ビットコインがコピー・改ざんされる恐れは?仮想通貨は信用できるのか。

ビットコインは枝分かれのない一連の取引を複数の人がチェックして、運用されています。
 
 
結論から言うと、他の記録などが混ざれば完全に弾かれますし、同じものが2つ共存することは出来ないので、コピーや改ざんされるということは、原理的にありません。
 
 
 
今回は、このビットコインにコピーや改ざんの恐れがないのかというところについてもう少し掘り下げて見ていきましょう。
 
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》から取引を開始しましょう。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
 

ビットコインにコピー・改ざんの恐れは?

ビットコインはデジタル通貨で、電子データに過ぎないということは、簡単にコピーできてしまうのではないかと心配になる人がいるかもしれません。
 
 
 
インターネットが普及して情報が原則タダで、誰でもコピーできるという風潮が広がりましたよね。今まではコピー機で1枚1枚コピーしたり、手入力して大変だったものが、コピペ1つですぐに手に入るというのは革命的です。
 
 
 
しかし、誰もが簡単にコピーできてしまうというのは、金融システム的にはマイナスです。お金をコピーしたり、金額を勝手に書き換えたりすることができてしまうと、その通貨に対する信用が失われてしまうからです。
 
 

スポンサーリンク

 

ビットコインはP2Pネットワークで分散処理!

そこでビットコインでは全ての取引はオープンになっており、AさんからBさんに1BTC移動した」という記録をリアルタイムで、世界中の誰でも見られるようになっています。
 
 
 
だれでも見られるということは、不正操作や改ざん、コピーをしたとしてもすぐに見つかってしまうということです。参加メンバーがその取引を承認しない限り、取引が実行されないというところが不正操作を防ぐポイントの1つです。
 
 
 
ビットコインは、ここのユーザーが直接やりとりをする「ピア・ツー・ピア(P2P)」型のネットワークを採用しています。ネットワークの真ん中のサーバーにデータベースを格納して、そこにみんながアクセスして利用するのではなく、インターネットに接続されたユーザー同士を直接結んでデータを送受信するP2Pは、ファイル共有ソフトのナップスターやWinny、スカイプ、ラインなどでおなじみです。
 
 
 
ビットコインの場合は、過去の全ての取引の記録をどこか一ヶ所にまとめて保管するのではなく、世界中に散らばった不特定多数のコンピューターが同じ取引を保存することで、誰かが勝手に改ざんしたりできないように、相互にチェックして安全性を確保しているというわけです。
 
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コピーも改ざんもできないブロックチェーン!

さらに言えば、ビットコインはブロックチェーンという技術を使って、そもそもコピーができない仕組みになっています。これが不正防止の2つ目のポイントですね。
 
 
ブロックチェーンは、過去の全ての取引が記録された一本のチェーンのことです。詳しくは下記記事をご覧ください。
 
 
このチェーンをたどっていくとビットコインが生まれたばかりの最初の取引から今に至るまでの取引が全て記録されています。
 
 
 
最新の記録は10分ごとに1つのブロックにまとめられて、ブロックチェーンの最後尾に追加されます。このとき、個々の取引が正しく行われたのかチェックするという仕組みになっています。
 
 
 
ブロックチェーンには、①たった1本の鎖である、②一方向にしか流れない(不可逆的である)という2つの特徴があり、そのことがコピーや二重取引など不正操作防止の重要な役割を担っています。
 
 
 
ビットコインの全ての取引は、一本のチェーンに記録されていますが、この鎖はどこか一ヶ所のサーバーに保管されているというわけではなく、P2Pネットワークに接続した全てのコンピューターに全く同じ鎖が保存されています。
 
 
 
ということは、誰かが勝手にコピーしたり、書き換えたりした場合、その人の鎖だけ他の人のものとは全く別のものになってしまいます
 
 
 
だから、簡単にバレるし、そもそもそんなインチキはだれも承認してくれるはずがありません。ビットコインは民主的なお金で、お互いに承認しあってはじめて取引が成立するので、不正取引などが行われる隙はないのです。
 
 
 
また、ハッシュ値を利用したブロックチェーンは、一方向にしか流れないので、過去に遡って改ざんすることは原理的にできないです。仮に、元に戻って修正をしようとすると、それ以降の全てのブロックを書き換えなければならないので、改ざんは事実上は不可能になっているのです。

既存の銀行システムの集中管理の落とし穴!

既存の銀行システムのようなクローズドなシステムだと外部の人間が、アクセスするだけでも極めてハードルが高いので、誰かが勝手に数字を書き換えたりする恐れは少ないかもしれません
 
 
 
しかし、中央のサーバーで集中処理している関係で、その一ヶ所だけ書き換えれば取引が成立してしまうという問題があります。そのため、銀行内部の犯行だと発覚までかなり時間がかかったりするのです。
 
 
 
その点、ビットコインは多くのコンピューターによって分散処理されていますので、そのうちの一ヶ所が攻撃され、仮に記録を書き換えられたりしても、その取引は認められません。不正が入り込む余地はその分、小さいと言えるのです。
 
 
 
ビットコインでは、みんなが同じ1本の鎖を共有するため、枝分かれさせることもあとから遡って書き換えることも出来ません。横にも後ろにもいくことが出来ない、一方向だけに流れる1本の鎖です。
 
 
 
紙幣の偽造を防ぐために、透かし技術が使われているように、ブロックチェーンという技術がコピーや改ざんから守っているということです。
仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大10000円で、業界内でもトップです。
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

運営会社

株式会社  Days-Works
株式会社  Days-Works
このサイトでは、日々の生活や将来に不安がある方々のために、様々な知って得するお金の知識をご提供しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です