ビットシェアーズ(Bitshares)とは!?その仕組みを徹底解説します。

今回は”ビットシェアーズ(Bitshares)”の仕組みとその概要について徹底解説したいと思います。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

ビットシェアーズ(Bitshares)とは!?その仕組みを徹底解説します。

ビットシェアーズ(Bitshares)は、Invictus Innovations社によって開発されたビットコイン2.0プロジェクトの中の一つです。2015年に行われたビットシェアーズ2.0へのバージョンアップのタイミングに合わせて、Cryptonomex社が開発を引き継ぎました。このプロジェクトは主にビジネスのための分散型金融ソリューションプラットフォームとしての発展に主眼を置いています。

 

ビットシェアーズ(Bitshares)のメインブロックチェーンの拡張をしながら、将来的に様々なDAC(分散型自動化企業)の整備・構築を目標に掲げています。

DACとは‥

DACとは「Distributed Autonomous Company」や「Decentralized Automated Corporation」の略称で、「特定の管理主体の手を介さずに、様々なビジネスを自動で運用するための仕組み」のことです。

ビットシェアーズ(Bitshares)の主な機能は、

  • 独自トークンの発行
  • 法定通貨経済の資産に価格を連動させるスマートコインの発行
  • メッセージ送信
  • マルチングネチャ
  • 投票システムetc..

など多岐に渡ります。特に独自トークンの発行機能では、独自トークンの利用者の制限を行える他、KYCの導入や取引手数料を発行社の利益として還元するような細かな設定も可能です。その他にも一定量のBTSを支払うことにより、通常の取引手数料の80%ディスカウントなどの恩恵も受けることができる「会員(lifetime membership)」という機能や、またアフィリエイトシステムも導入されており、会員は自分専用のコードを発行し、それ経由で登録したユーザーの取引手数料の一部を得ることができます。

 

さらに、特徴の一つとしてマイニング方式には、従来のPoSに代わる「Delegated Proof of Stake(DPOS)」が採用されています。また、ビットシェアーズ(Bitshares)で利用するアドレスは、ビットコインなどで利用される不規則な英数字の羅列ではなく、任意の名称を設定することが可能です。

 

例えば、「1saf56b..gjoosk」のようなアドレスがあると仮定して「Tanaka」のようなアドレス名を設定することが可能です。他の利用者はアドレス「Tanaka」を見つけてそのアドレス名宛に送金を行うことで、もとのアドレス「1saf56b..gjoosk」に自動的に送金されるような仕組みになっています。利便性が向上する一方で、個人を特定しやすくなる可能性もあるため、匿名性は低くなります。

 

なお、Cryptonomex社が中心となって開発を行っていますが、ブロックチェーンへの変更を行うには、ビットシェアーズの利用者、つまりビットシェアーズの基軸通貨であるBTSの保有者たちの承認が必要になります。このBTSの発行上限は37億でビットシェアーズのリリース時に、そのうちの約25億が配布されました。

 

残りの約12億は、取引の承認の際の報酬などの用途のため、「準備金プール(Raserve Pool)」と呼ばれる誰もコントロールできない資産としてブロックチェーン上に保管されています。ビットシェアーズにおける取引手数料の20%は、自動的にこの準備金プールへと送金されるのです。

ビットシェアーズ(Bitshares)の基本情報

  • 名称:ビットシェアーズ(Bitshares)
  • コード:BTS
  • 開発者/開発組織:Bitshares Inc.
  • 暗号化方式:SHA-256
  • コンセンサスアルゴリズム:Delegated Proof of Stake(DPOS)
  • 承認目安時間:約3秒
  • 上限発行量:約37億

▶︎仮想通貨オムニ(Omni)/マスター(Master)とは!?その仕組みなどを解説!

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

 

BTSによって支えられた価格固定型の通貨「スマートコイン(Smartcoin )」とは

ビットシェアーズでは、BTSから派生したスマートコインを扱うことができます。このスマートコインとは、BTSの価値を担保とした価格連動・固定型の通貨で常に1$の価値を価値を持ち続けるBitUSDや1BTCの価値を保ち続けるBitBTCなどがあります。

 

このスマートコインの仕組みはリップルなどで発行されていたIOUと比較してみるとわかりやすいかもしれません。まずリップルなどで発行されていたIOUは、あるゲートウェイAに資金を預けて、今回は仮に100万円とすると、100万円分のIOUを発行してくれました。この100万円分の価値の担保は、ゲートウェイAが行っています。そのため、ゲートウェイAが倒産してしまったり、資金を盗撮されてしまうと、発行されたIOUの価値自体がなくなってしまう可能性(カウンターパーティリスク)があります。

 

一方で、ビットシェアーズで扱われているスマートコインの場合は、BTSを価値の担保としているため、先ほどのようなカウンターパーティリスクがありません。

 

例えば、100bitUSDを発行するには、それと同等の価値のBTSを担保として支払う必要があります。そのため、常にBitUSDと同価値の分のBTSが担保として保たれてる状態ですので、仮にBitUSDを持っているユーザーが全員BTSへ戻したいと思ったとしても資金切れになる恐れがほとんどありません。

 

つまり、価値の担保が特定のゲートウェイではなく、ブロックチェーン上で行われているので、カウンターパーティリスクを最小限に抑えることができる仕組みです。金融の信用取引や先物取引と似ています。

カウンターパーティリスクのない分散型取引所「OpenLedger」とは

ビットシェアーズ自体の機能ではないのですが、大きな特徴の一つに分散型取引所(Decentralized Exchange)である「OpenLedger」があります。OpenLedgerは、CCEDKという企業が開発したビットシェアーズ上で機能する分散型取引所です。管理者が存在しない代わりにあらゆる記録や取引はブロックチェーンに記録されます。

 

そのため、マウントゴックスのような第三者あるいは管理者による不祥事(カウンターパーティリスク)が起こる恐れが低いことが、大きなメリットとなっています。

 

また、ビットシェアーズの分散型ウォレットからOpenLedgerへ直接アクセスが可能なため、資金の管理、送金や受け取りからトレードまでを一つのプラットフォーム上で完結します。そのため、ビットコインのように自分のウォレットから外部の取引所の指定するアドレスに、ビットコインの送金をする必要はありません。

 

OpenLedgerでは、ビットシェアーズやビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨はもちろんのこと、ビットシェアーズ上で発行された独自トークンやスマートコインの取引が可能です。OpenLedgerの開発企業であるCCEDKは、ビットシェアーズを活用して様々なプロジェクトの資金調達のためのコイン販売を主宰としています。

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!

PoSに代わるDPOSシステムとは

ビットシェアーズでは、PoWでもPoSでもなく「Delegated Proof of Stake(DPOS)」が採用されています。「DPOS」では3つの役割がり、それぞれ取引の承認者を「Witness(立会人)」、手数料などに関するブロックチェーンの仕様変更を提案する人を「Committee」、機能拡張やブロックチェーンの改良といったビットシェアーズに寄与することを提案・実行する人を「Woker」と呼んでいます。

 

WitnessやCommitteeには、誰でも立候補することができて、BTS保有者の投票により選定されます。選定後は、投票により外すことも可能です。Workerの場合は、Workerの提案内容に対して、実行の可否をBTS保有者たちの投票により、決定することになります。この投票権は、保有量に応じて全BTS保有者に割り当てられており、他人に投票権を渡すこともできます。

 

取引の承認者であるWitnessは、一定時間ごとにシャッフルされて承認の順番が割り当てられて、順番に取引の承認及びブロックの生成が行われます。承認を行わなかった場合は、順番が飛ばされ次のWitnessが承認を行います。承認を行うごとに、Witnessは一定の報酬を得ることができるという仕組みになっています。この報酬は、準備金プールから支払われています。

 

準備金プールの原資は、もともとプールされているBTSに加えて取引手数料の20%から蓄えられます。報酬の支払いのために新規にBTSが発行されるということはありません。

まとめ

今回は、ビットシェアーズ(Bitshares)の仕組みについて解説しました。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です