Amazonでとにかくおトクに買い物をするための裏ワザ13選とは【保存版】

今回は大手通販サイトAmazon.comでおトクに買い物するための裏ワザ13選をご紹介しますね。普段から「Amazon」はもちろん、ネット通販などを利用される方にとってはこれは絶対にチェックです。

スポンサーリンク

 

定番の超大型ネットショップAmazon.comとは

検索テクや公式サービスを使いこなして安い商品をみつけよう!

商品名で検索したあと、価格でソートすれば安い商品を見つけることは可能です。しかし、それよりも効率的に安いものだけを探し出し、おトクに買い物をするテクニックをご紹介します。

▶︎Amazon.com

Amazonで安い商品を検索するテクニックとは

1.URLで割引商品を絞り込む裏ワザ

商品を検索したあと、割引商品だけを絞り込むというテクニックがあります。その方法は実はとても簡単で、まずはトップページで商品を普通に検索します。そのあとURLの欄の末尾に「&pct-off=◯-」と入力するとそこに入力した数字分割引されている商品だけがピックアップされます。「◯」の部分には検索したい割引率を入力しましょう。

検索結果が表示されたらブラウザのURL欄をクリックします。末尾に「&pct-off=◯-」(◯には数字が入る)と入力します。ここでは90%以上割引されている商品を検索する為に「&pct-off=90-」と入力しました。こうすると、カテゴリ内の90%以上割引されている商品のみが表示されるのです。

2.便利なサイトを活用する!

URL欄に入力するのが面倒だという方には、以下の2つのサイトがオススメです。Amazonの割引商品を探してくれます。

Offzon

「Offzon」は指定した割引率の商品を検索してくれるサイトです。「全商品から」「50%オフ以上で」部分をクリックしてカテゴリと割引率を指定し、下の検索枠に商品名を入力します。その後、「Amazonから検索」をクリックすると指定の割引商品が出てきます。

▶︎Offzon

amazon-off

スマホから利用したい方には「amzon-off」がオススメです。ブラウザでアクセスし、検索枠に商品名を入力しましょう。自動的に90%以上値引きされている商品を検索してくれます。もちろんカテゴリ検索も可能です。

▶︎amzon-off

スポンサーリンク

 

Amazonの安いストアとタイミングを狙おう!

3.ワケあり品が安い「Amazonアウトレット」とは

この「Amazonアウトレット」の中で、お菓子やドリンクは賞味期限が近くなったものです。その他の商品は返品された新古品や状態の良い中古品などです。とにかく安く購入したい人にオススメです。

▶︎Amazonアウトレット

4.タイムセールを待てばかなり安くなる!「Amazonタイムセール」とは

「Amazonタイムセール」の数量限定のタイムセールなら新品がかなり安く購入できます。タイムセールのページからは今後開催予定のセール告知も確認できるので、狙っている商品が出品されないかこまめにチェックしておきましょう。

▶︎Amazonタイムセール

5.大量に買うなら絶対におトク!「Amazon業務用ストア」とは

あまり見かけないような専門品や大量の消耗品は「Amazon業務用ストア」で探してみましょう。キッチングッズなども安く購入できます。

▶︎Amazon業務用ストア

6.Amazonのブランド「Amazonベーシック」とは

Amazonが全世界で展開するブランドです。商品数はあまり多くないですが、他社製品と比べても見劣りしない、安価な商品がそろっています。ケーブルや電池、オフィス用品などが充実しています。

▶︎Amazonベーシック

無駄な出費をしないための工夫も怠らずに!

7.頻繁に購入するものは「定期便」で!

定期的に購入するものは「定期おトク便」を利用すると良いです。通常価格よりも10%程度安く購入できます。購入する頻度は1ヶ月単位で選択可能です。もちろん途中でやめることもできます。

8.時間指定するならコンビニ受け取り!

プライム会員ではない場合、時間を指定すると追加料金が発生してしまいます。そこで、「コンビニ受け取り」を利用しましょう。店に届いてしまえば何時に取りに行っても問題ない上に料金もかかりません。

9.送料を無料にする魔法の1円本とは?

Amazonでは「書籍は常に送料無料」というルールがあります。購入したいものの合計金額が2000円未満だったときは、1円の本を検索してセットで購入し、送料を無料にしましょう。

10.アプリなどで情報をキャッチ!

タイムセールなどの情報は公式アプリや公式Twitterで確実にキャッチしましょう。

https://twitter.com/amazonjpsale?lang=ja

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mShop.android.shopping&hl=ja

11.学生なら「Amazon Student」でプライムサービスが安くなる!

大学生や専門学校生なら、「Amazon Student」に登録することにより、「Amazonプライム」と同じようなサービスが受けられます。「Amazonプライム」が年会費3900円なのに対して、こちらは年会費1900円で利用可能です。

▶︎Amazon Student

12.Amazonのギフト券を割安購入!

不要なギフト券をネットで売買する!

Amazonギフト券はAmazonで購入できますが、割引されることがほとんどありません。しかし、「amaten」ならいつでも5%〜10%ほど安く購入できます。「amaten」は、不要なギフト券をユーザー同士で売買するサイトです。「もらったが使い道がない」といった方が、販売価格を額面の価格よりも安めに設定し、ギフト券を売っています。

 

少しでもAmazonでの支出を抑えたい人は一度覗いてみると良いでしょう。なお、iTunesカードやLINEコインなども取り扱っています。

▶︎amaten

13.Amazonのクーポンをゲットしよう!

Amazonではクーポンも配布されています。欲しい商品のクーポンがあったら積極的にもらって活用しましょう。

▶︎Amazonクーポン

スポンサーリンク

 

Amazonを使うときのコツとは

ネット通販の最大手であるAmazonは、もともと商品価格が低価格ということでおなじみのサイトです。しかし、工夫次第でさらに安い商品を探すことができます。まず、最新の商品にこだわらないのであれば、上記で紹介した値引きされた商品をチェックしましょう。

 

売れ残った商品や型落ち品などがかなりお買い得な値段で販売されています。そうした商品を効率よく探すには、URLに一工夫するか、サイトを利用してみましょう。また、Amazon内にある各種ショップも活用したいです。アウトレット品を扱う「Amazonアウトレット」だけではなく、「Amazon業務用ストア」やプライベートブランド「Amazonベーシック」などもオススメです。

 

ショップごとに安い商品は異なる為、購入したいものに合わせてチェックしてみましょう。さらに、「定期おトク便」Amazonアプリのセール情報などを活用すれば、いつものショッピングがさらにおトクになるはずです。Amazonの使用頻度が特に高い人は、公式Twitterアカウントもフォローしておくのが良いでしょう。

 

また、送料を無料にする裏ワザにも注目して欲しいです。通常2000円以下の買い物では送料がかかってしまいますが、「本はいくらでも送料無料」というルールを利用すれば、出費を最小限に抑えられます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です