Amazonが安い理由とは?実は決定的な2つのワケがあった!?

今回はなぜAmazonがこんなにも商品を安くできるのかというところをみていきましょう。もはやAmazonを知らない方はいないと思いますが、一応軽くAmazon.com, Inc.という企業についてもご説明しておきますね。

Amazon.com, Inc.とはどういう会社?

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社です。

 

インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つです。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有しており、米国の一部地域においてはネットスーパー(アマゾンフレッシュ)事業も展開しています。

出典 Wikipedia

Amazonは、インターネットの商取引の最大手の企業として今や知らない方はいないのではないでしょうか?では、ここからそのAmazonがここまで安い商品を販売できる理由に迫りたいと思います。

▶︎《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

スポンサーリンク

 

Amazonが安い理由とは?その2つのワケ

Amazonが安い理由とは?実は決定的な2つのワケがあった!?

⒈ネット通販で人件費を安くすることが可能!

自宅にいながら簡単に商品を購入することができるインターネット通信販売。その利便性から、最近は店頭で商品を購入するよりもインターネット上で欲しい商品を購入することの方が多いなんていう方も少なくはないと思います。

 

そんなネット通販の決定的な魅力の一つとして圧倒的な「商品の安さ」が挙げられますよね。その中でもネット通販最大手のAmazonは、書籍から家電、食料品といった豊富で幅広い商品ラインナップのみならず、一般の店頭と比較してもかなり価格が安いことで有名です。

 

しかも、商品や購入金額によっては「送料無料」で購入することも可能です。では一体なぜ、Amazonはこんなにも安く商品を販売することができるのでしょうか?

 

その理由の1つとして流通コストにあります。通常の小売店などの場合ですと、商品はメーカー➡︎卸売業者➡︎小売店➡︎消費者という流通経路で販売されます。しかし、これに対してAmazonの場合はメーカー➡︎Amazon➡︎消費者という流通経路で商品が販売されます。

 

つまり、卸売業者を仲介することなく、直接メーカーと取引を行うことによって、卸売業者分の利益や送料をカットできるというワケなのです。また、通常の小売店には必ず店員さんがいます。これに加えて多くのお客さんに足を運んでもらうには、繁華街などの人が集まりやすい街中に店舗を構える必要があります。

 

当然そのような場所は土地やテナント料も高くなります。店舗の場合ですと商品が売れた利益からこうした維持費を賄わなければいけません。一方、Amazonの場合はインターネット上にお店を構えているので店員を雇う必要もなければ、繁華街に店舗を構える必要もないのです。

 

なので、維持費は最低限で済んでしまうのです。もちろん注文を受け付けるテレオペや発送するための人を雇う人件費は多少なりとも必要ですが、通常の店舗と比較すると比べ物にならないくらい人件費を抑えることができるのです。

▶︎アマゾン本当に価値のある商品 The BEST

⒉Amazonは利用者が圧倒的に多いという利点がある!

Amazonが安い理由とは?実は決定的な2つのワケがあった!?

ここまでは、他の通販会社も同じなのでAmazonだけ特別というワケではありません。しかし、Amazonが特に強いのはネット通販の中でもユーザー(利用者)が圧倒的に他社に比べて多いということです。

 

これは、取扱商品の安さとその種類の豊富さ、そして世界的企業だというネームバリューの効果もあるのですが、いずれにしろ、利用者が多いことで、1点1点の利益を少なくしても、トータルでの利益を十分に得ることができるのです。

 

インターネット通信販売の最大手企業ならではの薄利多売戦略ですね。また今はもう違いますが、今までほとんどすべての商品を送料無料にできていたのは、ユーザー(利用者)の多さと関係しています。一説によると、Amazonでは1日当たり平均で10万個の商品の出荷があると言われています。

 

これだけの数があれば、運送会社に対しても強気の値段交渉を行えますよね。つまり、Amazonはかなり安い値段で運送会社と契約していると推測でき、結果、当時は、消費者の代わりにAmazonが送料を負担したとしても十分に利益を出せていたと考えられます。

 

徹底したコスト削減圧倒的な利用者数がAmazonの安さの決定的な理由と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

✔︎店舗販売‥

  • 店舗に従業員を雇う必要があるため、人件費がかかる。
  • 店舗のテナント料や内装、照明等の維持費が高額。
  • 実際に店舗に来た人しか顧客対象にならない。
  • 品揃えに限界がある。

✔︎Amazon‥

  • 店舗に従業員を雇う必要がないため、人件費が抑えられる。
  • 郊外など土地や建物の値段が安いところで、商品を管理しているため維持費が低コスト。
  • ネット上なので、膨大な品揃えがある。
  • ネットユーザーであれば、全ての人が顧客対象になる。

 

いつでもどこでも注文できるAmazonのほうが、店舗に比べて利用者数が圧倒的に多い上に維持コストが安く、1日の販売量も膨大なため1点1点の商品の利益を少なくしたとしてもトータルでの利益を十分に確保することが可能なのです。

  

このことから、Amazonは低価格を実現しその利便性とお得感からさらに顧客を獲得し、売り上げが右肩上がりで伸びていくという好循環をもたらすのです。

▶︎ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者

運営会社

株式会社  Days-Works
株式会社  Days-Works
このサイトでは、日々の生活や将来に不安がある方々のために、様々な知って得するお金の知識をご提供しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です