仮想通貨にはなんで価値が生まれるの?その仕組みとは

ビットコインをはじめとする仮想通貨には、実体を持たないバーチャルなお金で、それ自体はただの記号にすぎません。では、なぜこのビットコインをはじめとする仮想通貨に価値が生まれのでしょうか。
 
 
これを紐解く前にまず、円やドルはなんでお金として価値を持っているのかというところから確認していきましょう。
 
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記取引所からまずは登録をしましょう。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

通貨と金(ゴールド)の関係性とは

かつて金本位制だったときは、紙幣はあくまでも金といつでも交換できるというものでした。
 
 
 
金を常に持ち歩くというのは、重いし、安全面から考えてもあまり良いとは言えないので、国の金庫に金を預けて、国民はいつでも金と交換することができる「預かり証(金兌換券)を使っていたのです。
 
 
 
しかし、そうなると国の金庫に入っている金以上の「預かり証」を発行することはもちろんできませんよね。
 
 
 
と言うことは、国の経済力は「金」を持っている量に比例し、金の争奪戦が始まります。
 
 
 
19世紀終わりに南アフリカで起きたボーア戦争は有名です。現在でもレアメタル(希少金属)の宝庫である南アフリカの金鉱をめぐる戦争で勝利した「大英帝国」は、莫大な金という「富」を手に入れて栄えました。
 
 
 
ところが世界中に産業革命が起こり、各国の経済が発展していくと、「国の経済力=国が保有している金の量」という定義にズレが生じてきます。
 
 
 
そもそも人類が今までに掘り出した金の量は50Mプール3.7杯分程度と言われています。希少性が高いから価値があるわけですが、量が少ないので、各国が経済力に見合った量の金を保有するのは難しいです。
 
 
 
そのため、現在の通貨は完全に金と切り離され、各国の中央銀行がその国の経済状況に応じて紙幣を発行しています
 
 
 
つまり、現在では通貨は金に紐付けられたものではなく、あなたを含め皆さんが円やドルに価値があると信用しているから価値があるのです。
 
 

スポンサーリンク

 

信用こそ通貨の価値!

では、この円やドルが信用で成り立っているというのはどういうことでしょうか。考えてみれば紙の一万円札を作る原価は20円程度でしかありません。
 
 
銀行に預金してある一万円や電子マネーに表記されている一万円というのは、ただのデジタルデータですので、コストはほぼゼロです。
 
 
 
それにもかかわらず、一万円札が通貨として流通するのは、誰もが「一万円の価値がある」と信じているからです。
 
 
 
そうした信用を支えているのは、国に対しての信頼です。そのため、その国の将来に不安を感じる人が増えると円やドルの価値が下がります。
 
 
 
そのため、かつて10000円で買えたものが11000円出さないと買えなくなってしまいます。それだけ通貨の価値が下がったというわけです。
 
 
戦争に負けたり、その国が内戦状態になったりして国の信用が完全に失われると、その国の通貨の価値は暴落します。
 
 
 
1年前に1000円で買えたお米が、1ヶ月前には10000円出さないと買えなくなり、1週間前には10万円出さないと買えなくなり、今日は50万円で取引されているとすると、お金をいくら刷っても足りません。
 
 
 
これが、「ハイパーインフレ(物価の暴落=通貨価値の暴落)」と呼ばれる状態です。
 

誰もビットコインを偽装・改変できない!

では、ビットコインをはじめとする仮想通貨の信用はどこから生まれるのでしょうか。それは大きく分けると3つあります。
 
 
 
1つは、「誰も偽装・改変できない」という信用です。中央集権的な組織を持たないビットコインの場合、みんなの信用を支えているのは、国や通貨を発行している中央銀行ではありません。
 
 
 
「全員が過去の取引記録を相互承認する仕組み」があって、誰もそれをいじれないということを信じているからこそ、そこに信用というものが生まれるのです。
 
 
逆にいうと、誰かが後から手を加えて改変・偽装ができるとわかった瞬間、価値が暴落する可能性があります。まあ、ビットコインではないのですが、実際にそのようなことが起きた仮想通貨は価値が暴落しました。
 
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

特定の国や企業などの組織の思想に左右されない!

2つ目は「特定の国や企業の思想に左右されない」という信用です。ビットコインは、特定の組織によって発行されているわけではありません。
 
 
10分ごとに開始される承認レースの勝者に対して一定のコインが発行されるというルールは、ビットコインのシステムの肝になる部分ですので、そう簡単に変えるというわけにはいきません。
 
 
 
つまり、誰かが勝手にビットコインを大量発行したり、誰かが勝手に10分という発行ペースを変更するということはできないのです。
 
 
 
世間に出回るお金の量を意識的に増やして、景気をコントロールしたり、逆に意識的に絞って盛り上がっている景気を落ち着かせるという金融政策は、それぞれの国々で日常的に行われていることなのですが、ビットコインには中央銀行がないので、流通量をコントロールするという概念がありません。
 
 
 
そのため、どこか特定の国や組織の思想に左右されるということはなく、安定的に流通量が増えていくのです。
 
 
 
日本やアメリカが崩壊しない限りは、「円」や「ドル」は暴落しないだろうというのも「信用」なら、ある特定の国や組織の思想に左右されないという「信用」もまた同じということになります。
 
 
 
また、ルールがオープンに公開されているということもみんなが信用できる1つの要因でしょう。
ルールをオープン化してみんなで共有して民主的な考え方のもと運用するというのは実はインターネットととても相性が良いのです。
 
 

ビットコインは有限である!(希少性がある)

そして、3つ目はビットコインの数量があらかじめ決められている、つまり「有限である」ということです。
 
 
仮想通貨は、デジタル化されたデータなだけにその気になればいくらでも増やすことができそうなのですが、ビットコインはあらかじめ上限が決まっており、2100万枚発行された時点で発行されなくなります。
 
 
 
計算上は2141年に全てのビットコインが掘り出される予定です
 
 
 
その昔、金や銀が通貨の代わりを果たしてきたというのもまさに量が限られているからなのです。世界中で取引されている基軸通貨、米ドルが金と完全に切り離されたのは、今からわずか40年ほど前のことです。
 
 
 
それ以来、金の希少性こそ価値の源でした。ビットコインも希少(有限)」だからこそ価値が生まれていると言えるでしょう。

ビットコインは金とよく似た資産である!

ビットコインは通貨というよりも、金に近い性質を持っていると思います。もともと発行数が有限だからこそ希少価値が高いですし、時間がたつほど採掘するのが難しくなるように設計されているのです。
 
 
 
石油をはじめとする鉱物資源は、掘りやすいところからどんどん掘って現金化していくので、後になるほど採掘コストが上がっていく傾向があります。
 
 
 
ビットコインの採掘(マイニング)も、後になればなるほど計算が複雑化して、難易度があがるので、価値が上がっていくと予想されます。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です