動物の値段はどのように決められるの!?パンダは年間1億円!?

 動物に付けられている値段の決め方は、わかりやすいようで実はあまり知られていないのではないでしょうか?その動物の中でもライオン、ゾウ、パンダ、ゴリラなどの動物園にしかいないような動物はペットショップなどでは販売されていないために、相場がどのくらいなんて一般人には想像もつかないですよね。

 

では、このような動物達はいくらで取引されてその値段はどのようにして決まっているのでしょうか?

 

動物の値段は希少価値によって値段が変わる!?

 基本的にこのような動物の値段というものは、その動物の希少価値によって判断されます。なので、個体数が少ない動物ほど高価で取引される傾向があるのです。ここで主な動物園にいるような動物達の値段を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

具体的な動物の値段はいくら?

動物の値段はどのように決められるの!?パンダは年間1億円!?

 

・ゴリラ(推定8000万円)

ゴリラは絶滅危惧種で、ワシントン条約により商業的な販売は禁止されていますが、仮に購入できるとすればこれくらいの金額になると推定されいます。   

・トラ(推定500万円~1000万円)

野生のトラの数は現在5000頭ほどで、これもワシントン条約により保護されており、商業的な売買は禁止されています。なので値段は推定金額。 

・キリン(350万円~1300万円)

キリンにも血統があり、血統の良いキリンほど値段はあがります。血統の良いキリンの場合は1000万円以上での高値で売買される可能性もあります。 

・ライオン(50万円~100万円)

比較的に数が多いという理由もあるため価格設定は低めです。価格が低い最も大きな要因は、繁殖がしやすいということがあります。過去には日本でも個人単位で購入し飼育することができたみたいです。

・アフリカゾウ(推定3000万円)

このアフリカゾウもワシントン条約で保護されており、値段は推定です。近年では、その数は激減していて、このペースだとおよそ100年後には絶滅する恐れもあるみたいです。 

・ジャイアントパンダ(1億円/年間)

ジャイアントパンダは、中国からのレンタルのみになります。契約は10年で、自然に寿命で死ぬ以外で期間中に死亡すると4000万円、子供が生まれると6000万円の追加料金が必要になります。

  

例えば、あの百獣の王のライオンは、比較的にその数が多いことから、1頭あたり50万円~100万円で取引がされています。過去には、動物園が倒産して差し押さえられたライオンに対して、8万円という価格が付けられたこともあるなど意外とリーズナブルなのです。

 

一方で、これがトラになると1頭につき500万円~1000万円とライオンの10倍の価格で取引がされます。これは、数が少ないから希少価値が高いという理由で、野生のトラはたった5000頭ほどしかいないと言われています。

 

このトラの中でもホワイトタイガーはさらに希少価値が高く、その価格は億を超えるとされています。ただし、このホワイトタイガーのような希少価値が極めて高い動物は、ワシントン条約により商業的な売買が禁止されているため、実際にはこれという明確な価格自体は存在しません。

 

先述したトラに関してもこれに当てはまり、ワシントン条約の保護対象になっているため、あくまでも推定価格になります。

 

スポンサーリンク

 

高額レンタル料が発生するジャイアントパンダ!

動物の中でも少し特殊な扱いなのがこのジャイアントパンダで、購入や譲渡はできずに全て中国からのレンタルという形になっています。その費用は、上野動物園に貸し出しされた比力(ビーリー)仙女(シャンニュー)の場合で年間1億円程度だったと言われています。

 

契約期間は10年間で、もしその期間の間にこのジャイアントパンダが死亡した場合は、4000万円(寿命などの自然死を除く)、こどもが産まれた場合は6000万円の追加料金がかかります。

 

一時期、この高額なレンタル料というのがかなり問題視されて、「そこまでの大金を払ってパンダを日本で借りる必要があるのか」という議論もありました。また中国は外貨を稼ぐ手段の一つとしてパンダを利用しているとして、このような手法を「パンダビジネス」と呼ぶ声もあります。

 

まとめ 

他にも中国が特定の国との親交を深めるためにパンダを贈呈している点も踏まえて「パンダ外交」と呼ばれ、パンダを政治的プロパガンダに利用することに対する批判も行われています。

 

その愛らしい外見から子供から大人にまで大人気のパンダですが、彼らを動物園で観るためには、実はかなりの費用が必要だったのです。 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です