Bitcoin(ビットコイン)の発明者が名乗りでる!?「サトシ・ナカモト」の正体とは

仮装通貨のBitcoin(ビットコイン)の発明者は、「サトシ・ナカモト」という名前だけで、実際には謎に包まれていたのですが、2016年5月2日BBCとエコノミスト誌、GQ誌に対してオーストラリア人起業家のレイグ・ライト(Craig Wright)氏が自身がBitcoin(ビットコイン)の発明者であることを明らかにしました。

 

Bitcoin(ビットコイン)の発明者の正体とは?

BBCによるとオーストラリア人起業家のレイグ・ライト(Craig Wright)氏は、Bitcoin(ビットコイン)の開発のかなり初期段階で作られたとされる、暗号キーを使用してメッセージにデジタル署名を実際にして見せたようです。

 

この暗号キーをしようしたデジタル著名の実演は「サトシ・ナカモト」が作成または「マイニング(発掘)」したとされる証拠となるべきもので、この「サトシ・ナカモト」の正体は、レイグ・ライト(Craig Wright)氏でほぼ間違いはないと思います。

 

今までこのBitcoin(ビットコイン)の発明者の素性は分からず、「ネット史上最大の謎の一つ」とされていたのですが、この謎もついに解決したみたいです。レイグ・ライト(Craig Wright)氏はBBCなどに、「私が中心的な役割を果たし、他の人たちの助けも借りた」と公言しました。

 

スポンサーリンク

 

そもそもビットコインとは?

Bitcoin(ビットコイン)の発明者が名乗りでる!?「サトシ・ナカモト」の正体とは

Bitcoin(ビットコイン)とはそもそもなんなのでしょうか?

 

わかりやすく説明してあるサイトを発見したので、載せておきますね。

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です。「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です。円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。

 

「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

 

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです。ビットコインは、「仮想」の「通貨」です。

引用 bitFlyer

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ずっと謎に包まれていたこのBitcoin(ビットコイン)の生みの親である「サトシ・ナカモト」の正体が豪起業家のレイグ・ライト(Craig Wright)氏だったという事実は、かなり衝撃的でしたね。

 

レイグ・ライト(Craig Wright)氏は2016年5月2日に「サトシは死んだ。しかし、これはただの始まりである。(Satoshi is dead. But this is only beginning.)」という印象的な一節を含む新しいブログを掲載しています。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です