ビットコインの送金中に誰かに抜き取られる心配はないの!?リスク回避の方法とは

AさんがBさんにビットコインを送金するときは、取引データをインターネットを通じてやりとりすることになりますが、途中で誰かに抜き取られないように「公開鍵暗号」「電子署名」という技術を使っています。前回の記事でビットコインそのものをコピーしたり、改ざんしたりするのは事実上不可能なこと、取引所のクラウドサーバーに預けたビットコインが盗まれる心配もかなり低いということがお分りいただけたのではないかと思います。

 

では、送金中のビットコインを誰かに抜き取られる心配はないのでしょうか。ビットコインの送金はインターネット経由で行われます。最近は、セキュリティ技術が向上して、オンラインショッピングでクレジットカードを使うという方が増加しているようですが、ネットでカード情報をやりとりすることに否定的な人もたくさんいます。

 

ビットコインを銀行間ネットワークのようなクローズドな回線ではなく、オープンなインターネット経由で送っても果たして大丈夫なのでしょうか。

 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》から取引を開始しましょう。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

受け取る側が2つの鍵を用意する「公開鍵暗号」方式とは

例えば、AさんがBさんにビットコインを送金するという時は、取引データをインターネットを通じてやりとりすることになりますが、途中で誰かに抜き取られないように、先述したように「公開鍵暗号」「電子署名」という技術を使っています。

 

「公開鍵暗号」は、あるデータを暗号化するときと復号(元のデータに戻す)する時に別々の鍵を利用することで、第三者に暗号を破られないようにするという技術です。データを送る人ではなく、受け取る人が2つの鍵を用意するところがポイントです。

 

これはどういうことか。従来の暗号では、暗号化と復号には同じ鍵が使われ、データを送る人と受け取る人が同じ鍵を利用することで、暗号化と復号が行われていました。そのため、鍵そのものを盗まれてしまうと、秘匿したいデータが第三者から丸見えになってしまうという危険があったのです。

 

よく古い映画などでは、秘密情報の送り手(当局)と受け手(スパイ)が同じ本、例えば聖書を持っていて、暗号に従って「◯ページの◯行目の◯文字目」の文字や単語を特定して、それを繋げていけば元の指令が解読できるというタイプの暗号が出てきますが、この場合は聖書が「(暗号化と復号の)鍵」になります。

 

この「鍵」を持っていない人にとっては、暗号文は何の意味もない文字列にすぎませんが、「鍵」を持っている人は意味のある文章を復号できるというわけです。ところが、敵が聖書の存在に気がついた瞬間、スパイへの指示もバレバレになってしまいます。しかも、敵が暗号を破ったかどうか、こちらには知る術がありません。

 

公開鍵暗号では、まずデータを受け取る人が「暗号化に使う鍵」「復号に使う鍵」を用意して、「暗号化に使う鍵」だけを公開します。(誰でも見れるという点から「公開鍵」と言います。)

 

データを送る人は、その「公開鍵」を使ってデータを暗号化して送ります。データを受け取る人は、暗号を受け取ったら、自分だけがもっている「暗号に使う鍵」で復号します。(データを受け取る人だけが知っているので「秘密鍵」と言います。)

 

この方式ですと、その気になれば、誰でも「暗号化されたデータ」を盗むことはできますが、復号のための「秘密鍵」はデータを受け取る人しか持っていないので、第三者が暗号を解読することはできません。それによって通信の秘密を守っているわけです。

 

スポンサーリンク

 

送る側が2つの鍵を用意する「電子署名」方式とは

一方で、「電子署名」は公開鍵暗号とはまったく逆の流れになります。つまり、データを送る人が「暗号化に使う秘密鍵」と「復号に使う公開鍵」を用意して、「秘密鍵」で暗号化するのです。その上で、「暗号化されたデータ」と「公開鍵」をデータを受け取る人に送ります。

 

「暗号化されたデータ」と「復号に使う公開鍵」が同時に送られるので、その気になれば、誰でも復号することができるのです。つまり、中身はバレバレです。しかし、中身が誰でも読めるからこそ、わかることが1つだけあります。それは、このデータを送ってきた人は、鍵を作成した本人に間違いないということです。

 

秘密鍵はデータの送り手しか知らないので、セットで生成した公開鍵で復号できたということは、このデータを送ったのは、まさに本人だということがわかるというわけです。だからこそ、「署名」というのです。

 

そもそもビットコインの取引記録は、「AさんからBさんへ◯BTC移動する」という情報にすぎません。これ自体は、見られて困る情報ではないのです。困るのは、送り手のAさんや送り先のBさんの名前を勝手に変えられたり、金額を勝手に変えられたりすることですが、ブロックチェーンという技術によってコピーや改ざんができないのは、前記事《 ビットコインがコピー・改ざんされる恐れは?仮想通貨は信用できるのか。》でご説明しましたよね。

 

さらに言えば、ビットコインの取引記録はが全部オープンになっていなければ、マイナーの人たちが中身を見てチェックすることはできません。だから、ここで大切なのは、間違いなくAさんが自分で送金したという事実なのです。 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインは元の所有者の許可なく送金されることはない!

「AさんからBさんへ1BTC移動する」という取引記録には、元の所有者であるAさんの電子署名によって鍵がかけられています。Aさんの公開鍵で復号すれば、間違いなく「AさんからBさんへ1BTC移動する」という取引の中身を確認できます。言い換えれば、元の所有者であるAさんの許可がなければ、誰に対しても「Aさんから◯BTC移動する」ことはできないということです。

 

ただ、この状態では、Aさん本人なら「AさんからBさんへ1BTC移動した」という取引を勝手になかったことにして、「AさんからCさんに3BTC移動した」ことにできてしまいます。そうした二重払いや不正操作を防ぐために、個々の取引は第三者のてによてによってチェックされ、間違いなく「AさんがBさんに1BTC送った」ことが確認されはじめて取引が成立します。

 

この第三者による確認作業があるからこそ、ビットコインによる送金の安全性は保たれているのです。

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大10000円で、業界内でもトップです。
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です