い印象与えてしまいば、話を聞こうとする気も起きませんし、うまくいくはずの商談も失敗に終わってしまうかもしれません。
 
 
このように話し方によって仕事の正否が決まってしまう場合も少なくありません。良い印象与える話し方はビジネスパーソンが身に付けるべき重要なスキルの1つです。
 
 
そのためにはビジネスシーンでよく使われる言葉遣いをマスターしましょう。
 

スポンサーリンク

 

こんな会話の仕方は今すぐ改善すべき!

1.表情や声が暗い

会話が盛り上がらず印象も悪くなります。

2.早口、喋りが遅い

言葉が聞き取れず、内容が伝わらない場合が多いです。

3.腕を組む

無意識でも相手に不快感を与えてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

4.身振りが大きい

適度な未来が必要ですが、限度をわきまえましょう。

5.相手の目を見ない

言うまでもありませんが、おどおどした印象与え、説得力がなくなるのでしっかりと相手の目を見ましょう。
 

ビジネス会話は日常の言葉を言い換えることから!

日常生活や学生時代に問題なく使っている言葉のうち、ビジネスシーンにはふさわしくないものがあります。
 
 
 
下記のように、日常生活では自然な表現も、オフィスでは改まったものに言い換える必要があります。しっかりマスターし、的確に使えるようにしておくと、相手に良い良い印象を与えることができます。
 
普通の言い方ビジネス用語
今度このたび
あとで後ほど
もうすぐまもなく
いいですかよろしいでしょうか
わかりましたかしこまりました
すみません申し訳ございません
できませんいたしかねます
わかりませんわかりかねます
 
POINT

さらに印象良くする方法
普段誰もが言葉を話し、会話をしているため、「話し方」まで注意を払う事はあまりないかもしれません。
 
 
ビジネスの場合は「さらに印象良くする」ことを心がけることで、人間関係がより円滑になったり、仕事がスムーズに運んだりします。ここではちょっとした会話のコツをご紹介します。
 
1.あいまいな言い回しをしない
相手もわかっているはずと思い込むと誤解が生まれることもあります。イエス、ノーがはっきり分かる話し方をしましょう。
 
2.相手の理解度に合わせる
相手の知らない専門用語を使うと、配慮に欠けた人間だと思われます。相手の理解度に合わせた内容を心がけましょう。
 
3.前向きに肯定的に話す
否定的なことばかりを口にする人は、良い印象を持たれません。可能な限りポジティブな表現で会話をしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です