まだまだ発展途上!今後のビットコインに残された3つの大きな課題とは

もちろんビットコインにも技術的な大きな課題というのはあります。大きくまとめると以下の3つになります。
  1. 取引完了までの時間短縮【即時決済】
  2. 取引増加に伴って増えていくデータ量【スケーリング問題】
  3. 上がり続けるマイニングのコスト【クラウドマイニング】
1つ目は、ビットコインの取引が完了するまでの時間をもっと短縮することができないのか、ということ。
 
 
2つ目は、今もなお膨らみ続けるブロックのデータを圧縮することができないのか、ということ。
 
 
3つ目は、マイニングの難易度が上がりすぎてペイできなくなるのではないか、ということ。
 
 
では、それぞれ順番に見て行きましょう。
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》から取引を開始しましょう。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

1.ビットコインの【即時決済】に向けた取り組みとは

ビットコインをはじめとする仮想通貨で、取引が完了するまで時間がかかり、即時決済ができないというのは、中央にサーバーを持たないで、P2Pネットワークで相互承認するというブロックチェーンの基本的な設計そのものに関わる部分ですので、しょうがないと言えばそれまでです。
 
 
 
そもそも初期の設計での考えは、中央にサーバーを置かずに管理者不在で相互に承認し合うP2P型のネットワークシステムの方がコストの面を考慮しても抑えられたというのは間違いない事実です。
 
 
 
しかし、今現在のようにビットコインの採掘が進み、マイニング自体の難易度が上がってくると、承認レースに参加するためのマシンパワーや電気代などのコストがどんどん上がってきます。
 
 
 
また、過去の取引記録のブロックチェーンが長く大きくなり、思いやりとりをするための通信コストも誰かが負担しているということになるため、やはり一ヶ所にまとめて集中処理した方が良いのではないか、という声もあります。
 
 
 
ブロックの承認は約10分に1回行われています。つまり、10分ごとに切り替わる鍵を世界中のマイナーたちが一斉に計算して求め、1番最初に見つけた人がビットコインを報酬としてもらえるというわけです。
 
 
 
見つかった鍵が正しいのかどうか、というのは、2番目以降の人たちが答え合わせをします。複数の人が承認すれば、そのブロックは認識され、ブロックチェーンの最後にガチャンとはまれば取引成立です。
 
 
 
ビットコインの取引に時間がかかるというのは、みんなでこのビットコインの承認作業をしているからなのです。しかし、マイニングの作業自体は、10分ごとに切り替わる鍵を見つけるためにランダムに現れる数字をしらみつぶしに調べているというだけで、それ以上の意味はありません。
 
 
 
この計算結果が他の何かの役にたったりすることはないのです。設備投資や電気代などを考慮するととんでもなく無駄な作業をしている、というふうに取れなくもありません。
 
 
 
そこで承認されるまでおよそ10分かかるという、時間制限をなんとかできないか、と考える人も出てきます。
 
 

スポンサーリンク

 

優良な取引所だけを選ぶ「サイドチェーン」

例えば1つの取引が正しいかどうかをなぜ検証しなければならないのか、というと、「ビットコインを送る人と受け取る人が誰だかわからないから」なのです。
 
 
 
中には怪しい人も紛れているかもしれないので、不正な取引を防ぐために検証作業が必要なのですが、最初から信頼できる人同士の取引だとわかっていれば、いちいち検証しなくても良いのではないか、という発想で、日本やアメリカ、中国の実績のある取引所だけを結んで、その取引所間のやりとりのみ検証なしで即時承認するサイドチェーン」を運用する会社も見られます。
 
 
 
実績のある取引所に口座を持っている人たちは、すでに本人確認などが済んでいるから信頼できる、という考え方です。
 
 
 
ということは、このサイドチェーンに参加した取引所経由のトランザクションを集めたブロックの方がいち早く承認される、ということになり、即時決済」に近づいてきます。
 
 
 
他の取引所よりも決済のスピードの面で圧倒的に有利になるので、自分たちのサイドチェーンネットワークに参加したければ、手数料を多く払え、というビジネスも成立します。
 
 
 
取引所を相手に主な取引所を束ねてサイドチェーンを作ろうというレイヤーのベンチャー企業が出てきたのです。しかし、取引所としては、手数料を支払ってまでサイドチェーンに参加するメリットはあるのかどうか見極める必要があります。
 
 
 
サイドチェーンのアプローチは、多くの取引所が加入すれば、他の取引所にもメリットが出る「ネットワーク効果」があるモデルのため、初期の加入取引所を巻き込むことが大きな障害となっています。
 
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
 

2.取引増加に伴って増えていくデータ量を圧縮するためには?【セグウィット問題】

続いて増え続けるデータ量を圧縮できないか、という課題についてです。
 
 
 
ブロックチェーンは過去の全ての取引記録(トランザクション)が記された「分散型取引台帳」です。10分ごとに数百〜数千のトランザクションを一個のブロックにまとめ、それを承認してチェーンの最後尾に追加します。
 
 
 
ビットコインの取引量が増えて、個々のトランザクションをまとめたブロックが重くなってくると、それをチェックするのに時間がかかります。
 
 
 
ビットコインの取引が承認されるまでに何十分もかかるというのは、問題なので基本的にはブロックを軽くしたいというわけです。
 
 
 
なので、当初からブロック1つあたりのサイズの上限は1MBと決まっていたのですが、ビットコインの取引の量が多くなるにつれて、いずれは1MBでは足りなくなるだろうとサイズの限界が懸念はれていました。
 
 
 
これをビットコインのスケーリング問題といいます。
 
 
 
ひとつひとつのブロックには、数百〜数千のトランザクションと、それぞれのトランザクションが正しいと証明するための電子署名が含まれます。
 
 
 
電子メールにも、誰が送ったのかを特定するための電子署名がついていますが、ブロックチェーンの場合は、過去にやりとりした全てのメールの署名がくっついてくるようなイメージなので、データが非常に重たくなってしまうのです。
 
 
 
そこで、ブロックにかかれるデータのサイズを小さくするために、トランザクションの部分と、電子署名の部分を分けるセグウィット」と呼ばれる解決策がビットコイン・カンファレンスで長らく議論されてきました。
 
 
 
議論が割れたのはマイナーの中心地である中国が、セグウィットに難色を示していたからです。中国はインターネットの回線がそもそも遅いので、データ量を軽くしてしまうと、回線速度が速い国に比べて不利になるというのです。
 
 
 
ユーザーにとっては早く処理できた方が良いはずなのに、マイナー側のわがままで「遅いままがいい」という人がいて、議論が対立してしまっていたわけですが、現実はもうすでに実装されています。
 
 
 
匿名部分を切り離したことによって、ひとつのブロックに収納できるトランザクションが増えたのです。ビットコインの良いところは、中央集権的な場所があって、そこが全て管理しているというのではなく、民主的な話し合いによって全てが決まるという点です。
 
 
 
しかし、民主的だからこそ意思決定のスピードはトップダウン型の組織に比べてどうしても時間がかかりますし、必ずしも合理的な意思決定ができるとは限らないのです。
 
 

3.上がり続けるマイニングのコスト!【クラウドマイニング】

マイニング競走に参加する人々は、ハイスペックなマシンの環境を作るためにかなりの資金が必要です
 
 
 
競走が激化し、自分たちの資金だけではまかないきれなくなってきたため、世界中の人たちからオンラインで資金を募る、クラウドマイニング」というのもかなり活発化しています。
 
 
 
これはあるアイディアやプロジェクトなどを達成するために広く一般の人々から資金援助を募る「クラウドファンディング」の仮想通貨版で、例えば10万円提供してくれた人には、毎日少しずつ掘り当てた仮想通貨を送ってきてくれます。
 
 
 
500円玉貯金のような感覚で、仮想通貨が貯まっていくのでマイニングの承認レースに参加しない人でも楽しむことができます。
 
 
 
しかし、クラウドマイニングでお金を集めたからといって、予定通りレースに勝てるかどうかはわかりませんし、そもそもお金を集めた人たちが本当にそのお金をマシンに投資してレースに参加しているのかよくわからないという場合もあるそうです。
 
 
 
クラウドファンディングでもプロジェクトが達成されない場合が全体の何割かありますが、こうしたサービスを利用する際はあくまで自己責任というのが鉄則です。
 
 
 
クラウドマイニングでは、すでに流通量が上限の何割かを超えて、マイニングで元を取るのが難しくなっているビットコインよりも、イーサリアムなどの新しい仮想通貨のマイニングの方が中心となっています。
 
 
 
その方が競争もそこまで激しくないので、費用対効果が高いからです。
仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大10000円で、業界内でもトップです。
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です