銀行に預けるよりも確実!?投資ってそもそもなに?

今回はそもそも「投資ってなに?」というのを少しみていきましょう。”預貯金のみ””投資でチャレンジするのか”ではまったく違いますのでぜひチェックしてください。

スポンサーリンク

 

銀行に預けるよりも確実!?投資ってそもそもなに?

できることならだれでもお金の苦労はしたくありませんよね。ただし、そのためにはただ漠然と暮らしていてはもちろんダメです。給料日前になると口座のお金はほぼなくなってしまう‥という人は少し考え直した方が良いかもしれません。

 

では、毎月生活できるだけのお金が確保できていれば良いのでしょうか?それは違います。お金が必要なのは今だけではありません。人生は長いですから、必ず大きなお金が必要になるときが出てくるからでしょう。

 

そこで大切なのが「貯蓄」「投資」です。「貯蓄」は少しずつ着実に貯めていくことです。その代表が銀行などにお金を預ける預貯金です。自分で貯めたお金以外に利息がつきますが、残念ながら現在はメガバンクでも利息はほとんどつきません。

美人ファイナンシャルプランナー
そのためネット銀行など、高金利のところを検討した方が良いわね。

一方の「投資」はちょっと冒険をしながら積極的に増やすことです。例えば、株式投資や外貨を円高時に買って円安時に売るといったものなどです。

 

「貯蓄」と「投資」の最大の違いは「リスク」があるかないかということです。このリスクが大きくなければ大きなリターンも望めないのです。

貯蓄と投資は両方すべきなの?バランスを考えよう!

リスク分散しつつ、お金を増やしていくには日常生活で使っていくお金の他に「貯蓄」と「投資」の2つがどちらも必要です。そこで気にしたいのが「貯蓄」と「投資」のバランスです。

 

どんなやり方でお金を増やせば良いかは、当然その人の性格やライフプラン、年齢や収入など様々な条件により変わってきます。ただし、現状で貯蓄がほぼなしという人なら、まずは貯蓄が最優先です。これまで少しずつお金を貯めてきた人なら、投資の割合を増やしてみても良いかもしれません。

▶︎「銀行系列のカードローン」と「クレジットカードのリボ払い」はどっちの方がおトクなの?

スポンサーリンク

 

貯蓄と投資のそれぞれの特徴

貯蓄と投資の大きな違いは「リスク」があるかないかです。それぞれの特徴をよく理解した上で付き合っていきましょう。

貯蓄とは‥

預けておけば利息がもらえますし、使わなければ決して残高が減ることはありません。

100万円➡︎100万円+利息

投資とは‥

元のお金が半分以下になってしまうこともありますが、貯蓄の利息では得られない増え方をする場合もあります。

100万円

成功したら400万円or失敗したら50万円

貯蓄と投資との割合

お金を増やすなら貯蓄と投資はバランスとく行うのがポイントです。では、資金別にそのベストバランスを見てみましょう。

例えば20万円貯まったら‥

    • 貯蓄:60%
    • 何かあったときに使えるお金:30%
    • 投資:10%

貯蓄に慣れてきたら比較的安全な投資から始めてみましょう。

➡︎2万円程度から始められる投資に挑戦!

例えば100万円貯まったら‥

  • 貯蓄:45%
  • なにかあったときに使えるお金:25%
  • 投資:30%

あなたは全体の資産の3割は投資にまわしてみても良いかもしれません。

➡︎30万円を元手に本格投資で運用!

貯蓄と投資のシミュレーション

貯蓄をすれば着実にお金は増えます。では、その資金を投資で運用するのと、どのくらいの利回りでどれだけ増えるのかシミュレーションしてみましょう。

貯蓄で増やすと‥

毎月3万円積み立てた場合

年月貯める金額
1ヶ月30,000円
2ヶ月60,000円
3ヶ月90,000円
4ヶ月120,000円
5ヶ月150,000円
6ヶ月180,000円
7ヶ月210,000円
8ヶ月240,000円
9ヶ月270,000円
10ヶ月300,000円
11ヶ月330,000円
12ヶ月(1年)360,000円
2年720,000円
3年1,080,000円

※貯蓄の利息を考えない場合

投資で増やすと‥

《利回り1%で運用した場合》

増える金額
1年363,600円
2年730,836円
3年1,101,744円

《利回り3%で運用した場合》

増える金額
1年370,800円
2年752,724円
3年1,146,106円

《利回り5%で運用した場合》

増える金額
1年378,000円
2年774,900円
3年1,191,646円

※利息にかかる税金は考慮しない場合

まとめ

いかがでしたたか?利回りがあるかないかでだいぶ違いますよね。同じ金額、同じ期間なのに預貯金と投資では大きく差が開きます。もちろん投資にはその分「リスク」もありますが、余剰資金があるという方は是非ご検討してみても良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です