ビットコインの発行上限枚数は?上限に達した後はどうなるの?

ビットコインの発行上限枚数は2100万枚です。なので、計算上ではこのままマイニングを行なっていくと2141年には掘り尽くされるということが予想されます。
 
 
また、4年に1回オリンピックの年には、マイナー(採掘者)に渡す報酬は半分になると決められているのです。
 
 
 
そこで、今回はビットコインの発行上限枚数が来たら終わりなのか、そうした場合どうなるのか、という部分について少し見ていきましょう。
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記取引所にまずは登録しましょう。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

ビットコインの発行上限枚数は?終わりがある?

新しいビットコインは、10分ごとに繰り広げられるマイニングレースの報酬として発行れます。
 
 
 
今現在の報酬は12.5BTCです。ということは、1時間で75BTC、1日あたり1800BTC、1ヶ月あたり54000BTCが新たに発行されるという計算です
 
 
 
2017年1月の時点でビットコインの発行枚数は、1600万枚を超えています。先述しましたが、ビットコインは、発行上限が2100万枚と決まっており、有限だから価値があるのです。
 
 
 
発行ペースが決まっており、それ以外で誰かが発行するということはできないので、ハイパーインフレなどが起きる心配がないというわけですね。
 
 
 
上限の2100万枚のうちもうすでに1600万枚がもうすでに発行済みということは、ビットコインの取引が開始された2009年からわずか8年で全体の76%が市場に流通しているということになります。ところがビットコインが掘り尽くされるのは、2141年とまだ100年以上も先です。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

スポンサーリンク

 

4年に1回訪れるビットコインの「半減期」

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。主に理由は2つあります。1つは、「半減期」と呼ばれるビットコインにまつわるルールです。
 
 
これをざっくりと説明すると、4年に1回オリンピックの年にマイナーに与えられる報酬が半分になると決められているのです。同じ作業に対して支払われる報酬が2分の1に限られるということは1BTCの価値が半減するということです。
 
 
 
逆にこの半減期のあたりでビットコインの相場が倍になってくれないと、マイナーが膨大なコストをかけてマイニングする意味がなくなってしまうのです。
 
 
 
ビットコインの価値はFXなどと同じようにプレイヤーの読みによって変動するので、みんなが倍になるはずだ、と思えば価値は上がり続けます。
 
 
 
2016年の夏の間は、まさにバブルでビットコインの価値は高騰しました。現時点でビットコインは、決済手段や送金手段というよりは、FXのような投機の一種と考えている方が多く、半減期を境にこうした現象が見られました。
 
 
 
ドルやユーロなどの一般的な為替相場の動きの要因としては、2016年6月の国民投票でのEUの離脱が決まったということがかなり大きいと思いますが、ビットコインが2016年の夏に高騰した原因は、「半減期」だったと言えるでしょう。
 
 
 
4年に1回必ず起きるとわかっているので、そのために買い込んでいた人が多かったのです。
 
 
 
歴史的に見ると、2016年6月の「半減期」は2回目でした。2012年の「半減期」を目の当たりにしている人は、1回目にビットコインの価値が上がったのを目の当たりにしているので、当然2回目に期待しますよね。
 
 
 
2012年当時、ビットコインを持っていた人は数百、数千人のレベルでしたが、2016年の半減期の時には300万人ものビットコインユーザーがいました。この人たちがビットコインの値上がりを経験したので、2020年には、かなりの価格が高騰するだろうという読みで買いに走る可能性があります。

 

ムーアの法則と半減期の関係とは

ここで疑問が湧くと思います。なぜビットコインには半減期というルールが定められているのか。半減期の考え方の基本となる部分には、半導体の集積密度が1年半〜2年スパンで倍増していくというムーアの法則」というものがあります。
 
 
 
この経験則をマイニングに当てはめると、コンピューターの処理速度がおよそ2年ごとに倍増していくというのであれば、今、100の時間とマシンパワーを使って解いていたマイニングの価値は、2年後には半分の50しかないということになります。
 
 
 
処理速度がり2倍になれば、ビットコインの価値は半分になるという考えのもと、「半減期」というものがあります。
 
 
 
このムーアの法則が1年半〜2年ごとに倍としているのに対して、ビットコインが4年で2倍(ビットコインの価値は半分)と見積もっている理由はあまりよくわかりませんが、マイニングの難易度は、常に変動するので、ちょうど10分で解けるように微調整が繰り返されているのです。
 
 
 
その1番大きな調整が4年に1回あると考えれば、うるう年のようなものなのかもしれませんね。

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

2141年に全てのビットコインが発行済みになる! 

半減期と並んでビットコインがいずれは掘り尽くされる理由の2つ目は、ビットコインの最小単位が決まっているからです。
 
 
 
ビットコインはデジタルな通貨なので、理論上は小数点以下何桁までも分割することができますが、現在の最小単位は、小数点以下0が8個続く、1satoshi=0.000000001BTC」と決められています。
 
 
 
半減期を繰り返していくと、やがてマイニング報酬は「1satoshi」を下回ることになり、それ以上分割することが出来ないというルールがあるので、そこでビットコインの新規発行は止まるということです。計算上では、それが2141年になるというわけです。
 
 
 
では、上限枚数に達したその後はどうなるのでしょうか。
 
 
 
ビットコインの取引が成立するには、マイナーの承認作業が不可欠ですが、ビットコインの新規発行という報酬がなくなったら、誰が手間をかけて承認してくれるのでしょうか。
 
 
 
その問題の解決策の1つとして、ここの取引に上乗せされる手数料が報酬の代わりになるかもしれません。
 
 
 
また、手数料を上乗せしてもマイニングのコストを払いきれない場合は、そもそもマイニングの難易度自体をもう少し簡単にするかもしれません。
 
 
 
現在は、ハッシュ値の最初の16ケタを0にするようなノンス値をさがしていますが、100年後なら20ケタでも30ケタでも10分もかからずにはじき出せる処理能力があるマシンがあるかもしれません。
 
 
 
手数料収入だけでもペイできるような難易度に設定すれば、新規発行が止まってもマイナーのモチベーションは下がらないかもしれません。

2141年は未だに誰も見たことのない世界 

現状では、2141年に全てビットコインを掘り尽くされるという計算で動いていますが、実はそれを変えることも不可能ではありません。
 
  
マイナーがお互いに合意して半分以上の議決権を行使すれば、ルール変更も出来ないわけではないからです。
 
 
 
とは言えど、ルール変更をしたとしても有限であるから価値があったものを、無限またはそれに近い状態にしてしまったら、どこに価値が生じるのかという問題もでてきます。
 
 
 
安易なルール変更が出来ないというところもビットコインの信用に繋がっているのです。想像の世界ではあるのですが、一般の会社でいうところの増資のようなカタチで、有限性は残しつつ、掘り尽くすまでの期間を延長し、さらに100年もたせます。
 
 
 
と言った、ルール変更が行われるかもしれません。ビットコインにどのようなルール変更が行われるかは見てみたいですが、私たちはその頃に生きてはいないでしょうね。
 
 
 
円やドルの場合は、中央銀行が常に見張っていて、市場に出回る通貨の量(マネーサプライ)を調整しています。
 
 
 
しかし、ビットコインには中央銀行にはあたる機関はなく、そもそも市場に出回っているビットコインの量を調整するという概念がありません。
 
 
 
そのため、ビットコイン価格が跳ね上がってバブルになったり、逆にそのバブルがはじけて暴落した時も全て市場による調整に委ねられています。
 
 
 
ビットコインが全て掘り尽くされるというのは、誰も経験したことのない未知の世界ですが、石油や金を全て掘り尽くしたという状態に近いのかもしれません。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です