仮想通貨”ビットコイン”のウォレットとは?その種類やメリット・デメリットを解説!

今回はビットコインを所有する上で「ウォレット」というものについて少し見ていきましょう。

ビットコインで取引を今すぐ始めたいという方は、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckか大手仮想通貨取引所のビットフライヤーからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨”ビットコイン”のウォレットとは?その種類やメリット・デメリットを解説!

現在ビットコインを手に入れる方法というのは主に2つです。

  1. 取引所でビットコインを購入する
  2. マイニングでビットコインを掘り当てる

2.の「マイニングで掘り当てる」については、素人が1人で行うのはほぼ不可能なので、ほとんどの方は、1.の「取引所でビットコインを購入する」というのが、ビットコインを手に入れるための方法と言えるでしょう。

「取引所でビットコインを購入すると言っても、いまいちイメージが湧かないのですが‥」

そう感じる方は、空港の両替所などで円をドルやユーロに交換するイメージをしていただければわかりやすいと思います。

 

両替のレートが刻一刻と変わっていて、その時々のレートで、円とドルを交換する。同じように実際、ビットコインのレートも刻一刻と変化しています。ですから、「暗号通貨の取引所」というのは為替相場で言う所の「両替所」のようなものです。

オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 

現在、日本には10を超える仮想通貨の取引所がありますが、これは「10を超える両替所が日本にある」と考えればわかりやすいと思います。

 

さて、ここでビットコイン関連の書籍などのほとんどに出てくる「マウントゴックス社の破綻」について見ていきましょう。

 

当時、世界最大級のビットコイン取引所であったマウントゴックス社が突然、取引を全面停止し、経営破綻したのは2014年のことでした。

 

その後、社長が横領容疑で逮捕されましたが、社長の横領だったのか、それともハッキングによって資金を奪われてしまったのか真相は未だにわかっていません。しかし、この事件がメディアによって大々的に取り上げられ「ビットコイン」=「怪しい」というイメージを世間に与えたことは否定できません。

 

しかし、よく考えてみてください。例えば、空港の両替所が1つ潰れてしまったとしましょう。そのことで「円やドルが危ない」ということになるのでしょうか?当然なりませんよね。

 

それと同じで、マウントゴックス社というのは、あくまでも取引所(両替所)の1つにすぎません。取引所が1つ潰れたからといって、必ずしも「ビットコインが危ない」ということにはなりません。

 

実際に、マウントゴックス社の破綻後、一時的にビットコインの価格は急落しましたが、すぐに元値に回復しました。このあたりをよくわかっていないと「ビットコインは怪しい。マウントゴックス社だって潰れたし、、」と言った形で、世間の雰囲気に流されかねないので注意が必要なのです。

 

さて、話を戻しますが、ビットコインを購入する場合、あなたは必ず「ウォレット」を所有することになります。「ウォレット」は日本語で「財布」の意味ですが、ビットコインのウォレットとは一体どういうものなのでしょうか。詳しく説明しましょう。

 

実はウォレットには様々な形があります。まず大きく分けると「ネットワークに接続しているタイプ」と「ネットワークに接続していないタイプ」に分けられます。

 

「ネットワークに接続しているタイプ」を「ホットウォレット」といい、「ネットワークに接続していないタイプ」を「コールドウォレット」と言います。

ウォレットの種類

  • ホットウォレット(Webウォレット)=ネットワークに接続しているタイプ

インターネット上の財布。銀行の「専用口座」のようなもので、仮にスマートフォンをなくしても別のスマートフォンからログインが可能。

  • コールドウォレット(ハードウェアウォレット)=ネットワークに接続していないタイプ

USBメモリーの中でデータが入っているタイプのウォレット。パソコンに接続して使う。

まず「Webウォレット」ですが、これは「インターネット上の財布」です。物理的な財布ではなく、あくまでもバーチャルな財布なので、「財布」というよりも、銀行などの「専用の口座」をイメージしていただければ分かりやすいでしょう。

 

ほとんどの方が使用しているのは、この「Webウォレット」になります。一方、「ハードウェアウォレット」はUSBメモリーをパソコンに接続して使う仕組みになっています。

 

なぜこうした形でたくさんのウォレットがあるのでしょうか。それはそれぞれにメリットとデメリットがあるからです。

 

まず、ネットワークに接続しているタイプのウォレットは、データが管理されているのはあくまでもWeb上です。ですから、仮にスマートフォンをなくしたとしても別のスマートフォンやパソコンからのログインが可能です。

もし財布を落として銀行のカードをなくしてしまったとしても、そのカードを無効化して別のカードを作り直せば、銀行口座の中身は安心ですよね。それと同じことです。

 

一方で、デメリットもあります。オンライン上でデータが管理されているということは、ハッキングなどネット上の脅威に晒されるリスクを否定できない点です。

 

こうした点でいうと、USBメモリーなどオフラインで管理されている「ハードウォレット」には、そうした脅威を避けられるというメリットがあります。

「でも、USBメモリーをなくしたら、保管しているビットコインがなくなってしまいますよね?」

そう思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、その点は大丈夫です。なぜなら、ビットコインを保管しているUSBメモリーをなくしたとしても復旧できるからです。この理由ここでは省略しますが、ビットコインはブロックチェーンという唯一無二の場所に記録されているので、「復元コード」を使うことでウォレットを復元できるのです。

そのためハッキングリスクがない分、ハードウェアウォレットは多額のビットコインを保管するのに向いています。

 

デメリットがあるとすると、保管しているビットコインを送信するのにUSBメモリーをパソコンに接続する必要があるので、気軽に送信することができないという点が挙げられるでしょう。

 

このようにそれぞれにメリットとデメリットがあります。オススメの保管方法としては、しばらく動かす予定がないビットコインはハードウェアウォレットに保管し、買い物など直近で気軽に動かしたい分だけ、Webウォレットに保管しておくなど使い分けるのをオススメします。

 

メリットとデメリットを理解し、それぞれの用途によって分散管理をする必要があるのです。

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットフライヤー

また、仮想通貨取引所の大手ならビットフライヤーがオススメですのでそちらもぜひご利用ください。1つの取引所だけじゃなくて複数の取引所に資産を分散させることもリスクヘッジになります。ビットフライヤーの申し込みは下記リンクからどうぞ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です