知っておきたい!ビットコインを送金手段として使うメリットとは

以前《初心者必見!ビットコインに投資をする3つのメリットとは》の記事で、ビットコインの投資としてのメリットを説明しましたが、今回はこのビットコインの送金手段としてのメリットについて解説していきますね。
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記取引所から開始しましょう。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

ビットコインの送金手段としてのメリットとは

ビットコインは国をまたいでの送金手段として非常に優れています海外送金海外決済などです。
 
 
たとえば日本や外国に出稼ぎに来たフィリピンの人たちが、母国に送金するのに、銀行経由で送金すると手数料がかなり高いですし、時間もかかります。
 
 
コンビニATMやスマホなどで送金できるセブン銀行を利用するのですが、1万円送るのに990円、5万円送るのに1500円、10万円送るのに2000円と言った手数料がかかってしまいます
 
 
 
このような煩わしさを解消するのがビットコインの海外送金です。ビットコインを使うとかなり短時間でかつ手数料が安く送金することが可能です。
 
 
 
フィリピンでは、5万円程度あれば実家の4人家族が1ヶ月暮らすことができます。1ヶ月の生活費として、5万円をまとめて送れば送金手数料は1500円で済むのですが、実はフィリピンの人たちはお金を貯めるという習慣があまりなくて、お金をもらったらすぐに使ってしまうそうです。
 
 
 
1ヶ月分の仕送りをしても実家の家族はすぐに使ってしまうので、出稼ぎに来ている人たちはなるべくこまめに少額を送金したいわけです。ところが1万円ずつに分けて送ろうとすると990円×5回分でおよそ5000円の手数料がかかってしまいます。
 
 
 
送金額の約1割です。これは非常にもったい無いです。このような時にこそビットコインの出番です。ビットコインなら送金手数料は1%で瞬時に送金することができます。
 
 
 
この手数料なら、細かいスパンで少額を送金できるので、受け取る側も送る側もウィンウィンになります。
 

海外送金の手数料が割高な理由とは

1万円単位の細かな海外送金は日本人にとってあまり馴染みがないかもしれませんが、海外で事業をやっている方であれば、必ずぶつかるのがこの手数料と為替レートの問題です。
 
 
 
例えば、外資系企業で米国に本社があって日本に支社がある場合、あるいはその逆もしかりですが、円からドル、ドルから円と資金を行ったり来たりさせるだけで取引手数料がかかってしまいます。
 
 
 
その時に「円→ビットコイン→ドル」、「ドル→ビットコイン→円」などのように、間にビットコインを挟むだけで圧倒的に手数料は安くなります。
 
 
 
もちろん変動要因が円ドル相場だけではなく、ビットコイン相場にも左右されることになりますが、入り口と出口は円とドルのような法定通貨で、間の移動手段としてだけビットコインを使うというのは、仮想通貨の理想的な使い方ではないでしょうか。
 
 
 
銀行経由の海外送金では、顧客から送金支持を受けた国内銀行と送金先の海外銀行が相互に口座を持っていれば、その口座を使って資金を振り返れば良いのですが、そうでない場合は、それぞれの銀行と相互に口座を開いている別の銀行(コルレス銀行)に間に入ってもらう必要があります。
 
 
 
例えば日本の地方銀行からマレーシアの銀行に米ドルを送ろうとすると、外国為替を扱っている日本のメガバンクとグローバル展開しているニューヨークの銀行を経由している可能性があります。
 
 
 
間に入るコルレス銀行の数が増えれば、その分だけ手数料は跳ね上がりますし、途中で口座番号の入力ミスなどの事務手続き上の間違いがあると、送金が止まってしまいます。
 
 
 
送ったはずなお金が届かないと先方から連絡を受けるとなぜか別の国の銀行で止まっていたなんていうことも起こり得るということです。
 
 

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!

国際送金に関するレガシーシステム

国際送金に関わる銀行間のやりとりには「SWIFT:国際銀行間通信協会」のシステムが採用されています。各国の加盟銀行には「SWIFT」が発行するコードが割り当てられ、それが住所の役割を果たしているのです。
 
 
 
こちらの「住所」からあちらの「住所」にいくら送るかという暗号化されたメッセージをやりとりするのが、SWIFTの役割です。もう70年前くらいからあるレガシーシステムですから、処理も重く手数料も割高です。
 
 
 
米国やEUなどはまだ良いとして、例えば日本からインドネシアに1万円を送金すると手数料として5000円を取られてしまうような理不尽な現実があります。
 
 
 
ところが、インドネシアにビットコインの取引所があれば、日本とインドネシア間の送金はより安く、早くなるということです。
 
 
 
そこで日本のビットコイン取引所で、日本円をビットコインに替えて相手に送り、受け取った人がその国のビットコイン取引所で自国通貨に替えれば、ビットコイン相場の影響は受けますが、銀行経由の送金と比べて手数料は格段に安くなります。
 
 
 
ビットコインはもともと特定の国に属さない仮想通貨なので、そういう使い方が向いているのです。銀行経由の送金の手数料が高いのは、基本的に人件費がかかっているからです。
 
 
 
人間がやっていたことをコンピューターを使って自動化すれば、莫大な処理を一瞬でこなせるようになりますので、手数料をかなり安く設定しても十分に採算が合うようになっているというわけです。
 
 
 
テクノロジーを使って人間がやっいた仕事を自動化すれば、誰もが安く、早く、より質の良いサービスを受けることができます。フィンテックが今注目集めているのは、それが大きな理由の1つというわけです。
 
 
 
既存の銀行システムは、抜本的な改革がされないまま増改築に次ぐ増改築を重ねて迷路と化した老舗の温泉旅館のようなつくりになっています。
 
 
 
象徴的なのが過去に何回かみずほ銀行で起きた大規模なシステム障害です。つぎはぎだらけのシステムなので、1つの国内メガバンクの統合だけでも大変な問題をはらんでいます
 
 
 
ましてや、国ごと銀行ごとに別々のシステムが動いていて、通信手段も違えばルールも違うとなると、これを全部入れ替えるのは現実問題不可能に近いでしょう。
 
 
 
また、お金をストップすると経済活動が成り立たないので、資金移動は一瞬たりとも止めることはできません。なので、どれだけ非効率なシステムであっても現状では既存のシステムを使い続けるしかないのです。
 

銀行送金との共存を!

そもそもビットコインをはじめとする仮想通貨に期待できることはいきなり既存のシステムを壊して新しいものにしようという大掛かりなものではありません。
 
 
 
既存のシステムは残しつつ、迂回ルートをまた別に使って、そこでお金のやりとりをしようというのが仮想通貨の考え方なのです。日常的に億単位のお金を動かす大企業では、既に幾多の実績があり、安心で安全な既存の送金システムの方が良いと考えるでしょう。
 
 
 
しかし、数千、数万、あるいは数百万単位のお金であれば、もっとシンプルかつ低コストの送金手段があっても良いのではないでしょうか。
 
 
 
その部分の需要をビットコインをはじめとする仮想通貨が担おうということです。離れた人間同士がコミュニケーションをとるのに、昔は手紙が一般的でした。しかし、メールの機能が普及するにあたって一般的に文通していたものがどんどんメールに置き換わってきています。
 
 
 
その方が手紙を書く手間が省けますし、圧倒的に低コストだからです。しかし、冠婚葬祭などの要所要所で手紙のやりとりをする方がまだいて、中でも異動・転職の挨拶状などはまだ紙のやりとりの方が多いのではないでしょうか。
 
 
 
それと同じで何億、何十億もの大金を動かす際には、銀行経由の方が安心です。しかし、少ないお金を動かすときは、銀行を経由せずデジタル化した方が便利なのではないでしょうか。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です