ビットコインの歴史に迫ろう!最初の取引のときってどんな感じだったの?

ビットコインの最初の取引は2010年5月22日に「ピザ2枚=1万BTC」で成立したと言われています。この時ビットコインは、現実のモノと交換できたことでリアルな価値を持ちました。
 
 
 
なので、今では5月22日は「ビットコイン・ピザ・デイ」と呼ばれるお祭りの日になっているのです。今回はそのビットコインが最初に取引が成立した時の歴史を振り返ってみましょう。
 
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記の取引所から登録しましょう。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

ビットコインの最初の取引とその歴史とは

前記事でビットコインに価値がある理由についてご説明しましたがビットコインが現実に価値を持ち始めたのは、現実のモノと交換できるようになってからです。
 
 
 
まだ、塩が貴重だった時代は、塩と何かを交換して塩が通貨としての価値を持ちました。ビットコインもモノと交換できるようになってから、初めて現金と同じ価値を持ち始めたのです。
 
 
 
マイニングによってビットコインを掘り当てたといってもそれは単なるデータのかたまりにしかすぎませんよね。最初はそこらへんに落ちている石ころと同じで何の価値も持っていませんでした。
 
 
 
そのため、特定のゲームの中で使える「ゲーム内通貨(ポイント)」と同じだったので、いきなり円やドルと交換できたというわけではありません。
 
 

スポンサーリンク

 

「ピザ2枚=1万BTC」で最初のビットコインの取引が成立!

冒頭でもお話ししましたが、ビットコインがその価値をはじめて持ったのが、2010年5月22日のことでした。
 
 
 
アメリカのフロリダ州に住んでいるプログラマーが、ビットコインでピザが買いたい」とビットコイン開発者のフォーラムに投稿し、それに応じたピザ屋さんがいて、「ピザ2枚=1万BTC」で取引が成立します。
 
 
 
それまではただのデータに過ぎなかったビットコインが、はじめて現実のモノと交換することができ、実際に価値を持った瞬間だったのです。
 
 
 
現在では、5月22日はビットコイン関係者の中で「ビットコイン・ピザ・デイ」と呼ばれており、お祭りの日として扱われています。ちなみにその時にピザ屋が受け取った1万BTCを現在のレート(2017年7月)で換算すると、およそ28億円の価値になります。
 
 
 
とんでもない高額なピザだったということになりますね。
 
 
 
ビットコインをピザと交換できたということは、米ドルとも交換できるということになります。例えば「ピザ2枚=20ドル」だったとすれば、「ピザ2枚=1万BTC=20ドル」という等式が成り立ちます。
 
 
 
そして、米ドルと交換できるということは日本円とも交換できるということになります。ビットコインをはじめとする仮想通貨だけに関わらず、一旦何かに「値段」がつけばそれは経済活動の中に組み込まれるということです。
 
 
 
例えばあるゲームの中でしか使えない「ゲーム内通貨(ポイント)」も、お金を出してでもそのゲーム内通貨が欲しいという人がいて、それをネットオークションなどで取引をすることができればただのデータに値段が付きます。
 
 
 
理論上は「交換できる」ということだけではなく、「いつでも交換可能な場所」があれば、そこに市場ができるのです。 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

取引所は「いつでも交換可能な場所」を提供する!

ビットコインをはじめとする仮想通貨に、いつでも交換可能な場所を提供するのが、コインチェックのようなビットコイン取引所です。
 
 
 
世界のいたるところに取引所ができて、自国の通貨とビットコインがいつでも交換することができるようになれば、その分ビットコインの流通量は増えるでしょう。
 
 
 
流動性が高まればもちろん通貨としての価値も上がるということです。つまり、実際に使えるから信用されて価値が上がっていくのです。
 
 
 
世界各国のビットコイン取引所が、それぞれの国の法律に則って事業を展開していき、そこで交換できるようになればビットコイン自体の価値も上がっていきます。
 
 
 
取引される量が増えれば増えるほど、様々な場所で使えるようになりますので、ドルや円と同じような価値を持つようになるのです。ビットコインを円やドルと交換するのは「両替」ですが、別にお金と交換しなくても、直接モノと交換しても良いわけです。
 
 
 
お店が認めていれば、モノを買ってビットコインで支払うこともできますので、支払い手段、決済手段としてのビットコインがこれから世の中にどんどんと浸透していくことになると思います。 
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です