2017年仮想通貨元年!ここまで”ビットコイン”をはじめとする仮想通貨が普及する理由とは?

今回はビットコインをはじめとする仮想通貨が普及する理由について少し見ていきましょう。

ビットコインで取引を今すぐ始めたいという方は、下記取引所から登録をどうぞ!

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

2017年仮想通貨元年!ここまで”ビットコイン”をはじめとする仮想通貨が普及する理由とは?

ビットコインとは中央集権がなく(トラストレス)P2P(Peer to Peer:個人間)取引できるというお話をかつての記事でご説明しましたが、ビットコインにはさらに優れた特徴があります。

それは、「24時間世界中の何処へでも安い送金手数料で早く送金できる」という特徴です。

 

現に、銀行の海外送金手数料が見直されるキッカケとなったのは、ビットコインの普及によるものです。海外に送金することがない人にとってはあまりピンとこないかもしれませんが、銀行という中央集権を介して海外送金すると2〜3日、遅ければ1週間程度かかることもありますが、ビットコインであれば10分ほどで着金します。

 

さらにビットコインは数円〜数十円(送金手数料は選ぶことができるのですが、取引が混み合っているときは高い手数料を支払わないと、着金せずに戻ってきてしまうことがあります。ただし、なくなることはないので安心してください)で送金できます。

 

しかし、銀行などの中央集権を介すると多い時には15%はどの手数料を取られることもあり、子供が海外留学に行っていて送金する方や、出稼ぎに出ていて本国に送金する方にとっては大きな手数料となりますし、ビジネスマンにとっても時間のロスは大きな機会損失にもなります。

オススメの仮想通貨取引所「Zaif』

  • Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!
  • ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!
  • テックビューロの運営体制が万全!
  • Zaifでしか買えないコインがある!

▶︎「Zaif」から仮想通貨の取引を開始する!

 

ここでさらに考えないといけないのは、日本に住んでいると銀行口座を持っているのが当たり前ですが、海外の国では口座を持てない方も多数存在しており、そういう方でもスマホを持っていれば、銀行の口座を持っている方と同じようにビットコインなどの仮想通貨を受け取ることができます。

 

現にWFP(国際連合世界食糧計画)では、仮想通貨イーサリアムを使って難民に支援を行っています。フィリピンのスラム地区の子供は、1日200円でゴミ拾いを行って生活していますが、その子供に日本から銀行を通して200円送金しようとしても、手数料の方が高くついてしまいます。

 

少額の場合支援してあげたくても、手数料の方が高いので支援しにくいのが現行のシステムの問題点なのですが、仮想通貨が広まって、世界の人が使える時代がきたら便利かつ面白いかもしれません。

 

さらに国によっては自国の通貨に対する不安を抱える国も少なくありません。最近ではベネズエラのハイパーインフレが有名ですが、ベネズエラの通貨(ボリバル・フルテ)は公式には1ドル=9.95ボリバルですが、実際には1ドル=約5000ボリバルで取引されています。

 

なんと自国通貨が約500分の1の価値になったということになります。これはすごいことですよね。100円で買えていたものが、5万円出さなければ買えなくなります。

 

ベネズエラなんて遠い国のことは知らない!という方も1997年におこったアジア危機では韓国、インドネシア、タイなどの国で自国通貨の価値が半分以下になるという暴落が起こっています。

 

日本でハイパーインフレが起こる可能性は限りなく低いと思いますし、そうなるとも思っていませんが、ベネズエラの人の中にもビットコインに交換しておいた人がいて、その方は自国通貨の価値が暴落しても、ビットコインに替えておいたおかげて以前と変わらない生活することができている方がいます。

 

日本国内だけを見ていると気づきにくいですが、世界を見てみるとまだまだ不安定な国が多いのはわかると思います。ビットコインが広がり、ビットコインで決済できるインフラが整備されていくということは、不安定な国の人にとってはとてもありがたいことになります。

 

寄付をする時に少額決済に便利で、銀行の口座を持てない国の人たちでも賃金の保全に使えるビットコインは、私たち先進国の人間が広めるべきものだと思います。

 

ビットコインは仮想通貨革命として、通貨で国境がない線路を引くようなものだと思います。

 

近年ではよくAI(人工知能)が取り上げられますが、既に海外の銀行では融資の判断をAIが行う時代が来ています。銀行で人間が何日もかけて判断していたことをAIはたった6分で判断できる時代です。しかも人間よりも正確に判断するのです。

 

このシステムに仮想通貨を組み合わせれば、日本では考えられませんが年率70%の利子でお金を借りている国の人も世界からもっと安くお金を借りられる時代が来るでしょう。

 

これが中央機関を介さず(トラストレス)にP2P決済ができるビットコインをはじめとする仮想通貨が普及する大きな理由です。

  1. 仮想通貨は24時間送金が可能
  2. 仮想通貨は送金手数料が安い
  3. 仮想通貨は送金スピードが速い
  4. 仮想通貨は銀行口座を持たない方も利用可能
  5. 仮想通貨は資産の保全になる
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です