ココに注目!貧乏生活の中で貯金をするための鉄則とは

人生には浮き沈みがあって、富める時があれば貧しき時もあると心得ていれば、少ない収入でも惨めな気持ちにならずお金を貯めることができます。お金がないならないなりに生活を工夫して、悠然と貧乏生活を楽しみながら少しずつ貯金を始めましょう。

 

もし、預貯金がゼロ円ならとりあえず10万円を目指しましょう。

貧乏生活に欠かせない貯金の法則とは? 

貯金をするにはまず「稼ぐ」次に「貯める」そして「殖やす」です。「稼ぐ」というのは、今の世の中の景気では現状を維持するのが、精一杯ではないでしょうか?次に「貯める」には、稼いだお金から強制的に決めたお金を貯金してしまうことです。強制積立というものですね。

 

最後に「殖やす」というのは、今の銀行などは金利が限りなくゼロに近い状態なので投資などを考えたいところですが、全く貯金がない場合は、大きく殖やすことは考えないようにしましょう。

 

稼ぐことも殖やすことも望めなくても、とにかく毎月一定額の貯蓄を続けることです。毎月の収入が少なくても月に1万円ずつ貯金すると、とりあえず1年間で12万円になります。するとコツコツと貯めることができる体質になって、なにがムダかがわかってきます。

 

究極のお金を貯める方法は、貯金専用の口座を持ち、その口座に強制積立てをしてその口座にあるお金は一切引き出さないことです。また、結局貯金するのに一番良いのはやはり節約や貧乏暮らしを楽しむ心だと思います。

▶︎貯金上手さんから学ぼう!「500万円貯める仕組み」を作る6つの習慣とは

スポンサーリンク

 

貧乏生活の中での口座の使い分けの極意!

貧乏生活の中で貯金をするために欠かせない、口座の使い分けに具体的にご説明させていただきますね。

  1. 貯金専用の口座は毎月一定額を積み立てます。
  2. 家賃などの固定費は、給料が入金されるメインの口座から引き落とすようにします。
  3. 水道、光熱費など月によって金額が変わる支払いの変動費は、メイン口座と分けてサブ口座を作ります。

 

一見、面倒なようでも口座を使い分けることによって細かい家計簿をつけなくても、お金の管理が楽にできます。

 

例えば、月々の収入が20万円の場合なら毎月1万円は貯金専用口座に、10万円はメインの固定費用口座に、3万円はサブの変動用口座に入金します。手元に残ったお金がその月の生活費となります。かなり厳しい金額しか手元には残りませんが、そのお金をさらに1ヵ月の日数で割ると1日あたりの使える金額が出ます。この場合だと約2千円以内で生活をしなければなりません。

 

もし生活費が足りないようなら、家賃の安いところを探したり、水道、光熱費などを見直すことが必要ですね。

▶︎貯金を効率的にするなら「地方銀行」や「信用金庫」にも注目すべき!?

主な貯金の種類について解説!

次に基礎中の基礎である典型的な預貯金の種類について解説させていただきますね。

⒈普通預金

一般的な普通預金はATMなどでいつでも出し入れでき、金利は最も低いと言えます。

⒉定期預金

定期預金は1年、3年など決められた期間預けると有利な金利がつきます。期間は2年以上になると複利運用となります。

⒊積み立て定期預金

毎月一定額を自動的に定期預金口座に振り替える預金方法です。毎月少ない金額でも積み立て定期預金を続けていると、大きな額になります。例えば毎月5千円ずつ積み立てると、5年後には60万円になります。当たり前のことですが、毎月1万円ずつだと120万円です。無理せず始められる金額からスタートして継続することで、大きな額になります。

⒋財形貯蓄

会社が給料から天引きして毎月自動的に一定額を積み立ててくれる仕組みになっています。財形貯蓄の種類は「一般財形」「財形年金」「財形住宅」の3タイプです。銀行の預金だと利息の20%が課税されますが、財形年金財形住宅はそれぞれ元利合計が550万円までの利息が非課税になります。

スポンサーリンク

 

まとめ

たとえ収入が少なくても自分で貯金額を決めて毎月貯金し、残りのお金をわり振りして決められた額で暮らさなければ、一生貯金とは無縁となってしまいます。収入がたったこれだけしかないと嘆くより、これだけあるから有効的に使おうと思うことでプラス思考になれます。

 

「人と比べて貧乏かな」と思っても、貧乏生活が一生続くわけではありません。明日のお金持ちを目指してがんばりましょう。しかし、お金があっても健康をそこなっては意味がないので、食費だけは極端に減らさないようにしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です