必見!今話題のAirbnbのビジネスモデルとは!?

必見!今話題のAirbnbのビジネスモデルとは!?

あなたは「Airbnb」という今話題の新しいビジネスモデルをご存知ですか?

 

全く新しいビジネスモデル!?「Airbnb」とは?

「Airbnb」とは、簡単に説明しますと、ホテルではなくて一般家庭の部屋に泊まりたいというゲストの方々と泊めたいというホストを仲介するというビジネスです。

 

少なくとも東京オリンピックまでは、海外から日本にくる観光客は増加するとの予測から、そこを狙ったこの「Airbnb」の様なインバウンド型のビジネスが最近では急増しています。

 

家族が住んでいたけど今は皆いなくなって自分一人で住んでいる方などは、この「Airbnb」に登録して、使っていない部屋等を外国人向けに貸し出すことで、見事にその家に住みながら収益を得ることができるのです。

 

「Airbnb」では、部屋に泊まるゲストと部屋を提供するホストとの関係は対等であり、その予約を受けるのかどうかというのはもちろんホストが自由に決めることができます。

 

宿泊が終わった後には、お互いがお互いを評価して、その結果が「Airbnb」上での今後のホスト側、ゲスト側の判断材料になるという仕組みになっています。

 

【あなたにオススメの記事】

住宅の不動産投資より低リスク!?ユニークな不動産投資4選!

 

スポンサーリンク

 

「Airbnb」の報酬の目安はどのくらい!?

そもそも宿泊料金は、ホスト側がある程度自由に設定できるので、一概には言えないのですが、この「Airbnb」での報酬の目安としては、だいたい1ヶ月で20日間程度ゲストが滞在していたとして、ホスト側に入ってくるお金は30万〜40万円程度です。

 

リフォームを行ったとしても、1年あれば元が取れてしまうような金額ですよね!

 

住んでいるだけであれば、維持費等がかかってしまうので、お金を出費する一方ですが、これから増えてくる訪日外国人をターゲットに部屋を貸して、人を泊めることができればその分の費用は十分カバーできるのではないでしょうか?

 

特に賃貸マンションなどの部屋を所有している不動産の投資家の方々は、家賃として月額で貸すよりも「Airbnb」に登録して訪日外国人に貸した方がより儲かるので、このビジネスモデルが急増しているというのもわかりますよね。

 

しかし、このような場合に問題になってくるのは法律関係のことです。

 

【あなたにオススメの記事】

2016年中国経済の今後の見通しとその影響とは!?

 

「Airbnb」は法律的に大丈夫なの!?

宿泊費をゲストからとって、宿泊させる営業行為自体が旅館業法という法律に触れる恐れがあり、都道府県知事の許可が必要になるのです。

 

しかし、何を基準に「営業行為」とするのかというそもそもの線引きが非常に曖昧で、都道府県知事の許可を取らずにゲストを宿泊されたらすぐ罰則を受けるのかというとそうでもないのが現状です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

この「Airbnb」のような訪日外国人に対してのインバウンド型のビジネスモデルは法律的に曖昧な部分がまだあるので、国も特区を制定したり、それを受けて各市町村等の自治体が条例を決めるなどのこのビジネスモデルにとても前向きなルール作りが着々と進められています。

 

冒頭でもお話ししたように東京オリンピックに向けて、訪日外国人が今後さらに増えていくのに対して、ホテル等の宿泊施設は実際増えてはいなくて、この宿泊施設不足は深刻な状況にあるのです。

 

そこで、「Airbnb」を2020年東京オリンピックまでに、うまく活用することができれば、空き家対策としても兼ねることができ、なおかつこの「Airbnb」に付随するビジネスは結構豊富なので、経済の発展にも貢献できると思いますので、是非とも健全に成長してほしいビジネスモデルです。

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

【あなたにオススメの記事】

円相場の予想は!?中長期的に見る今後の日本経済とは?

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/keigenzeiritsu-itsukara-syouhizei/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です