ビットコインのルーツとは?その始まりや創始者など徹底解説。

そもそもビットコインが最初に発行されたのはいつ頃でしょうか。それは2009年にまで遡ります。その当時の設計に沿ってビットコインの発行計画や発行総数が決められています。今回はビットコインのルーツについて詳しく説明していきます。

ビットコインの最初のブロックとは

ビットコインのブロックチェーンのブロック数は、2018年1月現在でおよそ50万ブロック程度まで連鎖が進んでいます。現在も約10分間に1ブロックずつ絶え間なく生成されており、延々とチェーンが連鎖されています。これはずっと変わらず、ひたすら生成され続けます。

 

このビットコインのブロックチェーン上に最初に作られたブロックの番号は「0」です。このブロックは特別に「ジェネシスブロック」と呼ばれています。

ビットコインを通して創始者が伝えたいメッセージとは

上記した記念すべき最初のブロック(ジェネシスブロック)には、1つだけトランザクションが含まれています。この第1号トランザクションの中身を開いてみると、世界標準時で2009年1月3日18時15分になっています。

 

続いて、「2009年1月3日財務大臣2度目の銀行救済措置の瀬戸際に」という印象的な文章が刻まれています。これは2009年1月3日付けの英タイムズ紙に書かれている見出しと同じです。

 

ビットコインの創始者であるサトシ・ナカモト氏がこのメッセージをブロックに残したのは、「2009年1月3日以降に、このジェネシスブロックが作られたことを証明するため」とされています。

 

これは、サトシ・ナカモト氏が経済に政府が入ってくるということを懸念して、誰も介入できない金融システムを創造したかったとの意思表明でもあるのです。

仮想通貨博士
ビットコインの創始者のサトシ・ナカモト氏は、日本人の名前のように聞こえるが、現在も正体不明で日本人ではない可能性の方が高いと言われているのじゃ。

最初に発行されたビットコインは今どうなっている?

ビットコインは、設計当初から発行可能総数が決められています。その総数はおよそ2100万ビットコインです。これは最初から全て発行されているものではありません。

 

どのように発行されるかというと、「マイニング」と呼ばれる作業を行った報酬として、1つのブロックが発見されるごとに決まった数のビットコインが与えられます。

 

このマイニングの作業を簡単に説明しますと、ある種の計算競争を行って、最初に答えを導き出した勝者がビットコインを新規発行して、ブロックを1つだけ作る権利が与えられることになっています。

 

そして、その記念すべき最初の「ジェネシスブロック」に発行されたビットコインが「50」ビットコインでした。その評価額は現在の価格にしたら相当な金額だというのは、あなたもおわかりだと思います。もちろんその当時はほぼ価値のないものでした。

ビットコインの発行計画とは

ビットコインは新しくブロックが見つけるごとに、決まった数のビットコインを発行する権利が得られるという仕組みになっています。最初は50ビットコインから始まったのですが、この数も最初からビットコインの決まりとしてありました。

 

基本的にマイニングしてもらえるビットコインは21万ブロックごとに半減します。2018年1月現在では、1ブロック発見されるごとに12.5ビットコインが新規発行とされています。累計では今現在約80%くらいのビットコインの採掘が終わっています。

仮想通貨博士
今現在、流通しているビットコインはマイニングで得た人がそもそも持っていたものが市場に出たものということなのじゃ!

マイニング報酬が徐々に下がってもビットコインは動くのか

ビットコインは、発行計画の通りであれば約130年後にはマイニングをしても報酬がもらえなくなってしまいます。このときビットコインは果たして正常に動くのでしょうか。

 

これについてはその時になってみないとわからないのですが、その頃にはマイニング報酬よりも取引量が現在より大幅に増えているはずなので、マイニングによって得られる報酬以上に取引手数料の合計額の方が上回るはずだと考えられています。

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です