仮想通貨「ビットコイン」と「現金」の違いとは?わかりやすく解説します。

ビットコインは「仮想通貨」「暗号通貨」などと総称されることが多いですが、これはそもそもビットコインの持っているある一面に過ぎません。
 
 
ビットコインは紙幣や硬貨などのアナログの通貨である「現金」とは異なる「デジタル通貨」であり、特定の国に属ないで世界各国で通用する「国際通貨」であり、誰か特定の人が一括して管理しているのではなく、世界中の人々の手によって運用される「分散型通貨」でもあります。
 
 
これはそれぞれどのような意味なのでしょうか。今回はビットコインと現金や預金などの根本的な違いをわかりやすく解説していきたいと思います。
 
 
また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記取引所からまずは登録しましょう。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

ビットコインは実態を持たない「バーチャルなお金」

あなたが「現金」と聞いて最初に思い浮かぶのは福沢諭吉が描かれている1万円札や500玉の様な硬貨でしょうか。
 
 
 
日本の「円」やアメリカの「ドル」はリアルな紙幣や硬貨として、実態があり、触ることができて、財布に入れて持ち運ぶことができます。
 
 
一方で仮想通貨である「ビットコイン」はバーチャルなお金ですので、手で触ることはできません。しかし、ウォレットと呼ばれる専用の財布に入れて持ち運ぶことができます
 
 
 
実はこのウォレットもバーチャルな財布なのですが、スマホやパソコンなどの中にウォレットのアプリを入れておけば、いつでもどこでも使うことが可能なのです。
 
 
 
スマホを盗まれてしまったり、紛失した場合に、ウォレットごと盗まれてしまうこともないとは言い切れませんが、今は指紋認証などの生体認証付きのスマホが主流です。
 
 
 
また、紛失したときにスマホのデータごと消去するという方法もありますので、実際にお金を入れた財布を持ち運ぶよりも安全かもしれません。
 
 
 
ちなみにビットコイン自体はスマホ上にダウンロードされているというわけではなくて、クラウド上に保管してありますので、スマホのデータを全て消去したとしてもウォレットの中のビットコインを失うということはありません。
 
 
 
別のスマホやパソコンなどからまたウォレットにログインし直せばしっかりとビットコインは残っているので大丈夫です。 

スポンサーリンク

 

ビットコインは持ち運びが自由な「電子データ」

現金は当然、銀行に預けることができますよね。あなたが銀行に預けた現金は、一万円札や千円札のまま銀行に保管されているということではなくて、他人に貸し出されたり、運用に回されたりして、リアルタイムで姿を変えています。
 
 
 
そう考えると預金通帳に記載された金額は、帳簿上の数字で電子データということになります。銀行預金は自由に引き出すことができます。ATMで引き出して初めて預金通帳に記載された金額は、現金に変わります。
 
 
 
その意味で銀行預金は現金というよりも、「デジタル通貨」に近いものがあります。「Suica」や「nanaco」などの電子マネーの普及により、昨今では、現金を持たないという人も増えています。
 
 
 
小銭がじゃらじゃらあると邪魔ですし、札束を持って歩いたら危ないと考える人がいるからです。
 
 
 
「デジタル通貨」であるビットコインは、電子データに過ぎないので、いくら金額が大きくなっても、逆にいくら金額が少額になってもかさばる心配はありません。
 
 
 
1円単位の支払いから数百、数千万単位の支払いまですべてこのビットコインのウォレットを通じて行うことが可能なのです。
 
 
 
ただし、ビットコインをそのまま一般の銀行に預けるということはできません。先述しましたが、あなたの持っているビットコインはスマホやパソコンなどにダウンロードされるわけではなく、取引所が用意したクラウド上に預けっぱなしになっているのです。
 
 
 
株を買っても、現物の株券をもらうわけではなく証券会社に預けたまま、売買の指示を出して実際の取引をしてもらうように、ビットコインの取引でもあなたはアプリで指示を出すだけです。実際の送金などはビットコインの取引所が行います。
 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

 

スポンサーリンク

 

ビットコインは特定の国に属さない「国際通貨」

日本国内ではすべての支払いが円で行われ、アメリカ国内ではすべての支払いがドルで行われるように各国の通貨はその国の通貨そのものとは切っても切れない深い関係にあるといえます。
 
 
 
日本銀行やアメリカのFRB(連邦準備制度理事会)、欧州のECB(欧州中央銀行)など、各国の中央銀行は通貨を発行して、発行済みの通貨の量(マネーサプライ)をコントロールすることで、金利や景気に影響を与えています。
 
 
 
ビットコインはどこか特定の国や中央銀行にあたる組織が運営しているというわけではありません。国によるコントロールを受けないので世界中どこでも同じように使うことができます。そういう意味では真の「国際通貨」と言えると思います。

ビットコインの「分散型ネットワーク」と「民主的な運用」とは

特定の国や中央集権が管理していないビットコインは、その代わりにネットワークに参加している人たちが主体となり、自分たちの手で運用しています。
 
 
 
世界中の至る所で絶えず行われている取引を参加メンバーが承認し合うことで、取引の正しさを担保しているのです。それを支えるのは「P2Pネットワーク」による分散型システムです。
 
 
 
中央のサーバーで集中処理するのではなく、ネットワークにつながれたコンピューターが取引の正しさを承認するために世界中で稼働しています。
 
 
 
誰かが一元的に管理するのではなく、メンバーの相互承認などで運用がされているので、極めて民主的な通貨」とも言えますし、中央集権型のクライアント・サーバー方式とは正反対の「分散型通貨」とも言えるのです。

ビットコインは「暗号署名」が入っている!

現金を所有することはできますが、ある特定の一万円札を自分のものだと名乗ることはできません。お札そのものに誰かの名前が書いてあるわけでもなく、今出回っている紙幣や通貨は誰のものでもありません。
 
 
たまたま手にしたその人が一万円という価値を手にしているに過ぎないので、もしその一万円札が誰かに盗まれても、「私の一万円札」と断定することはできません。
 
 
 
また汗水垂らして稼いだ一万円も、投資で儲けた一万円も、ギャンブルで買った一万円もすべて同じ一万円でそこに違いはありません。「現金に色はない」のです。
 
 
 
「暗号通貨」であるビットコインも名無しの権兵衛という点では違いはありませんが、「電子署名」という暗号技術によって、現在の所有者に無断で送金できないようになっています。
 
 
 
Aさんの所有するビットコインは、Aさんの許可なく勝手にBさんのものにすることはできません。
 
 
 
それだけではありません。ビットコインには、過去のすべての所有者の名前が記録されています。このビットコインは最初はAさんの手元にあり、次はBさんの元に行き、現在はCさんのものである、という所有者の遍歴がすべてわかるようになっているのです。
 
 
 
そのため、ビットコインがどういう経緯を経て現在この人の元にあるのか、ということが必要があれば後から遡って確認することができるというわけです。
 
 
 
ビットコインをはじめとする仮想通貨は、このような性質を持っているためマネーロンダリングなどの不正操作には悪用されにくい、ということは意外と知られていない事実かもしれません。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

メイカー、テイカー共に取引手数料が無料で、アルトコインがお得に購入できます。

Bitbank.cc(ビットバンク)と同じシステムを採用しており、強固なセキュリティ。仮想通貨でトレードするなら圧倒的にオススメです。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがあります。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

GMOコイン

・500円でも100万円でも提示された金額で取引可能

・即時入金、出勤が無料

・最短で登録して翌日から取引可能

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

Bitbank(ビットバンク)

・ビットバンクはメイカー、テイカーの取引手数料が共に無料!

・現物取引に対応!

・顧客第一を考えた対応!

・アルトコインがおトクに購入できる!

・キャンペーンが随時行われている!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です