アベノミクス「三本の矢」の内容とは!?わかりやすく解説します!

アベノミクスの「三本の矢」とは、「大規模な金融緩和、拡張的な財政政策、民間投資を呼び起こす成長戦略」が安倍内閣が経済活性化のために打ち出した戦略です。

 

今回はこの「三本の矢」の政策内容についてわかりやすく解説していきます。

お金を増やすならココがオススメ!

  • 期待利回り:約5.9%〜約12.2%
  • 設立ファンド:38億円
  • 最低投資金額:1万円〜
  • 運用期間:最短約7ヶ月
  • 口座開設費用:0円
  • 口座維持手数料:0円

▶︎ソーシャルレンディングはコチラ

アベノミクス「三本の矢」の内容とは!?

安倍内閣以前はどうだったの?

安倍内閣以前日本はデフレにあるとされてきました。つまり物の値段が継続的に下がる状態です。

 

例えば、10万円持っている人が5万円のパソコンを買おうとしたときに「いや、どうせ値下がりするから今は買わずに3万円になるまで待とう」という思考が社会に蔓延するところからデフレは始まります。

 

「待とうという姿勢」=「消費活動の停滞」だからです。5万円のパソコンを買い控えする⇒電気店が儲からない⇒メーカーが儲からない⇒流通業者も儲からない⇒(メーカーから小売まで全ての)社員の給与が減る⇒余計に買い控える、というように負の連鎖がおきます。

 

これをフレスパイラル”と呼び、これはデフレはまたデフレを呼ぶという悪循環のことです。

 

その逆に物の値段が継続的に上がる状態がインフレです。インフレを起こすには「買い控え」があってはいけません。先ほどのパソコンに対して消費者が「値上がりして5万円では買えなくなるかもしれないから今買おう」という選択をすることによってデフレとは逆に市中にお金が増えることになります。

 

スポンサーリンク

 

アベノミクス「第一の矢」の内容とは?

アベノミクス「三本の矢」の内容とは!?わかりやすく解説します!

上記したことを意図的に行おうというのが、「大規模な金融緩和」という第一の矢です。日銀から市中銀行に資金を渡すことによって社会全体に届かせようという戦略です。

 

しかし、例えばある企業が銀行から融資を受けて新たな事業を起こそうとしても、それが利益になるまでにはタイムラグが生じます。つまり社会が継続的にお金を得られるまでの間のつなぎとなる方法が必要なのです。

 

アベノミクス「第二の矢」の内容とは?

このタイムラグを埋めるものが「拡張的な財政政策」という第二の矢です。簡単に言えば公共事業で企業に資金的体力を付けてもらうという短期的な措置です。あくまで企業が自らの事業で利益を拡大させるまでの「つなぎ」の役割なので、これが長引くのはいいことではありません。公共事業を発注してばかりでは国の財政が保てなくなるからです。

 

アベノミクス「第三の矢」の内容とは?

そこで「民間投資を呼び起こす成長戦略」という第三の矢が最大のポイントになります。一本目・二本目は政府の方針でどうとでも調整できますが、三本目は企業が自ら利益を出し続けて長期的に成長できるかどうかという最も難しい課題を背負っているからです。これを成功させるために様々な規制緩和や雇用制度の改革に着手していますが、功を奏しているとは言いがたい状況にあります。

 

「第三の矢」はすでに折れている!?

第一・第二の矢で市中に廻るお金を増やした⇒そのお金が社会全体に廻る⇒企業が成長する…という完璧なシナリオだったはずのアベノミクスはどうして第三の矢で失敗の烙印を押されかけているのでしょうか?

 

理由は簡単で「誰かがお金を止めているから」です。「市中に廻るお金を増やした⇒そのお金が社会全体に廻る」という過程は見せかけの理想論で、実は社会に廻るお金は途中で止まって誰かの懐に入っているから、社会全体には行き渡らないのです。

 

その「誰か」=「既得権益に群がる団体」です。戦後からの長い間を経ていくうちに政府と既得権益団体の癒着が強固になっていき、途中でお金が流れなくなる原因を作り出しています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

このアベノミクス「三本の矢」には”大きな矛盾”があります。現在の政府は安倍内閣なのですから、既得権益団体への無駄なお金を流さなければ済むことです。それをせずに「社会にお金を廻す」ことを標榜しているところに矛盾が生じているのです。

 

国民にはいい顔をしていたいが既得権益団体との関係も断ち切れない、という中途半端な姿勢によって最も肝心な第三の矢はすでに折れているということができるでしょう。

お金を増やすならココがオススメ!

  • 期待利回り:約5.9%〜約12.2%
  • 設立ファンド:38億円
  • 最低投資金額:1万円〜
  • 運用期間:最短約7ヶ月
  • 口座開設費用:0円
  • 口座維持手数料:0円

▶︎ソーシャルレンディングはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です