ビットコインなどの仮想通貨はなぜ価値が上がるの?

今回はビットコインなどの仮想通貨はなぜ価値が上がるのか、ということについて少し見ていきましょう。

ビットコインで取引を今すぐ始めたいという方は、下記取引所にまずは登録をしましょう。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

ビットコインなどの仮想通貨はなぜ価値が上がるの?


回の2017年仮想通貨元年!ここまでビットコインをはじめとする仮想通貨が普及する理由とは?を読んでいただいた方は、そもそも「仮想通貨には需要がある」ということはおわかり頂いたと思います。

 

モノの価値というのは需要と供給で決まり、需要が供給を上回ると自然に価値は上がっていきますが、例えばビットコインというのは発行枚数が2100万枚と決まっていますので、世の中に広まれば広まるほど価値が上がっていくことが容易にイメージできるのではないのでしょうか。

 

今年(2017年4月1日)日本でも仮想通貨法が施行され、実質的に決済手段の一つであるということが認められたことで、ビットコイン決済取扱店舗数も急激に増えていますし、同年7月1日からは消費税もかからなくなりました。

 

昨年の9月の時点では、日本でビットコイン決済を受け付けている店舗は2500店舗と言われていましたが、今年に入ってから急増し、ここで終わるという訳ではなく、さらに拡大していくことが予想されます。

 

現在ビットコインは仮想通貨の基軸通貨であり、ビットコインと交換しないといけない仮想通貨も多数ありますし、イーサリアムに関してはその技術からJPモルガンやトヨタ、三菱UFJフィナンシャルグループなど、多くの大企業が注目し参画しています。

リップルに関しても既に銀行が送金を行う時に使う仮想通貨として利用されだしていますし、実際に需要が出てきている仮想通貨も多数存在します。

 

 

仮想通貨の世界全体を見ていても、昨年時価総額で1兆円規模になったかと思えば、1年たたずに10兆円規模を超えて成長し続けています。

 

もちろんその分バブルと言われており、バブルは崩壊するだろうと言われていますが、半分正解で半分不正解です。 仮想通貨の種類は日々増えており、プロジェクトごとに発行されているのですが、実需を伴わないケースが多く、実際に通貨として利用しているというよりも「期待感」だけで価値が付いてしまっています。

 

ビットコインのように、決済として使える経済圏を増やしていっているような仮想通貨は良いのですが、実際にまだ使われていなくて、今後使えるかどうかも経済圏を増やすことができるかどうかもわからない仮想通貨まで高値で取引されていて、いずれ価値がなくなる可能性が高いので、実需がある仮想通貨を選んでいく必要があります。

 

そうすれば、仮想通貨バブルが崩壊した時も生き残ることができますからね。

まとめ

仮想通貨の世界のバブルがはじけても価値があるモノは上がります。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です