Amazon送料無料終了!今後のAmazon活用法とその代わりに使える業者とは?

例え100円の買い物をしても送料無料だったAmazonの送料無料サービスが終了し、2000円以上買い物で送料無料・2000円未満の買い物には350円の送料がかかることになりました。今までAmazonの価格の安さと送料無料を便利に使ってきた方にはとてもがっかりなお知らせでしょう。

 

そこでAmazonに代わる業者があるのか、Amazonの上手な利用法があるのかを探っていきます。(文中の表記は全て税込表記です)

 

Amazonに代わる業者「ヨドバシ・ドット・コム」とは?

結論から言ってしまうと、送料無料が終わったAmazonの代わりは「ヨドバシ・ドット・コム」になるでしょう。買い物額に関わらず、全国送料無料・最短即日配達も無料という充実ぶりです。

 

Amazonよりも数百円分そもそもの価格が高いことが多いのですが、送料無料と「ヨドバシポイント」の10%還元補うことになります。一例として「DHC ディーエイチシーマルチビタミン 60日 [サプリメント]」を注文した場合にどうなるかを見ていきましょう。

 

Amazonでは480円+送料350円=830円ですがヨドバシ・ドット・コムでは528円-53ポイント=475円と、この場合では送料無料だった場合のAmazonとほぼおなじ価格で手に入れられることになります。

 

そして送料がかかってしまうAmazonでこのような少額の買い物をするのはもう問題外という総額になります。そして「ゴールドポイントカード・プラス」という年会費無料のクレジットカードを使うことでポイント還元が11%になるのでさらにお得になります。

 

スポンサーリンク

 

それでもAmazon派の方必見の活用術とは!?

Amazon送料無料終了!今後のAmazon活用法とその代わりに使える業者とは?

Amazonが発行するクレジットカードの「Amazon MasterCardゴールドカード」を利用すると、自動的に「Amazonプライム」という「お急ぎ便・日時指定が何度でも無料」というサービスを受けることができます。

 

問題はこのカードの年会費が10800円だということです。「それでは問題外」と思いたくなりますが、利用の仕方で4320円まで下げることができます。「マイ・ペイすリボ」というリボ払い登録をして年1回以上利用することで年会費が半額の5400円になります。

 

さらに「カード利用代金WEB明細書サービス」の利用で次年度年会費が1080円割引となるので、4320円まで年会費が下がるのです。Amazonの方がヨドバシ・ドット・コムより一般的に商品自体の価格が安いことを考えると、年間で数十回Amazonを利用する方にはこのカードの利用でお得になる可能性があります。

 

ちなみにこの「Amazonプライム」はこのクレジットカードとは関係なく単独で加入することもできますが、その場合の年会費は3900円なので「Amazon MasterCardゴールドカード」を4320円で利用する場合とほとんど変わりなく、やはりかなり年間にかなりの回数Amazonを利用しないと元が取れないことになります。

 

Amazonと楽天・ヤフーショッピングと比べると?

商品数ではAmazonが約5千万点以上に対して、楽天が約1億3千万点・ヤフーショッピングが約7千万点と上を行っているのですが、送料については両者とも「ショップにより異なる」とされており不確定です。

 

ただし2000円未満の少額の商品が送料無料になることはほぼないので、やはりヨドバシ・ドット・コムがお得になります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

紹介してきたように少額の買い物に対しては「送料」に注目して総額を決めることになります。

 

Amazonでは2000円以上の買い物であれば送料無料なので、平均的な価格の商品では「2000円以上の買い物ならばAmazon」⇒「2000円未満ならばヨドバシ・ドット・コム(またはAmazonプライム会員であればAmazon)」という決め方を中心として、補助的に楽天やヤフーショッピングも探してみるというのがお得に買い物をするコツと言えるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です