ビットコインなどの仮想通貨とクレジットカードの違いとは?

ビットコインは今社会にある既存の支払い手段と似た面もあれば違う面もあります。別のサービスと比べることで何が出来て、何が出来ないのかを明らかにしてみましょう。
 
 
 
仮想通貨であるビットコインは、日本円や米ドルと同じ決済通貨」であるので、買い物や食事の際の支払いとして利用することができます。
 
 
アメリカのサンフランシスコやシリコンバレー、ニューヨークなどの都市では、ビットコインで決済できるお店がかなりの数あり、また日本国内でも利用できるシーンは日々拡大されています。
 
 
 
クレジットカード社会と言われるアメリカでもビットコインの利用が広がっているのはなぜでしょうか。
 
 
 
そこで今回は以前書いた記事「仮想通貨「ビットコイン」と「現金」の違いとは?わかりやすく解説します。」に引き続いて、ビットコインなどの仮想通貨と「クレジットカード」との違いについてみていきましょう。
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》から取引を開始しましょう。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

クレジットカード残高は借金と同じ!

VISAやmasterなどのクレジットカード会社は、あなたの代わりに一時的に支払いを立て替えてくれる存在です。
 
 
 
つまり、クレジットカードの残高は、借金をするのと同じということです。「クレジット」の本来の意味からもわかるように、クレジットカード会社は利用者を「信用」してお金を貸しているのです。
 
 
 
しかし、無制限に信用するというわけにはいかないので、クレジットカードのグレードや個人の信用度に応じて限度額というものがあり、その範囲内であれば自由にお金が使えるというわけです。
 
 
 
これに比べてビットコインでの決済は単純に通貨の移動なので、一時的に借金をするという意味ではありません。
 
 
 
決済においては、信用貸しはないということです。(仮想通貨そのものを売買するときは持っている仮想通貨を担保にしてレバレッジ取引をすることができます。)
 
 
 
ビットコインを始めとする仮想通貨には信用貸しがないので、ウォレットに入ってる金額以上のビットコインを支払うことはできません。財布に5000円しか入っていないのに、10000円の商品を買えないというのと同じというわけです。
 
 
 
また、クレジットカードと似たようなものにデビットカードがあります。デビットカード払いで支払った瞬間に、銀行預金からその金額分が引き落とされますので、カード会社が一時的に立て替えるというわけではありません。
 
 
 
デビットカードでは銀行預金残高分でしか支払いが出来ないところもビットコインと同じです。

ビットコインだと手数料が1%程度で割安に!

では、支払いを受けるお店側にとってクレジットカード決済とビットコイン決済の違いはなんでしょうか。
 
 
それはズバリ、「コスト」です。
 
 
あなたがお店でクレジットカードで支払いをすると、レジ端末などでカードを読み取り、取引記録(トランザクション)がカード会社に送られます。クレジットカード会社は締め日になるとあなたに代わってお店に代金を支払い、後日、あなたからその代金を回収します。
 
 
クレジットカード会社が受け取る手数料は、加盟店の業種や規模によって異なり、だいたい支払い額の2〜10%とされています。それに加えて、専用のカードリーダーを用意しなければなりません。
 
 
 
レストランなどの飲食店でお客様がクレジットカードで10000円の支払いをした場合、そのお店が受け取る金額は、手数料が5%だとしますと9500円ということになります。
 
 
 
ビットコインで決済をする場合は、お客様が直接お店に支払うこともできるのですが(この場合手数料は無料)、決済代行会社を間に挟むというやり方が一般的です。
 
 
 
この場合でも、初期コストはゼロで手数料は1%程度とかなり割安です。
 
 
 
手数料が1%ですと、先ほどの例で10000円の支払いだとしても、お店側の手取りが9900円になりますので、クレジットカードの9500円の場合と比べて400円もおトクになるというわけです。
 
 
 
たかだか400円という金額ですが、塵も積もれば山となるというように1ヶ月、1年と積もれば結構な金額になるのです。利用者が指定されたアドレスにビットコインを送金し、10〜30分程度で取引が承認されると決済完了です。
 
 
 
コインチェック株式会社が提供しているサービスでコインペイメンという決済サービスがありますが、iPhoneやiPad、スマホ、パソコンとWiFi環境さえあればアプリを無料でダウンロードできます。
 
 
 
ECサイトの場合はコードをサイトに貼るだけです。初期コスト、基本使用料は無料で決済手数料が利用者が支払った金額の1%のみとなっています。
 
 
 
利用者はビットコインで支払い、お店側は最短で翌営業日には日本円で入金されるというシステムです。クレジットカード会社のように月末まで待つ手間が省けるため、お店の資金繰り的にはかなり楽になるのではないでしょうか。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

クレジットカード会社の決済手段はさまざま!

導入コストの安さもビットコインの魅力を後押ししています。
 
 
スマホやタブレット端末のイヤホンジャックにカードリーダーを差し込むだけで、クレジットカード決済ができる「スクエア」は、手軽さと利用料の安さからアメリカで人気が高いです。
 
 
 
手数料は一律3.25%(日本国内)で、初期コストは4980円のカードリーダー代のみです。従来のカードリーダーに比べてかなり格安ではじめられますので、一気にブレイクしましたが、初期コストゼロ・手数料1%のビットコイン決済にはかないません。
 
 
 
スクエア自体が通貨を発行しているわけではなく、クレジットカード決済の代行をしているだけですので、そのような意味ではECサイトのオンライン決済で広く普及しているPayPalと同様の種類だと言えますね。
 
 
 
2016年から日本国内で利用可能になった「Apple Pay」やGoogleの「アンドロイドペイ」国内でしか通用しない日本の電子マネーとは異なり、世界各国で利用できるモバイル決済サービスです。
 
 
 
しかし、これのサービスもクレジットカードの番号を登録して決済する仕組みですので、通貨そのもののビットコインとは異なります。

スポンサーリンク

 

ビットコインはカード情報を抜き取られる心配がない!

クレジットカードは様々なシーンで使えるので非常に便利なのですが、ちょっと怪しげなお店で使うとカード情報を抜き取られて不正に使用される恐れがあります。
 
 
 
ネット上でクレジットカードを使うのが不安だという人がいるのもフィッシング詐欺などでカード情報を悪用されるかもしれないと考えているからなのです。
 
 
 
ビットコインの支払いではそもそも実態のあるカードはなく、自分から相手のビットコインアドレスに送金をするだけですので、ウォレットIDなどの情報を向こうに渡すわけではありません。
 
 
 
また、電子署名という暗号で守られていますので、送金中のビットコインが第三者に盗まれるということはありません
 
 
 
料金を支払ったのに商品が届かないという詐欺に絶対にあわないとは言い切れませんが、それはクレジットカード払いでも同じことです。
仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大10000円で、業界内でもトップです。
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です