あなたはアベノミクスの内容が変更されたのを知ってる?「新3本の矢」とは

今回は”アベノミクスの内容の変更”について少し見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

あなたはアベノミクスの内容が変更されたのを知ってる?その内容とは

安倍政権ではどのように財政政策金融政策を実行しているのでしょうか。2012年に第二次安倍政権が始まって以来、安倍首相はアベノミクスをかかげて景気回復に臨んできました。
 
 
 
あなたも聞いたことあるかもしれませんが、いわゆる「3本の矢」です。当初の「3本の矢」は下記の通りです。

今までの「3本の矢の内容」とは

第1の矢「大胆な金融政策」

アベノミクスにおける金融政策の最大の特徴は、「インフレ率2%という具体的な目標を設定したことにあります。
 
 
 
「大胆な」とは、この目標を実現するためには日銀が大量に国債を購入」して、「徹底的に市中金利を低下」させ、これまでにはないほどの金融緩和を行う、ということを意味していました。
 
金融緩和とは

世の中の金利を下げることで、個人の消費を促して、企業の設備投資を促進しようとする政策のこと。

▶︎日銀黒田総裁がついにバズーカの「空砲」を認める!?

第2の矢「機動的な財政政策」

これはいわゆる「公共事業」ですね。全国のインフラを整備したり、東日本大震災の復興回復を進めながら、将来儲かりそうな「研究開発」や「中小企業の成長」にも財政を投入するという意味でした。
 

第3の矢「民間投資を喚起する成長戦略」

これは民間企業がもっと儲かるようにしますということです。法人税の引き下げ、電力自由化、外国人旅行者を増やす、海外貿易の促進(TPP)などがこの政策に含まれていました。
 
 
 
この(旧)政策における第1の矢「金融政策」は円安・株高が進んで高く評価されましたが、第3の矢である「成長戦略」が「道半ば」とされて、より一層の進展が期待されました。
 
 
 
金融政策や公共投資などは一時的に景気を上げる即効性がありますが、持続的に経済を活性化させるためには何よりも民間による実体経済の成長こそ重要だからです。
 

スポンサーリンク

 

「新3本の矢」とは 

しかしこれを実現するには規制緩和など複雑な課題をクリアする必要があり、時間かかります。そして15年9月、アベノミクスは「第2ステージに移る」として「新3本の矢」に移行しました。
 

  • 第1の矢「希望を生み出す強い経済」
目標GDP 600兆円(2015年度532兆円)
  • 第2の矢「夢をつむぐ子育て支援」
目標出生率1.8%(現在1.4%)
  • 第3の矢「安心につながる社会保障」
介護離職者ゼロを目指す
介護離職者とは‥

家族などを介護するために職を辞めざるを得ない人々のこと。現在も増加中。
新政策では、第1の矢で「景気政策」、第2・第3の矢で「少子高齢化問題」を取り上げています。
 
少子高齢化問題とは‥

子供が少なければ将来的な経済活動の担い手が減り、国にとっては税金を払う国民が減るので財政的にも苦しくなります
そのため政府は人口減少に歯止めをかけようとしています。
 
 
 
また、高齢化社会で社会保障のためのお金がたくさん必要となり、財政を圧迫します。つまり、子供が減ることも老人が増えるということも、その国の経済力の低下や国の財政悪化を招く原因となります。
 
 
 
日本の人口は今減少する傾向にあり、日本の経済力は将来的に落ちると予想されています。
 
 
 
「デフレ脱却は目前」と捉えている安倍首相は、日本経済を長期的に成長させるには、経済の源であるマンパワー、人口問題に取り組むことが重要だと考えているのです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です