仮想通貨(ビットコイン)のWebウォレットの種類や使い方をわかりやすく解説!

今回は前回の仮想通貨”ビットコイン”のウォレットとは?その種類やメリット・デメリットを解説!に引き続きその中のWebウォレットについてその種類や使い方についてわかりやすく解説します。

ビットコインで取引を今すぐ始めたいという方は、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckか大手仮想通貨取引所のビットフライヤーからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨(ビットコイン)のWebウォレットの種類や使い方をわかりやすく解説!

仮想通貨(ビットコイン)のWebウォレットの中にも様々な種類があります。大きく分けると「取引所のウォレット」「送受信のウォレット」「投資のウォレット」「デビットカードのウォレット」の4つになります。これらを順番に見ていきましょう。

 

まず「取引所のウォレット」ですが、これはビットフライヤーcoincheckといった取引所が提供しているウォレットです。

 

取引所でビットコインの売買をするだけでなく、ビットコインを送金したり、受け取ったりという「送受信の機能」もついているウォレットです。現在、取引所のウォレットは、銀行だけでなくコンビニからの入金も可能です。

 

「コンビニからでも入金できる」と言われると、非常にお手軽感があるのではないでしょうか。ちなみに現在、ビットコインはほとんどの取引所で0.0001BTC(仮に1BTC=190万円の場合は190円)から売買可能です。

 

「どの取引所を選ぶか」という点でいうと、ビットフライヤーは「三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループといった大企業が資本参加しているから比較的安心」という面があります。

 

一方でcoincheckは、チャートなどの操作画面が見やすいといった面で非常に利便性がよく、それぞれに特徴があります。このあたりはそれぞれの優先順位に合わせて、取引所を選ぶと良いでしょう。

 

次に「送受信のウォレット」ですが、これは単純にビットコインを送受信するだけのウォレットです。こうしたウォレットのサービスを提供しているのは、「ブロックチェーン」「コペイ」「ブレッドウォレット」などです。

 

これらのウォレットにビットコインを入れる場合には、ビットフライヤーcoincheckといった取引所で買ったビットコインを上記した「ブロックチェーン」「コペイ」「ブレッドウォレット」などの送受信ウォレットに移動させるという形になります。

オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 

「取引所のウォレットにも、送受信の機能はついているんですよね?どうしてわざわざ送受信専用のウォレットにビットコインを移動させる必要があるんですか?」と思う方もいらっしゃるかもしれないですが、その理由は主に2つあります。

 

1つ目の理由は「タイムラグ」です。取引所のウォレットよりも送受信専用のウォレットの方がスピードが速いため送受信専用のウォレットの方が、送受信のタイムラグがありません。

 

また2つ目の理由としては、送受信のウォレットにビットコインを移すことで、リスクを分散できるという点が挙げられます。取引所のウォレットだけでビットコインを管理していると、仮に取引所で何かあった場合、大きな損失を被る可能性も否定できません。

 

マウントゴックス社の破綻がその良い例でしょう。2014年にはマウントゴックス社だけでなく、カナダの取引所である「フレックスコイン」もハッキングにより破綻に追い込まれています。

 

現在、日本最大手の取引所であるビットフライヤーのバックには、大手の損害保険会社が付いていて、仮に取引所が破綻したとしても、ある程度の損失は補償される仕組みになっています。

 

しかし、だからと言って100%安心という訳ではありません。取引所は常にハッカーに狙われる危険性があるため用心をするのに越したことはありません。銀行預金の場合も、仮に銀行が潰れてしまえばペイオフ制度により、最大で1000万円しか戻ってきませんよね。

 

リスクを分散させるためには複数の銀行に口座を持つことが大切です。それと同じことで、ビットコインの場合もウォレットを分散させて損失のリスクを回避する必要があるのです。

 

ですから、取引所で買ったコインの一部はできれば「ブロックチェーン」「コペイ」「ブレッドウォレット」などの送受信専用のウォレットに移すことをオススメします。

 

そのウォレットから、投資をしたい場合には「投資のウォレット」、デビットカードを利用する場合には「デビットカードとの連携サービス」を提供しているウォレットにビットコインを送るといいでしょう。

 

少しだけ説明を付け加えておくと、デビットカードとの連携サービスは、ウォレットにビットコインを入れておくと、カードが発行されデビットカードとして使用することができます。このカードを所有して入ればカードで買い物をしたり、ATMで現金を引き出したりすることも可能です。

 

例えば、韓国のATMで引き出せば「ウォン」、タイのATMで引き出せば「バーツ」という現地の通貨がでてきますから、とりわけ旅行者にとっては、非常に便利なカードと言えるでしょう。もちろん日本にあるATMで日本円を引き出すことも可能です。

 

ビットコインを日本円にする場合、取引所でビットコインを売って日本円にするのが一般的です。ですが、デビットカードを使ってATMで日本円を引き出せば、1回につき3.5ドルの手数料を取られますが、取引所を仲介せずにビットコインを日本円に換金することも可能なのです。

 

では、デビットカードはどのようなサービスを利用した方がいいのか、ということなのですが、これは一概に言えませんがこれまでは「ワイレックス」や「ザポ」というデビットカードが有名でした。しかし、現在は法規制により使用が制限されています。

 

そのため、海外の銀行が発行してるビットコイン対応のデビットカードを使うなどすると良いでしょう。このように一言で「ウォレット」と言っても、その種類や機能には様々あるということをここでは押さえておいてください。

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットフライヤー

また、仮想通貨取引所の大手ならビットフライヤーがオススメですのでそちらもぜひご利用ください。1つの取引所だけじゃなくて複数の取引所に資産を分散させることもリスクヘッジになります。ビットフライヤーの申し込みは下記リンクからどうぞ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です